「婚前特急」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

コメディ映画

24歳になるOLの池下チエは5人の男と付き合っている。別にその中から結婚相手を選ぼうとしているわけではなく、短い人生なのだから色々な人と付き合って色々な経験をした方がいいという考え方なのだ。それでも結婚した親友から査定の低い男の順に別れたらと言われ、真っ先に田無タクミと別れようとするが… 製作年:2011年 上映時間:107分  監督:前田弘二

あらすじ動画

婚前特急の主な出演者

池下チエ(吉高由里子) 田無タクミ(浜野謙太) 西尾みのる(加瀬亮) 浜口トシコ(杏) 奥田ミカ(石橋アンナ) 野村健二(吉村卓也) 三宅正良(榎木孝明) 出口道雄(青木崇高) トシコの夫(吉岡睦雄) 堀アキラ(宇野祥平) 老女(白川和子)

婚前特急のネタバレあらすじ

【起】– 婚前特急のあらすじ1

婚前特急のシーン1

画像引用元:YouTube / 婚前特急トレーラー映像

池下チエ(24歳)は、人生は限られているから色んな人と付き合って色んな体験をした方が得という考え方の持ち主で、持論通り現在5人の男性と付き合っているOLである。

チエは5人の男たちの査定表を手帳に書き込んでいる。そしてその手帳にはそれぞれの男たちと付き合うメリットとデメリットが記入されており、言わば男たちの成績表である。

まずは昨日デートした年下の野村健二(19歳)。彼女の手帳には野村と付き合うメリットは、“若くてかわいい”、デメリットは“先々自分の歳が気になりそう”と記されている。

彼女の仕事は地域情報誌の編集だが、ある日クライアントである美容室にやってきたチエはオーナー三宅正良に店舗の広告プランを提出する。実は三宅はチエが付き合う2人目の男だ。三宅は美容室のオーナーで、近々チエと二人でスペイン旅行に行く約束をしていたが妻がチエとの関係を疑い始めているようだから今はまずいと言いだす。チエはスペイン行きを楽しみにしていたため、怒ってスペイン編の旅行雑誌を投げ捨てて出ていく。

三宅はチエの査定表にこう記されていた。三宅正良(54歳)美容室3店舗のオーナー、メリット“研修と称してちょくちょく旅行へ連れて行ってくれる”、デメリット“妻を言い訳に最近よく約束を破る”。

不機嫌に三宅の美容院を後にしたチエはスクーターにまたがると、出口道雄の店に立ち寄り、気分が変わったからと今夜の約束を断る。

三宅はチエの3人目の男で査定表には、出口道雄(29歳)レストアバイクショップ経営、メリット“店は道楽でやっているため時間は自由になる”デメリット“凝り性だが飽きっぽく、すぐに変わる趣味に付き合わされる”。

自宅に帰ってきたチエが西尾みのるに電話を入れ、これから西尾の家へ行くと伝える。

西尾は4人目の男である。西尾はチエがほかの男とも付き合っていることを知っている。西尾の家でチエは仕事の愚痴を言いながら料理を作り二人で食べる。ここでのチエはもうにこやかになっていた。チエは西尾をこう査定している。西尾実(33歳)食品会社の営業部長、メリット“同じ営業職 経験豊富”“愚痴や相談に、なるほどと思える助言をくれる”“割と何でも話せる”、デメリット“前妻との間に子供あり”“酔うと説教じみてくる”。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「婚前特急」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ

×