「俺たちスーパーマジシャン」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

コメディ映画

【承】– 俺たちスーパーマジシャンのあらすじ2

俺たちスーパーマジシャンのシーン2

画像引用元:YouTube / 俺たちスーパーマジシャントレーラー映像

起き上がったグレイの頬は、殴られた箇所が腫れ上がっており、そしてグレイはその腫れをナイフで切り裂いて、傷口から客の引いたカードを取り出します。過激な内容にバークとアントンは驚きますが、マジックとしての腕は持っていると、2人はパフォーマンスを終えたグレイの元を訪れます。

するとグレイは、先ほどナイフで切った頬の傷口を自分で縫っていました。バークはよかったら自分たちのショーを見に来ないかとグレイを誘いますが、グレイは2人に全く興味がないかのように、その場を去っていきます。

その後、バークとアントンのショーは、いつも満席だったはずが、空席が目立つようになります。明らかに「過激で新しい」パフォーマンスをするグレイに客が流れていると考えられました。しかもバークとアントンはこの10年、同じマジックを繰り返し続けており、「飽きられて来た」という可能性もありました。

この状況を受けて、ホテルの経営者であり10年前にバーク&アントンを雇った当人でもあるダグは、バークたちも何か新しいものに挑戦しろと指示します。バークはいい考えが浮かびませんでしたが、アントンが野外で透明な箱に閉じこもる「ホットボックス」というイベントを発案します。

四方が透明な箱をクレーンで高く吊り下げ、密閉された箱の中が高温になると予想される中で、バークとアントンが長時間耐え抜くという出し物でしたが、バークは甘く見てリハーサルにも参加せず、高温には不具合な派手な衣装を着て現場に登場します。

そして2人が入った箱が吊り下げされ、ホットボックスが開始されましたが、箱の中で数時間耐える予定が、バークは20分ほどで耐えきれずに「出してくれ!」と叫び始めます。暴れ出すバークに、バランスが崩れるから落ち着けとアントンがなだめますが、結局バークが箱の壁を壊してしまい、2人は地面に落下します。

イベントは失敗に終わり、ケガを負ったアントンは病院に運ばれ、そんなアントンに「お前の発案が悪いんだ!」と悪態を突くバークに呆れて、手伝っていたジェーンもバークの元を去って行きます。相棒を失ったバークは1人でホテルのショーに臨みますが、2人のコンビネーションでやっていたマジックが上手くいくはずがありませんでした。

そしてバークは遂に、ダグから首を言い渡されてしまいます。今まで贅沢なホテル暮らしで散財していたバークには貯金もなく、仕事を失いホテルを追い出されてしまいます。仕方なくバークは荷物を持って、ジェーンの家に泊めてもらいに行きます。

ごく普通のアパートの部屋に住むジェーンの部屋を「狭すぎる」と言ったり、夕食を出してもらったのに「これは酷い料理だな」と悪態しかつかないバークにジェーンは呆れますが、バークがアントンと事実上コンビを解消して1人きりになったことで、ジェーンは自分を相棒にしないかと売り込み始めます。

次のページで起承転結の「転」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「俺たちスーパーマジシャン」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×