「俺たちスーパーマジシャン」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

コメディ映画

俺たちスーパーマジシャンの紹介:2013年製作のアメリカ映画。スティーヴ・カレルとスティーヴ・ブシェミが、少年時の友情で結ばれていたが現在は不和なラスヴェガスのマジシャン・コンビを、ジム・キャリーがライバルとなる不気味な「スーパー・マジシャン」を演じている。

あらすじ動画

俺たちスーパーマジシャンの主な出演者

バート・ワンダーストーン – スティーヴ・カレル アントン・マーベルトン – スティーヴ・ブシェミ スティーブ・グレイ – ジム・キャリー ジェーン – オリヴィア・ワイルド ランス・ホロウェイ – アラン・アーキン ダグ・マニー – ジェームズ・ガンドルフィーニ リック – ジェイ・モーア ミヒャエル・ブリー・ヘルビヒ(英語版) – 本人 バート(少年時) – メイソン・クック アントン(少年時) – ルーク・ヴァネク いじめっ子役 – ザカリー・ゴードン デビッド・カッパーフィールド – 本人 ラスベガスのレポーター – メリッサ・オードウェイ

俺たちスーパーマジシャンのネタバレあらすじ

【起】– 俺たちスーパーマジシャンのあらすじ1

俺たちスーパーマジシャンのシーン1

画像引用元:YouTube / 俺たちスーパーマジシャントレーラー映像

【1982年】

少年のバート・ワンダーストーンは同級生の男子にいじめられていました。いじめっ子に追いかけまわされたあげく、誕生日に木の皮をプレゼントされ食べさせられそうになったバートは、肩を落として帰宅します。

バートの家は母子家庭なのか、母親はバートの誕生日でも残業でした。「ケーキを買っているわ」というメモがありますが、あるのは「ケーキミックス」でした。母が記した作り方の手順どおりに、バートはケーキを焼きます。

母が置いていた誕生日プレゼントは、「ランス・ホロウェイの手品セット」でした。早速セットのなかにあるVHSを再生して試聴すると、ランスが映像のなかで「マジシャンは人気者になる」と言っていました。バートは目を輝かせながらビデオを見ました。

その日からバートはすっかりマジックのとりこになります。

学校の休み時間にこっそり練習をしていると、バートに声をかけてきた少年がいました。小児ぜんそくがひどくて保健室にしょっちゅう入りびたっているせいで、教室でもすっかり影の薄い少年アントン・マーベルトンです。アントンはバートの手品に驚きました。バートはアントンを家に呼びます。

家でランスの手品セットを見せたバートは、自分でもマジックを考えているところだと言います。アントンはバートの手品を喜ぶだけでなく、バートのマジック考案の話を聞いて早速ひとつ提案しました。バートはアントンといっしょに手品の練習を始めます。

その日からバートとアントンは大親友となりました。2人でコンビを組んで手品を考え、練習をします。

それから20年後。大人になったバートとアントンは、プロのマジシャンになっていました。2人で組んでマジックをしています。ナレーションをするのはバートで、アントンは少し後ろにいました。彼らのマジックは人気を博します。

あるとき2人のマジックを見たラスベガスの一流ホテルのオーナーのダグ・マニーが、声をかけます。ダグのホテルでショーをしてほしいというものですが「但しバートだけ。アントンは地味なんだ」と、バートとだけ契約しようとします。アントンは潔く身を引こうとしますが、バートは「我々はチームなんだ」と単身での契約は断りました。ダグは根負けして、2人とも雇うことにしました。数百万ドルの契約をして、2人は喜びます。

「驚異のバート&アントン」のショーは大人気で、ホテルの目玉となりました。

【10年後】

そこからさらに10年後。中年になったバートとアントンのショーは、変わらず盛況でした。しかし人気絶頂の10年前と、ショーのメニューはまったく変わらないままです。「ハングマン」と称してステージ上で首吊りをしますが、いつの間にか2人が入れ替わっているというショーは、マンネリしすぎて裏でバートもアントンも罵り合いをしていました。

助手を務める女性の「ニコール」は2人の罵り合いが嫌になり、ショーの途中で去ってしまいます。するとバートたちはショーの裏方でその場にいた女性・ジェーンをスカウトし、助手のニコール役を頼みました。ジェーンはそのままステージに上がり、バートといっしょにロッカーに入りました。アントンがそのロッカーを外から剣で刺していきます。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「俺たちスーパーマジシャン」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×