「子連れじゃダメかしら?」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

コメディ映画

2014年アメリカ合衆国の映画。監督は「ウエディング・シンガー」を撮ったフランク・コラチ。 シングルマザーのローレンとシングルファザーのジムは知り合いの紹介でブラインドデートをしたが、デートもお互いの印象も最悪。 二度と会うことはないと思っていたが、ひょんなことからお互いの子供達も一緒にアフリカに旅行するはめに。

あらすじ動画

子連れじゃダメかしら?の主な出演者

ジム(アダム・サンドラー)、ローレン(ドリュー・バリモア)、ヒラリー(ベラ・ソーン )、エスプン(エマ・ファーマン )、ルー(アリヴィア・アリン・リンド)、ブレンダン(ブラクストン・ベッカム)、タイラー(カイル・レッド・シルヴァースタイン)

子連れじゃダメかしら?のネタバレあらすじ

【起】– 子連れじゃダメかしら?のあらすじ1

子連れじゃダメかしら?のシーン1

画像引用元:YouTube / 子連れじゃダメかしら?トレーラー映像

ローレンはバツイチのシングルマザー。やんちゃな二人の男の子を持つ母親だ。夫の浮気で離婚したあと、知り合いの紹介でブラインドデートに行くことに。

しかしデートの場所はフーターズ。相手のジムはローレンの目を見て話そうともしないのに、フーターズの店員とはきちんと目を合わせて会話をするのだった。

最悪なデートを早くきりあげようと、ローレンは子守を頼んでいる子に「10分後に緊急事態が起きたと私に電話して」と頼む。

女子トイレから席に戻ったローレンは、場をもたせようと海老を食べるが、ソースが激辛で口から吹き出してしまう。すぐビールを飲もうとするが、トイレに行っている間にジムがこっそりローレンのビールも飲み干してしまっていたのだ。慌ててオニオンスープを飲むが、オニオンにむせてしまい、これまた盛大に吹き出すローレン。その様子は本当に地獄のブラインドデートだった。

気まずくなったローレンはジムに意地悪く離婚の原因を聞くが、ジムは離婚したのではなく奥さんをガンで亡くしていたのだった。

「ごめんなさい」と謝るローレン、そのときジムに電話がかかってきて「緊急事態が起きたから」と言ってジムは先に帰ってしまうのだった。

次の日、仕事仲間のジェンに最悪なデートを愚痴るローレン。一方ジェンはつきあっている彼氏と順調で幸せそうだった。

同じ頃、ジムもまた職場の同僚に最悪なデートを愚痴っていた。ジムは亡くなった奥さんが忘れられず、もともとブラインドデートに乗り気ではなかったのだ。

ジムには三人の娘がいて、一番上の子はヒラリー。彼女は胸が小さいことや、自分が女らしくないことを悩む年頃の女の子。

次女のエスプンは死んでしまったママを忘れられず、そこにはいない母親に話しかけたり、まるで今でも母親が生きているかのようにふるまっていた。

末っ子のルーはまだ幼く無邪気だが、やはり母親を恋しがっていた。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「子連れじゃダメかしら?」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ