「博士の異常な愛情」のネタバレあらすじと結末の感想

コメディ映画

博士の異常な愛情 または私は如何にして心配するのを止めて水爆を愛するようになったかの紹介:スタンリー・キューブリック監督、ピーター・セラーズ主演のアメリカ映画。核戦争による人類滅亡の危機を描いたブラックコメディ。日本公開は1964年。

予告動画

博士の異常な愛情の主な出演者

ストレンジラヴ博士(ピーター・セラーズ)、ライオネル・マンドレイク大佐(ピーター・セラーズ)、マーキン・マフリー大統領(ピーター・セラーズ)、タージドソン将軍(ジョージ・C・スコット)、ジャック・D・リッパー准将(スターリング・ヘイドン)、T・J・"キング"コング少佐(スリム・ピケンズ)、グアノ大佐(キーナン・ウィン)、アレクシ・デ・サデスキーソ連大使(ピーター・ブル)、ロザー・ゾッグ少尉(ソギー ジェームズ・アール・ジョーンズ)

博士の異常な愛情のネタバレあらすじ

【起】- 博士の異常な愛情のあらすじ1

米空軍司令官のリッパー将軍は精神に異常をきたし、B-52爆撃機を使用したソ連への核攻撃「R作戦」を命令します。仰天した英国空軍のマンドレイク大佐は、リッパー将軍が立て籠もる執務室から出られなくなります。
一方米国防総省では、急遽ソ連大使を呼んで対策を協議していました。大統領はソ連首相とのホットラインで、ソ連が攻撃を受けた場合、地球上の全生物を放射能で絶滅させる爆弾が自動的に爆発することを告げられます。
爆撃機は無線通信の暗号を送信しない限り解除できず、その暗号を知っているのはリッパー将軍だけでした。

【承】- 博士の異常な愛情のあらすじ2

空軍基地ではマンドレイク大佐がリッパー将軍を説得していました。リッパー将軍は支離滅裂な陰謀論を延々と語り、執務室に迫ってきた部隊に部下が投降したことを聞かさせると、バスルームで自殺します。
残されたマンドレイク大佐は、リッパー将軍の話から暗号を解読し、敵兵に銃を突き付けられながら公衆電話へと向かいます。マンドレイク大佐は小銭を手に入れるため、兵にコカコーラの自販機を撃つように命じ、無事大統領に暗号を伝えます。

【転】- 博士の異常な愛情のあらすじ3

爆撃機は攻撃を中止して基地へ引き返すも、対空ミサイルの爆発が原因で、B-52だけが通信不能となっていました。指揮官のコング少佐は、目標地点に向かう燃料も尽きたことから、近くのミサイル基地への攻撃に切り替えます。
爆弾の投下口が開かず、コング少佐は弾倉庫に入り、ミサイルの上にまたがって配線の再接続を試みます。故障が直った途端、爆弾はコング少佐を乗せたまま投下され、ソ連の基地に巨大なきのこ雲が立ち上がります。

【結】- 博士の異常な愛情のあらすじ4

防総省では、核兵器が起動し地球上の全生物が絶滅することに一同が呆然としていました。
ストレンジラブ博士は、頭脳明晰な男性と性的魅力のある女性を選抜し、地下1000メートルの坑道で100年間避難していれば、人類は存続可能であると熱弁をふるいます。そして車椅子から立ち上がったストレンジラブ博士は、「総統、私は歩けます!」と叫びます。
やがて第二次世界大戦時代の流行歌『また会いましょう』のメロディが流れる中、核爆発の映像が流される場面で、物語は幕を閉じます。

みんなの感想

  • kuroigさんの感想

    最近北朝鮮のことで騒いでいる中、今見るべき映画なんじやないかなと思います。完全にシリアスというわけではなく、また完全にコメディというわけではないこの作品は、一種の不気味さを持って核という兵器の意味を教えてくれる作品です。ただ、注意してほしいのは、邦題が若干間違ってる点ですね。博士の行き過ぎた愛情から水爆を起動させるのではなく、博士はそれを止める側としているので、そこだけを注意すれば楽しめる映画だと思います。

映画の感想を投稿する

映画「博士の異常な愛情」の商品はこちら