映画:世界の果てまでヒャッハー!

「世界の果てまでヒャッハー!」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

世界の果てまでヒャッハー!の紹介:2016年公開のフランス映画。ブラジルを舞台に、バカな男たちがとんでもない冒険を繰り広げるコメディ。恋人ソニアの父が営むリゾートホテルを訪れたフランクは、ソニアの祖母の世話をすることに。彼女を伴いジャングル探検に出たフランクと友人らは、予想外のハプニングに見舞われ…。

あらすじ動画

世界の果てまでヒャッハー!の主な出演者

フランク(フィリップ・ラショー)、ジャン=ピエール(クリスチャン・クラヴィエ)、ソニア(アリス・ダヴィッド)、アレックス(ジュリアン・アルッティ)、サム(タレック・ブダリ)、エルネスト(ヴァンサン・ドゥサニア)、エステル(シャルロット・ガプリ)

世界の果てまでヒャッハー!のネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①フランクたち若者はソニアの父が経営するブラジルのリゾート地へ行く。そこでフランクたち男性陣とソニアの祖母が行方不明に。残されたカメラを見て手掛かりを得ようとしたソニアと父は、とんでもない映像を見る。 ②フランクたちは数多くの災難に遭遇した後、すぐ近所まで戻っていた。誤解を解いたフランクとソニアは結婚式を挙げる。

【起】– 世界の果てまでヒャッハー!のあらすじ1

フランス人漫画家のフランクは、恋人のソニアや仲間たちとともに、ブラジル旅行を計画します。そのときにプロポーズしたいと考えていました。

・フランク…若い金髪の男性。漫画家でそこそこ売れている? 旅行中にソニアにプロポーズする予定。仲間の間では中心的存在。

・ソニア…若い黒髪の女性。フランクの恋人。父がブラジルでリゾートホテルを経営している。

・サム…若い黒髪の男性。ヒゲが濃くアラブ系の顔立ち。とにかく女好き。女が好きでたまらない(敢えて二度言う)。

・アレックス…スキンヘッドにヒゲと眉毛が目立つ顔立ちの若い男性。撮影は主にアレックスが行なう。

・エステル…若い茶髪の女性。

・エルネスト…フランクたちよりは年長の男性。キャビンアテンダントで、もうすぐチーフパーサーになる予定。バツイチ。

・ジャン=ピエール…ソニアの父。恰幅の良い男性。

・ヨランド・ラマー…ソニアの祖母。86歳。

フランク、ソニア、サム、アレックス、エステルが空港で、エルネストと合流しました。

サムが機内でも撮影したいと言い出し、エルネストが押し切ります。

機内でも主に男性陣が騒いでいました。ブラジルのクモは世界一危険だと、アレックスがフランクに言います。噛まれたら熱が出て寒気がして、半日で死ぬそうです。

男性陣は操縦室を見せてもらいたかったのですが、こればかりはエルネストのコネがあっても駄目でした。その時、フランクが男性陣に指輪を見せ、父親の承諾をもらってからソニアにプロポーズしようと考えていると打ち明けます。

そこへソニアがやってきました。隠せと言われたサムは口の中に入れ、そのまま飲みこんでしまいました。返すのはちょっと待ってくれと、フランクに正直に白状します。

ブラジルに着きました。ソニアの父が経営する『ラマー エコリゾート』に行きます。

ソニアの父・ジャン=ピエールは、微妙なときを迎えていました。環境委員会の代表の男性・マシエが妻子を連れて視察に来ており、認可されるかどうかの分かれ道の真っ最中なのです。

ソニアはみんなを父に紹介しました。フランクは自分の描いた漫画を渡しますが、ジャン=ピエールは本のために多くの木が伐採されているとぶつぶつ言います。

池にはGPSの装置を甲羅につけたカメが、うようよいました。ソニアは86歳の祖母ヨランド・ラマーも紹介します。

『ラマー エコリゾート』のトレードマークは、青いくちばしをしたオオハシという鳥がシンボルマークです。その鳥はもう絶滅したらしく、姿は見かけないそうです。

リゾート地に着いたフランクたちは、早速浜辺で遊び始めました。フランクの服は誰かのいたずらで、全部の服に銛で穴を開けられています。

翌日も浜辺で遊びます。フランクは日焼け止めをブラジャーの形に塗られていました。

ジュリーとエリカというフランスからの若い女性2人と知り合い、サムが猛烈に喜びます。エリカがお目当てです。

女性連・ソニアとエステルはうつぶせになって、背中をマッサージされていました。

そこへフランクがこっそり行き、プロポーズしようと試みます。

ところが女子トーク全開のソニアは、フランクの不満を口にし始めました。頼りないとか言われて、フランクはプロポーズの機会を逸します。

夜、エルネストの婚約者・ジョゼフィーヌがやってきました。エルネストの前妻はサムと浮気して別れています。

しかしこのジョゼフィーヌも、来るなり現地の男性といちゃいちゃしていて、大丈夫かなといった感じです。

さらに翌日。

フランクたちはリゾート地の奥にある自然を探索しようと考えました。

ソニアの父・ジャン=ピエールがやってきて、祖母ヨランド・ラマーを同行しろと言います。祖母がいないほうが視察に有利かもしれないというのです。

ヨランド・ラマーは高齢なので、電動バイクでいつも移動していました。しかしこのバイクは激しく電池を食う代物で、充電に時間がかかります。

フランク、サム、アレックス、エルネストとヨランド・ラマーはジャングルに探検に行きました。その後、彼らは忽然といなくなります。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「世界の果てまでヒャッハー!」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ