映画:ヴィンセントが教えてくれたこと

「ヴィンセントが教えてくれたこと」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

コメディ映画

【結】– ヴィンセントが教えてくれたことのあらすじ4

ヴィンセントは自宅の前に座り、サンディの遺灰の入ってる箱を置いていました。

オリヴァーは新しく父親から派遣されたシッターと帰ってきます。少しだけと言われ、オリヴァーはヴィンセントと話しをします。

ヴィンセントは自分みたいな人生を送るなと、オリヴァーに忠告します。オリヴァーはヴィンセントが悲しい人だと思います。

その夜、ヴィンセントは写真など思い出の品をゴミ袋に詰めて捨てます。オリヴァーはそれに気づいて、こっそりと拾い集めます。

オリヴァーの学校では、聖人についての発表会が開催されます。ダカは破水したと嘘をついて、ヴィンセントを車に乗せ、学校に連れて行きます。学校ではマギーや彼女の元夫もいました。

オリヴァーが発表する番になり、彼は聖人に似ている人が、ヴィンセントであると発表し、ゴミ袋から集めた資料で説明をします。

確かにヴィンセントは、聖人からはかけ離れています。人が嫌いで嫌われ者で、気難しくお酒にタバコにギャンブルもします。しかしそれは表面であり、深く知れば別の面が見えてきます。

彼は貧しさの中、ワルの生きる術を学びました。その後、陸軍に所属し、ベトナム戦争へ行きました。2000人の敵兵に囲まれながら、2人の将校を救ったことで表彰されました。

オリヴァーは、ヴィンセントが越してきたばかりの自分の面倒を見てくれたことも話します。

そして最近、ヴィンセントが妻を亡くしたことも話します。8年の間、彼は妻の洗濯を続けたのです。ヴィンセントは聖人だから諦めないのです。

また、喧嘩や自己主張の仕方も、オリヴァーは彼から習いました。

そして競馬も習い、オリヴァーはリスクをとることも学ぶことができました。人生のオッズは有利とは限らないのです。

確かにヴィンセントは欠点だらけです。しかし実際の聖人も同じなのです。聖人は人間にほかならないからです。

勇気、犠牲、慈悲、人間性こそ聖人の証です。オリヴァーは聖人であるヴィンセントを会場の人たちに紹介します。

皆に拍手されながら、ヴィンセントはステージにあがります。そしてオリヴァーにメダルを首にかけてもらいます。

ヴィンセントの家で、ヴィンセント、ダカ、生まれてきたダカの娘、マギー、オリヴァー、ロバートで食事をします。

「ヴィンセントが教えてくれたこと」が無料でフル視聴できる配信サービスは?

ヴィンセントが教えてくれたことはVOD(ビデオオンデマンド)サービスで視聴できます。詳しくは以下リンクからご覧ください。

ヴィンセントが教えてくれたことのネット動画を探す

次のページで映画の感想を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「ヴィンセントが教えてくれたこと」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×