映画:帝一の國

「帝一の國」のネタバレあらすじと結末

帝一の國(帝一の国)の紹介:2017年4月29日公開の日本映画。日本一の名門校で生徒会長を目指す高校生たちの戦いを描く、古屋兎丸の人気コミックを菅田将暉主演で映画化した青春コメディ。野村周平、竹内涼真、間宮祥太朗といった若手注目株が多数共演し、主人公のライバル役をユニークに演じる。

あらすじ動画

帝一の國の主な出演者

赤場帝一(菅田将暉)、東郷菊馬(野村周平)、大鷹弾(竹内涼真)、氷室ローランド(間宮祥太朗)、榊原光明(志尊淳)、森園億人(千葉雄大)、白鳥美美子(永野芽郁)、駒光彦(鈴木勝大)、古賀平八郎(井之脇海)、堂山圭吾(木村了)、山羽喜一郎(若林司)、赤場譲介(吉田鋼太郎)

帝一の國のネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①総理大臣になって自分の国を作ることを夢に抱く帝一は、海帝高校の生徒会長の座を狙う。そのために1学年上の氷室の犬となるが、父の仕事の兼ね合いで森園に寝返る。 ②帝一が自分の国を作りたいのは、大好きなピアノを思う存分弾きたいためだった。帝一が味方した森園が勝利、1年後帝一はライバルの弾を勝たせることで生徒たちの絶大な信頼を得る。帝一はまだ野心を捨てていない。

【起】- 帝一の國のあらすじ1

帝一の國のシーン1 〝時ハ昭和――〟

「政治とは流血を伴わぬ戦争である」
毛沢東のこの言葉は、赤場帝一の大好きな言葉です。

幼少期の帝一はピアノをたしなむ、ピアノ好きの少年でした。
政治家の父と元ピアニストの母・桜子の間に生まれた帝一は、母の影響もあって、幼い頃からピアノを習います。夢子という妹もいます。
帝一の腕っ節は弱く、東郷卯三郎の息子・菊馬にいじめられた時に、幼馴染みの少女・白鳥美美子に助けられたことがありました。
美美子は帝一のピアノが大好きで、帝一とは長じてからは恋人同士です。
ピアノが大好きな帝一でしたが、通産省大臣の父・譲介は、息子である帝一に帝王学をたたき込みたがりました。
父・譲介は海帝高校時代の生徒会長選挙で、東郷卯三郎に1票差で負けたことから、後の出世街道でも卯三郎に一歩差をつけられていました。
自身の敗北の確執から、息子である帝一に「日本一の超名門・海帝高校の生徒会長になれ」と言い続けます。

ある時、滝修行に連れ出そうとした父と母が口論した際に、帝一は鍵盤で頭を打ちました。
その際、帝一に「スイッチが入り」、帝一は父の言うとおり海帝高校で一番を取ろうと強く決意します。
(ここが非常に大事、後に詳細な理由が明かされる)

海帝高校は明治24年に海軍兵訓練学校として創設され、のちに学校改革によって新制海帝高校として生まれ変わりました。
多くの政治家を輩出する超名門校で、海帝高校の生徒会長になると自動的に東京大学に入れるというお墨付きで、しかも将来的には内閣入りが確約されています。
帝一は「海帝高校の生徒会長になり、総理大臣になり、僕の国をつくる」…つまり「帝一の國を作る」と決意しました。

その甲斐があり高校の入学式では、学年一位の者が与えられる栄誉「新入生の挨拶」を帝一は指名されます。
恙無く挨拶を終えた帝一は、入学時からすでに、将来の生徒会長選に向けて戦略を練っていました…。

〔スタート時、高校1年生の者〕
・赤場帝一…主人公の男性。髪の毛を7:3にぴっちり分けている(「73」と劇中で呼ばれた)。口癖は「帝一の一は1番の一」。美美子という恋人がいるが、海帝高校は男女交際禁止なので、節度(?)を守った付き合いをしている。榊原光明は帝一のよき補佐官。
・榊原光明(こうめい)…茶髪の男性。「帝一ガンバ」が口癖で、女の子っぽい言動を取ることも多い。美美子に嫉妬している節がある。手先が器用で、盗聴器など難なく作れる。帝一との絆は堅い。
・東郷菊馬…眼鏡をかけた坊ちゃんスタイルの男性。父の時代から帝一と確執あり。そのため家で父・卯三郎に「帝一に負けるな」と言われ続けていた(帝一も同様に父から「菊馬には負けるな」と言われていた)。情報収集能力に長けている「策士」。側近は根津二四三(にしぞう)。
・大鷹弾…一昔前の青春漫画にいそうな爽やかな男性。高等部からの奨学生(成績優秀で奨学金で海帝に入った)。父を亡くし母が働きに出ている。弟妹が4人おり、学費を浮かせるために海帝に入った。野心はなく明るく実直な青年なのだが、「それすらも計算か」と帝一は当初、疑う。

〔スタート時、高校2年生の者〕
・氷室ローランド…獅子のようなロングヘア。本名は氷室ローランド・レッドフォード。アメリカの自動車メーカーHM社の御曹司だが、これが分かるのは映画後半。野心が強く勝つためには手段を選ばない。側近は駒光彦。
・森園億人(おくと)…眼鏡をかけた神経質そうな男性。将棋で負け知らずということもあり、負けず嫌い。冷静沈着で先を読むことに長けている。

高校に入学した帝一の第一の目標は、「クラスのルーム長になること」でした。
「正々堂々なんて言葉は、帝一辞典から削除済みさ」
その言葉の通り、帝一は多額の寄付金を増額しており、難なくルーム長に任命されます。
同級生の美美子は花園女子学園に入学しており、帝一は夜、美美子の家に行って学校の様子を聞きます。
しかし海帝高校は男女交際禁止なので、帝一はサングラスにほっかむりの変装をし、会話は糸電話でした。これだと盗聴の恐れはないと帝一は思うのですが、かなり人目を惹きそうです。

帝一の側近・光明は校長室に盗聴器をしかけ、各クラスのルーム長の名前を聞きました。
その際に、6組のルーム長・大鷹弾という、知らぬ名を耳にします。
気になった帝一は光明を連れて弾を尾行しますが、弾に見つかり家に案内されました。
父が亡くなり、母が女手ひとつで弾と弟妹を育てていること、弾は学費免除のために海帝高校に入ったと知ります。
高等部から海帝に入るのは非常に難しく、弾は相当優秀だと思われました。
弾と学力の勝負をしたいと考えた帝一は、担任の川俣先生がモンゴメリ好きなのを利用して買収し、外部生用の試験問題を入手します。

【承】- 帝一の國のあらすじ2

帝一の國のシーン2 自室で鉢巻きを頭に巻き、時間も計測して試験問題を解いてみました。数学のテストで一問目にいきなりブール関数が出てきて、帝一は驚愕します。
朝までかけてテストを解き、採点しました。父・譲介に見守られながら、勝手にテスト対決をします。
国語は弾、帝一ともに満点でした(100点)。数学は弾の方が1点高く(96点と95点)、英語は帝一が1点高い(95点と96点)結果で、帝一は一喜一憂します。
社会では弾が98点、帝一は95点でした。ここへきての3点差は厳しいと、帝一は嘆きます。
最後の理科で弾が95点、帝一は100点でした。総合成績は2点差で帝一が勝ち、「非公式だがお前の勝ちだ」と父・譲介が声をかけます。

「僕の国は守られた」と安堵した帝一は、次なる目標に向かいました。
1学年上の2年生が今年、生徒会長選挙を競うわけですが、次期会長を見極めて「その人の犬になる」と決意します。
生徒会長の選挙は、各クラスのルーム長、副ルーム長らが集まる「評議会」で決められます。評議会は60人で結成されています。
現在の生徒会長は堂山圭吾で、彼が生徒会長候補を3人選出します。
つまり次期生徒会長の派閥に入っておけば、生徒会長候補として来年、指名される可能性が濃厚なわけです。

会長候補として指名された2年生は「4組の本田章太」「5組の森田億人(堂山会長の幼馴染み)」「3組の氷室ローランド」でした。
この中で本命馬と目されるのは、氷室ローランドだと見極めた帝一は、早速その会議の席で、氷室に舌を出して「あなたの犬になります」アピールをします。
氷室にもそれは伝わっていました。ほかにも氷室には、帝一のライバル・菊馬もアピールしています。

生徒会の神聖な大舞台であり、1年生の初舞台でもある「生徒総会」の、役割分担が評議会で議題になりました。
真の大舞台なので、ここで失敗した者は「架空の切腹」をせねばなりません。失敗は即、失脚を意味していました。
去年の校旗掲揚をした者が失敗をし、架空切腹の処置を受けたと聞いた帝一は、立候補します。
図が高いと菊馬にたしなめられますが、帝一は校旗掲揚の役目を仰せつかりました。
会議の後、菊馬は点数を稼ぐために、氷室に1年生全員の個人情報を渡します。
氷室は帝一と菊馬、人望のある弾に目をつけました。

生徒総会が始まり、帝一は校旗掲揚を行ないます。校歌斉唱に合わせ、壇上に旗をおろすのです。おろすほうは無事に成功しました。
生徒会長の堂山が演説をおこなう背後で、旗が揺れているのに気づいた光明が、インカムを使って帝一に知らせます。
菊馬の側近・二四三が旗のロープに切れこみを入れていました。帝一が気付いて止めに入りますが、ロープが切れてしまいます。
ロープを持つ帝一に、菊馬が「よろちくび&くすぐり攻撃」をしました。弾が来て助けてくれます。
校旗掲揚は弾の助けがあり、成功しました。
氷室は帝一の活躍をハグして讃え、持ち場を離れていたとして菊馬と弾を平手打ちします。
助けてくれたうえにロープの件を黙ってくれていた弾に、帝一は礼を言いました。知らせた光明にも礼を言います。
帝一は「この借りはいつか返す」と、弾に言いました。(ここも大事~)

〔半年後〕
帝一の読みどおり、本田、氷室、森園の3名が生徒会長の候補に挙げられます。
評議会での演説で、森園は「自分が会長になった暁には、能力のある者を評価する。また生徒会長の投票は生徒全員に与える」と宣言しました。今まで評議会の中で行なわれていた生徒会長選挙を、生徒全員で行なうと言ったのです。派閥をなくすことを意味しました。
氷室は森園の発言に対し、「代々守られてきたものを覆すとは後世に対して無責任だ」と批判し、「文字通り文武両道となるべく運動部に予算を増額する」と宣言します。
帝一は氷室の犬になっていました。

同じ頃、帝一と菊馬の父である譲介と卯三郎が、会っていました。
帝一の父・譲介は日本車優遇措置法を成立させようとしていますが、菊馬の父・卯三郎は外国産の車を売るべく、外国車メーカーから賄賂を貰っています。
政策の上でも、譲介と卯三郎は対立していました。

海帝祭をいかに成功させるかで、帝一と菊馬は趣向を凝らします。
開会式にて、ふんどし一丁で太鼓を叩く「はだか太鼓」の案を出したのは、帝一でした。裸同士で一致団結して太鼓を叩くことで、氷室と他の面々との結束を高めるという目的が隠されています。「はだか太鼓」は、他校生の女子生徒にも人気を博しました。
菊馬はそれに対抗し、プロの花火職人を呼んで後夜祭を盛り上げます。
帝一と菊馬は氷室の忠実な犬となっていましたが、弾は誰にも属さずにいました。
弾の家庭環境を調べた氷室は、弾を呼ぶと、「HM社から救済措置をしてやる」と弾の父の借金を肩代わりし、優遇するのと引き換えに、自陣営に引き込もうとします。

【転】- 帝一の國のあらすじ3

帝一の國のシーン3 反発した弾は氷室を殴り、「俺は何かを引き換えにして手に入れるつもりはない」と言うと、森園派につくと決めました。そして本当に森園陣営につきます。
菊馬はここぞとばかり「帝一があおったせいだ」と氷室に囁きました。氷室に帝一を悪く言い、捨て駒にすればいいと言います。

帝一が氷室に肩入れしているのを知った父・譲介が、帝一に「待った」をかけました。
氷室がアメリカの自動車メーカーHM社の息子だと知った譲介は、自分が日本車優遇措置法を成立させようとしているのを帝一に話し、ライバルの肩を持つなと止めます。
帝一は深く嘆き、白装束に着替えて父の前で「架空の切腹」を行ないました。
菊馬が氷室に「帝一を捨て駒にすればよい」と言っているのを、盗聴器で聞いた光明が、帝一に知らせました。
もう無理だと判断した帝一は、光明に「決めたよ光明。僕は修羅の道をいく」と宣言します。
氷室と決別し、森園派につくことを決めたのです。

森園派に乗り込んだ帝一は、「もう1人の候補者・本田と組み、票を集める」という案を出しました。その案は既に前日、弾が森園に提案した後だと知り、落胆した帝一ですが、弾と帝一は協力して本田を懐柔します。
それと同時に帝一は、氷室に「決別状」を出しました。
本田が会長選を辞退し、氷室と森園の一騎打ちとなります。

運動部だけでは票を集めきれないと考えた氷室は、文化部に実弾攻撃を仕掛けました。実弾とは現金のことで、いわば賄賂を渡し始めたのです。
金は、生徒会が万が一のためにプールしている「埋蔵金」…でななく、学校に出入りしている業者を脅し、キックバックさせた金(リベート、見返りの金)でした。
実弾攻撃を始めたと知り、氷室の側近・駒が幻滅しますが、氷室はそれに気付きません。

帝一も実弾攻撃に出ようと考えましたが、止めたのは美美子と父・譲介でした。
父は代わりに彰義隊の例を出し、旧幕府軍が負けた理由として「旗」をあげました。
森園が官軍で、氷室が賊であるというイメージを植え付けろとアドバイスします。
帝一は「マイムマイム作戦」を発動しました。幼い頃から運動会などで教わり、すでに身体に刻みつけられたマイムマイムの曲を流し、校庭で踊ります。
最初は8人ほどしかいない踊りが、校舎にその曲が流れることで、輪が次第に大きくなりました。
マイムマイムの輪に加われない者は、「氷室から金を貰い、後ろめたさを持っている」人ばかりです。後ろめたさを突いた攻撃は後に「マイムマイム事変」と呼ばれます。
対照的に、氷室陣営には金を貰っていない者が大挙し、自分にも金を寄越せと要求していました。
世論調査は30対30で、森園陣営と氷室陣営が並びます。

帝一は人目を避けて料亭を貸し切り、美美子とデートをしています。
「総理になって、何がしたいの?」と聞く美美子に、帝一は自分の国を作るのだと答えました。
「それを作ってどうするの?」という問いに、帝一は答えられません。
美美子は「私は帝一くんのピアノが聞きたい。帰る」と言い、デートを切り上げて帰宅します。
美美子との仲がうまくいかず、帝一は放心します。

傷心の帝一に、追い打ちをかける出来事が起きました。
氷室と森園が互角であることに危機感を募らせた菊馬は、父・卯三郎に力を貸してくれと頼みました。父・卯三郎は手を回し、帝一の父・譲介を賄賂の容疑で逮捕させます。父までもが帝一の足を引っ張ったのです。
父・譲介と面会した帝一は、今まで胸の裡に秘めていた本音を吐きました。
「ずっとぼくの邪魔してきたじゃないか。ピアノ弾きたいよ」
その言葉に父は驚きます。
「僕の国なら、誰も僕のピアノの邪魔をしないでしょ」
…帝一が幼少の頃、滝修行のことで両親が揉めた時、鍵盤で頭を打った帝一は決意したのです。
「ピアノの邪魔をされたくないために、帝一の国を作る」…そう決めて何年も帝一が苦労したのだと気付き、父は帝一に謝りました。

投票の日。
父の不祥事で打撃を食らった帝一は悄然とし、学校を休んでいました。部屋に閉じこもっています。
光明と妹・夢子が部屋を開けさせようとしているところへ、弾が乱入し、部屋の扉を蹴破りました。弾は「俺に借りがあると言ってたよな」と言い、帝一を連れ出そうとします。
美美子も帝一のところへ乱入し、どうして選挙に行かないのかと責め、帝一に平手打ちをしました。
「自分の国、作るんじゃなかったの? 光明くんや弾くんに助けてもらったんでしょ。だったら今度は助けてあげないと」と、美美子は帝一に訴えます。

帝一が学校へ来るという話が、先に伝わりました。
菊馬は邪魔をしようと不在者投票をし、評議会の部屋を出ていきます。
校庭で帝一を待ち伏せした菊馬は、帝一を犯罪者の息子呼ばわりしました。帝一は、父を陥れたのが菊馬の父・卯三郎だと知ります。

【結】- 帝一の國のあらすじ4

帝一の國のシーン2 帝一と菊馬は校庭で殴り合いの喧嘩を始めました。菊馬は帝一のせいで毎日父に叱られていましたが、それは帝一の方も同じなので、お互い様です。
帝一は投票できないまま、棄権扱いとなりました。

投票は帝一と菊馬の喧嘩と並行して行なわれます。
氷室が金で囲い込んだ筈の江住が造反を起こし、金は返すと言って森園に票を入れます。
氷室の側近・駒も森園に票を入れました。
同票になった時、弾は白票を投じます。
「個人的には森園が好きだが、好き嫌いで決めてよいのか迷った」と言った弾は、おぼっちゃま学校だとバカにしていたけれども、みんな何かと戦っているのだと気付いて、入学してよかったと言いました。
同票になったので、生徒会長・堂山圭吾が選ぶことになります。弾のもくろみでした。
「井の中の蛙大海を知らず」ということわざには「されど空の青さ(深さ)を知る」という続きがあると告げた堂山は、森園を指名します。

帝一と菊馬は互角の喧嘩をしました。美美子が菊馬にとどめの平手打ちをします。
美美子は帝一に肩を貸しますが、投票が終わって光明が来ると、帝一は光明と強く抱き合います。
今作品においてクライマックスであろう場面で、自分を差し置いてのまさかの男子同士の抱擁に、唯一のヒロインである美美子は驚きを隠せません。
選挙で敗北した氷室は、学校の時計台から投身自殺を図りました。駒が駆け寄ります。
氷室は無事でした。枯れ葉の下にマットレスが敷き詰められていたからです。
「あれ帝一用」と光明が呟きました。森園が負けた時に、帝一が嘆いて飛び降りるだろうと見越して、先に光明が用意していたのです。
駒は氷室に、別のてっぺんを目指そうと言いました。氷室は救急車で運ばれていきます…。

この氷室の自殺未遂騒動で、派閥が問題視され、学校の規律も見直されました。
そして…(オープニングに戻る)。
「政治とは流血を伴わぬ戦争である」
毛沢東のこの言葉は、赤場帝一の大好きな言葉です。
その毛沢東の言葉に「人民のみが、世界の歴史を創造する原動力である」というものもあると付け加えます。
みんなのために働きたい、みんなの犬になる…校旗を背景にして得々と演説する帝一を、カメラが撮影していました。
これは、選挙活動のPRビデオでした。

時は流れ、帝一たちの学年の生徒会長選挙時期に突入していました。
次期生徒会長候補として擁立しているのは、帝一、菊馬、弾でした。
森園が宣言したとおり、生徒全員による投票がなされます。投票は体育館で、各々の陣営に人が立つという形で行なわれます。

帝一の父・譲介が釈放され、妻の桜子が迎えに来ていました。同じ車に総理が乗っており、譲介の後押しをしてくれるそうです。
帝一の部屋から見つかった光明お手製の盗聴器を使い、譲介は卯三郎の不正を暴いていたからでした。父も転んでもただでは起きないタイプです。

生徒会長選挙はみんなが集まって、カウントダウンが始まっていました。
帝一349票、弾350票、菊馬15票という途中経過です。
菊馬はこれまでの奔走の結果がたった15票であることに嘆き、自分自身も票になるのかと、運営側に確認しました。
その後、菊馬と側近・二四三は場所を移動し、帝一の場所へ移動します。「お前が上にいないと、いじり甲斐がないからな」と言いながら、菊馬はにやりと笑いました。
帝一が351票、弾が350票になります。

残り10秒のカウントダウンが始まった最後の瞬間、帝一が大きくジャンプし、弾の陣営に移りました。
これで帝一が350票、弾が351票になり、弾が生徒会長に決まります。
驚く弾に、帝一は「借りは返した。この学校を変えるのは、お前のような人間だ。今度はぼくが助けてやりたいんだ。だって友だちだろ」と言いました。
弾は帝一に副会長になってほしいと言い、就任式でピアノを弾いてくれと頼みます。

国会議事堂を見つめる帝一に、総理大臣になって自分の国を作る夢は諦めたのかと、光明が聞きました。
「あきらめる? そんな言葉、帝一辞典からは削除済みさ」と、帝一は答えます。
…投票の残り10秒になった時、実はまだ動きがありました。菊馬は帝一のところへ移動しておきながらも、ぎりぎりのところで弾に寝返ろうと考えていました。
それを見た帝一が、わざと自分が動くことで菊馬を驚かせ、動かないように仕向けたのです。
「『負けた』と『勝たせてやった』とでは意味が違う」
そう思いながら、帝一は就任式でリストの『ため息』という曲をピアノで披露します。
やがて曲が変わりました。弾が帝一のピアノに感心しますが、今演奏しているのは、帝一が一番好きな曲だと、光明が言います。
その曲はローデの『マリオネット』という曲でした。
マリオネット…操り人形…それこそが、帝一の狙いです。
「きみたちのことだよ」そう思いながら、帝一はピアノを弾き続けました。

(エンドロール)美美子のダンス。

みんなの感想

ライターの感想

この出来栄えには、感心した。ただのコメディかとあなどっていたら、なんのなんの、熱かった!
ちなみに私は原作未読。全く知らないので、白紙状態で見られた。
テンションが高くキープされたまま、ラストまで持ち込むのはすばらしい。
いきなり1年後になっているのが、なんだかもったいない感じ。
どうせならシリーズ化してほしかったなあ。

映画の感想を投稿する

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

映画「帝一の國」の商品はこちら