「劇場版 おいしい給食 Final Battle」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

コメディ映画

【承】– 劇場版 おいしい給食 Final Battleのあらすじ2

劇場版 おいしい給食 Final Battleのシーン2

画像引用元:YouTube / 劇場版 おいしい給食 Final Battleトレーラー映像

職員室で“潮騒”の記述問題の採点に悩んでいたひとみに佐野は、文学の読解というものは十人十色で感じ方が違うのが普通だから生徒は思ったことを回答してきていいし、採点する側は生徒がいかに真剣に主人公の気持ちを考えて回答したか、つまりその熱量を判断すべきだと発言し、ひとみも賛同した。

佐野は学内でも女子生徒から大人気で、その様子を見ていたひとみは、「ハンサムで生徒思いだから人気になりますよね」と甘利田に語り掛けると、やっかんだ甘利田は、「ハンサムとはアラン・ドロンのような男性を指す言葉だと思っていました」と動揺しながら答えた。

心待ちにしていた給食の時間がやって来た。

給食が配膳されクラス全員で校歌を歌う。甘利田も待ちきれない思いで体を揺らしながら歌った。

そして歌い終わり、甘利田はクジラのオーロラソースと向き合った。

それを一口舐めた甘利田は、ケチャップ、マヨネーズ、ウスターソースを合わせたものだと直ぐ分かり、それにいたく感動し、ソースを“オーロラちゃん”と命名した。

ソフト麺を基本通り分割してけんちん汁に浸し、汁を一気飲みしたい衝動を抑えながら食べる。

締めは牛乳かん。正式には牛乳寒天。それを堪能し終えた甘利田は、給食の食べ方について一目置いている生徒の神野ゴウを見て驚いた。

なんとけんちん汁を一気にすすりソフト麺を分割すると、カットしたクジラ肉やけんちん汁の具材を乗せ、更にオーロラソースをかけて食べているのだ。

それはまるで一人パーティ。

甘利田は完敗を自覚した。

敗北から既成概念を壊すことを学んだ甘利田は、教育実習生の歓迎会に参加することにした。

居酒屋にやって来たが、甘利田は酒を飲まないし、こういう場所が苦手だった。というよりこういう場所を好む人種が苦手だった。

甘利田の母は大酒のみで、甘利田には焼き鳥=酒という概念が出来上がっており、酒を嫌悪する甘利田は焼き鳥を食べたことがなかった。

しかしそれを一味マヨネーズで食し、その味わいに驚愕した。

更に甘利田は自分の固定観念を壊すためビールをあおった。

次のページで起承転結の「転」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「劇場版 おいしい給食 Final Battle」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×