「人生、ブラボー!」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

コメディ映画

【転】– 人生、ブラボー!のあらすじ3

人生、ブラボー!のシーン3

画像引用元:YouTube / 人生、ブラボー!トレーラー映像

ある日、“子供達”の一人、アントワーヌという若者がダヴィッドの家を尋ねます。彼はベジタリアンで見た目も変わっており、高校ではイジメにあっていました。大半は“愛の結晶”として生まれるのに対し、自分は“自慰行為の結晶”で生まれたと言います。

アボカットからは「告発されるから、彼の言う通りにしろ」と言われ、彼の希望により、ダヴィッドの家に居候させることになりました。

ある日、ダヴィッドがヴァレリーを実家に招き、家族を紹介しました。父、兄弟家族皆で集まり、昔の写真を見たり、暴露話で盛り上がります。

食事後、父親がある話をしました。それは、父と母は貧しく新婚旅行に行けませんでしたが、時が経ち、母親が病気になり亡くなる前に、念願のイタリアの旅行を準備し、家族全員分の旅費をダヴィッドが負担してくれたことでした。

「山ほどの欠点に我慢できれば、最高の瞬間も味わえるはずだ」と父親は話します。

ある日、ダヴィッドはアントワーヌをサッカーに誘います。酷い運動音痴の彼を励ましながら楽しく過ごしていましたが、「週末はヴァレリー”本当の家族“と過ごす」と言うダヴィッドの失言から、「過去を忘れたくても僕達は消えない。僕達も”本当の家族“だ」とアントワーヌの怒りを買ってしまいます。

ダヴィッドは罪滅ぼしに、週末のヴァレリーとの約束を破り、“スターバックの子供達”の集まりへ参加することにしました。

湖畔の小屋に大勢で集まり、湖に飛び込んだり、バーベキューや凧揚げをしたり、火を囲んで歌を歌い、皆で楽しいひと時を過ごします。

“子供達”の一人が「育ての親や家族には感謝しているが、それとは別に沢山の家族が居ることを幸せに思う」と話します。

後日新聞で“スターバックの子供達”の湖畔で撮った集合写真が大きく掲載されてしまい、“スターバック”は一体誰なのかという話題で持ちきりになりました。

ダヴィッドは「名乗り出たい」と言いますが、アボカットから大反対されます。世間からの風当たりは厳しく『非常識』と非難され、ヴァレリーにも「ただの変態。子供達が可哀想」と言われ、ダヴィッドはますます打ち明けにくい状況となっていました。

そして実家にも取り立て屋が来て「8万ドルを返せ」と父親をバスタブに沈められたと兄達から聞かされ、ダヴィッドは借金返済の為にやむなく逆告訴を決意します。

次のページで結末を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「人生、ブラボー!」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×