映画:ヴィンセントが教えてくれたこと

「ヴィンセントが教えてくれたこと」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

コメディ映画

【承】– ヴィンセントが教えてくれたことのあらすじ2

仕事が終わって、マギーはオリヴァーを迎えに行き、ヴィンセントにお金を払います。

ヴィンセントはなぜベビーシッターがいないのかと聞き、自分が引き受けると言います。探す手間がはぶけることから、マギーは彼に頼むことにします。

オリヴァーは、ヴィンセントがぶっきらぼうだけど、悪い人ではないと母に話します。何より隣で近いのが良くて、それはマギーも同意見でした。

妊娠しているダカは、ストリップバーをクビになり、その怒りをヴィンセントにぶつけます。

病欠がでたことで、マギーは帰れなくなり、ヴィンセントに息子の迎えを頼みます。

ヴィンセントはオリヴァーを迎えに行って、母に電話するようにと、公衆電話に案内します。

そこへロバートたちがやってきて、オリヴァーはやられて鼻血を出します。ヴィンセントが現れて、彼はロバートがどこの子か知っており、次やったら只ではおかないと追い払います。

ヴィンセントは、オリヴァーに黙っているようにと約束させ、結婚生活40年になる妻・サンディがいる介護施設に行きます。ヴィンセントは医者の姿になって、サンディに話しかけます。サンディはヴィンセントとは分からず、医者だと思っていました。

その後、ヴィンセントは、オリヴァーに防衛術を教えます。サンドバックを使って、オリヴァーが背が小さいので、下から突き上げる攻撃方法を伝授します。オリヴァーは何度も練習します。

翌日、オリヴァーはロバートからボールをぶつけられて激怒します。伝授された攻撃で、ロバートを倒します。

喜ぶオリヴァーは、ヴィンセントに報告に行きます。そこにダカがいて、オリヴァーは彼女がヴィンセントの夜の女だと知ります。その意味が分かってないオリヴァーでした。

ヴィンセントはオリヴァーを競馬場に連れていきます。オリヴァーが3連単が何か聞いてくるので、ヴィンセントはハイリスクハイリターンの賭けであると説明します。

オリヴァーは3連単で7ドルを賭け、ヴィンセントも3ドル賭けることにします。倍率は800倍でまさかの当たりです。

銀行に行って、ヴィンセントはオリヴァーの口座を開いてあげます。自分の口座はマイナス分を払って解約です。その後は行きつけのバーで豪遊です。

次のページで起承転結の「転」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「ヴィンセントが教えてくれたこと」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×