映画:帰ってきたヒトラー

「帰ってきたヒトラー」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

コメディ映画

【結】– 帰ってきたヒトラーのあらすじ4

ザヴァツキの疑念はすぐに確信へと変わりました。ヒトラーが公園で目覚めた場所を調査すると、そこが総統地下壕跡であることが判明したのです。ヒトラーは現代にタイムスリップしたに違いない、ザヴァツキはこの恐ろしい現実を人々に知らせる術を模索しますが、ヒトラーの人気が絶頂にある今、状況を打開する手段は一つしかありませんでした。

ザヴァツキは撮影スタジオにいたヒトラーに銃をつきつけ、屋上へと追い詰めて行きました。しかし、ヒトラーに銃を恐れる様子はありません。ザヴァツキに怪物呼ばわりされても、「怪物を選んだ者を責めるんだな」と冷静に返答するヒトラー。「彼らの本質は私と同じだ」と語るヒトラーの不気味な迫力に耐えきれず、ザヴァツキは発砲してしまいます。頬に銃弾を受けたヒトラーはそのまま屋上から落下していきましたが、次の瞬間にはザヴァツキの後方にヒトラーが立っていました。「私から逃れられん。私は人々の一部なのだ。よいこともあった」。

そこで「カット」の声がかかりました。ザヴァツキと思われていたのはシリコン製のマスクをつけた俳優で、映画のワンシーンの撮影だったのです。この撮影で映画のすべての撮影が終了し、クランクアップの祝賀会がただちに催されました。その場で「この場に来られなかった戦友のことも偲びたい」と語るヒトラー。それと同じ頃、ヒトラーが戦友と語ったザヴァツキは精神異常者として体の自由を奪われ真っ白な部屋に隔離されていました。邪魔な存在となる前にヒトラーに処分されていたのです。

その後、ヒトラーはベリーニとともに高級オープンカーに乗り、ベルリンの街をドライブしていました。ヒトラーが手を振ると人々は笑顔で手を振り返す…ザヴァツキが恐れていたことが今現実になろうとしていました。

「帰ってきたヒトラー」が無料でフル視聴できる配信サービスは?

帰ってきたヒトラーはVOD(ビデオオンデマンド)サービスで視聴できます。詳しくは以下リンクからご覧ください。

帰ってきたヒトラーのネット動画を探す

次のページで映画の感想を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「帰ってきたヒトラー」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×