「女子ーズ」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

コメディ映画

女子ーズの紹介:2014年に公開された作品。ある5人は自分達の名字に色が入っていると言う理由だけで戦隊にならされてしまう。そして仕事と両立しながら敵を倒しに向かうがそれぞれ不満が出だし…。

あらすじ動画

女子ーズの主な出演者

赤木直子(桐谷美玲)、青田美佳( 藤井美菜)、黄川田ゆり(高畑充希)、緑山かのこ(有村架純)、紺野すみれ(山本美月)、成瀬輝彦(大東駿介)、皆川(安田顕)、赤木の上司の課長(岡田義徳)、工事現場のオヤジ(野添義弘)、アパレルショップのバカップル(水洋介(ラバーガール))、アパレルショップのバカップル(上地春奈)、すみれの父 (大河内浩)、イケメン(黄川田将也)、チンピラ兄貴 (平子祐希(アルコ&ピース))、チンピラ(酒井健太(アルコ&ピース))、吉村( 落合モトキ)、設計課社員 – 前田龍輝(現:龍輝)(中川晃徳)、クライアント(かすみの森美術館)(志賀廣太郎)、学生 (岡山智樹)、迷惑な電車の乗客 (ムロツヨシ)、道明寺公彦 (皆川猿時)、砧博士 (きたろう)、チャールズ (佐藤二朗)

女子ーズのネタバレあらすじ

【起】– 女子ーズのあらすじ1

女子ーズのシーン1

画像引用元:YouTube / 女子ーズトレーラー映像

ワカメヌルンという怪人は砧博士を捕らえ、ワカメでヌルヌルにしようとしているのでした。

するとそこに女子ーズが助けに来たのです。

ですがブルーが来ておらず、4人しかいないのでしたレッドはブルーに電話をかけてみるとブルーはマツエクをしていて行けないと話すのでした。

ですがブルーがいないと5人揃っての必殺技が出せないのでした。

4人はしょうがなく必殺技なしでワカメヌルンと戦う事を決めたのでした 話は遡り、みんなが女子ーズになる1ヶ月前。

5人はそれぞれ仕事をしている途中に目の前が真っ暗になり、ある場所に連れて来られているのでした。

この5人を連れて来た人物はチャールズと言い5人は正義の戦隊だとチャールズは言うのでした前回の戦隊は任期を満了したので、5人が選ばれたのでした。

そして選ばれた理由は5人の名字にそれぞれ色が入っているからなのでした。

そして5人は仕事を続けつつ女子ーズとして怪人を倒して行ったのです赤木直子はOLとしてバリバリ働く真面目な子なのでした。

青田美佳はショップ店員として働くギャルなのでした。

黄川田ゆりは工事現場などで働く貧乏なのでした緑山かのこは劇団に入っている夢見る人なのでした。

紺野すみれは財閥の娘で大金持ちなのでした。

そして怪人を倒し終え、5人は居酒屋で乾杯をするのでしたですが、今回の怪人は殺虫剤で倒せた事で、ブルーは毎回全員集まらなくていいのではないかと提案するのでした。

ですがみんなは猛反対をするのでした。

そして5人はギスギスし出したのです次の怪人が現れますが、ネイビーがいないのでした。

ネイビーに連絡をしてみると野暮用で来れないと言うのでした。

そして4人で倒すのでしたですがチャールズは5人が真面目に戦隊をしない事に怒るのでした。

するとイエローは怪人と戦うたびに給料は出ないのかと質問するのでした。

チャールズは正義の味方は無償でやるものだと説得しますが、バイトの途中で呼び出されても生活に困るとイエローは言うのでしたそしてブルーは怪人を倒すたびに一人に一万と提案するのでした。

ネイビーはお金持ちなので自分の分はイエローに渡して欲しいと言うのでした。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「女子ーズ」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ

×