映画:ワタシ カレシ ツクル

「ワタシ カレシ ツクル」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

コメディ映画

ワタシ カレシ ツクルの紹介:2014年に制作された短編コメディ映画です。タイトルからも分かる通り、彼氏いない歴34年と362日の女性が、初恋の相手を彼氏にすべく奮闘する物語となります。本作は「第2回八王子ShortFilm映画祭」で上映されたことを皮切りに、「第18回小津安二郎記念・蓼科高原映画祭」の準グランプリや「第4回池袋映画祭」のグランプリなど、数々の映画祭で入選を果たしています。さらにはロサンゼルスの映画祭にノミネートされるなど、海外進出も果たしている作品です。

あらすじ動画

ワタシ カレシ ツクルの主な出演者

直子(生見司織)、沙紀(美紀乃)、悠人(岡野優介)、信二(小原雄平)、清美(吉田蒼)

ワタシ カレシ ツクルのネタバレあらすじ

【起】– ワタシ カレシ ツクルのあらすじ1

ワタシ カレシ ツクルのシーン1

画像引用元:YouTube / ワタシ カレシ ツクルトレーラー映像

結婚式場で働く直子は上半期はノルマを達成できなかったと後輩を叱っています。

怒られた後輩の沙紀は携帯電話を耳に当て、「35年間彼氏いない」や「昔美人だった系の顔」「彼強いないのはよっぽど性格が悪い」などど、直子に対する愚痴を言いまくります。その姿を当の直子に見られ、「彼氏いない歴は34年と362日だ」と怒られました。

沙紀は知り合いのお店に行きます。彼女はそのお店の留守電に愚痴を入れていました。他に愚痴を言うところがなかったのです。

沙紀は店主である悠人に直子とのことを話しました。

場面は戻り、沙紀にいろいろと言われた直子は「35歳までに彼氏を作る」と宣言します。沙紀は「候補もいないのに3日ではムリだろう」と言いました。

すると直子は仮の話(実際は本当の話)だと前置きし、昨日同窓会で初恋の相手・信二に再会したとすると口にします。直子は信二と1学期だけ交換日記をしたことがあり、相手が覚えているかどうかまでは分かりません。

その話を聞いた沙紀は恋愛の相談に乗ると前のめりになります。彼女はこういう恋愛話が大好きでした。

沙紀は知り合いの悠人に、まずは五重塔にお願いしに行ったと言います。彼女が働く結婚式場には五重塔があり、願いを叶えてくれるという噂がありました。

もし直子に3日で彼氏ができたら、この噂は本物ということになります。実は直子だけでなく、沙紀も願い事をしていました。知り合いの悠人は何をお願いしたのかと尋ねますが、沙紀は秘密だとはぐらかします。

五重塔にて、直子は「ワタシカレシツクル」という願い事をしました。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「ワタシ カレシ ツクル」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ

×