「変態小説家」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

コメディ映画

【結】– 変態小説家のあらすじ4

変態小説家のシーン4

画像引用元:YouTube / 変態小説家トレーラー映像

女性客が残した携帯でクレアに電話をかけますが、繋がりません。女性たちが通報したらしく、ジャックは異常者だとしてテーザー銃を打ち込まれ、警官たちに取り押さえられました。

ナイフが手から取れないことはすぐに判明し、女性客らは散会しました。ジャックは警察署へ連行されるところでしたが、近くで大事件が起こって警察官がそちらへ行ったので逮捕をまぬかれました。美女・サンギートが「助かったわね、自由よ」とジャックに声をかけて去ります。ジャックもほっとして洗濯物を店に取りに戻ります。そこで隣室に地下室への扉があることに気づいて覗き込んでいると、背後から殴られて気絶します。

目覚めたジャックはさるぐつわをされ、拘束されていました。横には美女のサンギートも捕らえられています。その場所はコインランドリーの横の地下室でした。サンギートはドッキリカメラだと思いますが、ジャックは街で話題になっているベトナム・ギャングではないかと話します。2人で助けを呼ぼうと騒ぐと、人が降りてきました。地域援助担当官の男・パーキンスです。

パーキンスが助けてくれるかと思いきや、実はこのパーキンスがジャックたちを捕らえた犯人でした。パーキンスは連続殺人鬼のハノイ・ハンドシェイクだと名乗ると、このコインランドリーが以前は祖母の所有する店で、母親を亡くしたパーキンスは祖母に引き取られて地下室で過ごしていたのだと語ります。

パーキンスはジャックとサンギートにランドリーを示すと、そのボタンが赤になって消える(洗濯終了)と殺すと宣言します。パーキンスはラジカセを持ってきて音楽を流し、地下室の奥には祖母の遺体らしきものもありました。ジャックとサンギートは互いを勇気づけます。

サンギートは逃げようと試みますが、パーキンスに捕まりました。ジャックは一計を案じてパーキンスに作家だと明かすと「死ぬ前に話をしたい」と言います。パーキンスは興味を示し、話せと言いました。

「昔々…、でも大昔ではない」と、ジャックは話し始めます(映画冒頭のことばです)。

ハリネズミのブライアンと生き別れの弟・ハロルドの話をしてパーキンスを感動させました。

そこへ携帯を忘れた女性客が戻ってきて、地下室を覗き込みました(携帯はクレアに電話をかけたジャックが持っています)。ジャックとサンギートはその女性に助けを呼びます。

…後日。

ジャックはそのときの話に『ハリネズミのハロルド』というタイトルをつけて、出版していました。ジャックはやっぱり童話作家が向いているのです。

そのパーティーの席に、ジャックはサンギートを招待していました。2人で話しているところへ出版代理人のクレアが来ると、あの日に会えなかったハービー氏をジャックに紹介します。ハービー氏はまだ『死の時代』に興味を持っており、詳しい話を聞かせてくれと言います。

ジャックはサンギートと「無事に脱出できたら一緒にディナーへ行く」という約束を地下室でしていました。話を聞かせてくれと言うハービー氏を放置すると、そのままパーティー会場を抜けてサンギートといっしょに出ていきました。

次のページで映画の感想を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「変態小説家」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×