映画:新婚道中記

「新婚道中記」のネタバレあらすじと結末

新婚道中記の紹介:1937年に製作されたアメリカのスクリューボール・コメディ。離婚成立までの90日間で互いへの愛情に気づいてく夫婦の姿を描いていく。アーサー・リッチマンによる戯曲を映画化した作品で、レオ・マッケリーが監督を務め、アイリーン・ダンとケーリー・グラント演じるお騒がせ夫婦を好演した。

あらすじ動画

新婚道中記の主な出演者

ルーシー(アイリーン・ダン)、ジェリー(ケーリー・グラント)、ダン(ラルフ・ベラミー)、アルマン(アレクサンダー・ダーシー)

新婚道中記のネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

【起】- 新婚道中記のあらすじ1

物語の舞台は、アメリカのとある夫婦の屋敷。夫の名前はジェリーといい、妻のルーシーに秘密で遊び歩くやんちゃ者でした。ジェリーはいつものようにルーシーにフロリダに行くと嘘をついて、友人たちと遊び呆けていました。しかし、家に戻るとルーシーの姿はありません。ジェリーが不審がっていると、そこにルーシーが帰ってきますが、その隣には歌の教師で美男子のアルマンの姿がありました。ジェリーはルーシーが浮気したと決めつけて怒りを露わにしますが、ルーシーもまたジェリーの嘘に気づいていました。ジェリーがフロリダ土産に買ってきたオレンジには、大きくカリフォルニア産と書いていたのです。ジェリーとルーシーは互いに信じられなくなり、離婚を決意。すぐに裁判が行われ、90日後に離婚が成立する運びとなりました。

この間も、ジェリーはたびたびルーシーの家に足を運びました。その目的はルーシーではなく、愛犬のミスター・スミスに会うためでした。ジェリーは裁判に負けてミスター・スミスの親権を奪われており、たまの面会日に会うのが楽しみとなっていました。

そんなある日、ジェリーがスミスに会いに行ったとき、ちょうどダンという男性がルーシーの元を訪れていました。ダンはオクラホマで石油会社を経営する青年で、ルーシーにすっかり惚れている様子でした。ルーシーもダンの誠実さに惹かれ、二人はデートを重ねるようになっていきます。

そんなある日、ルーシーがダンとダンスホールを訪れたとき、ちょうどその場にジェリーの姿もありました。ジェリーはディキシーという名の歌手の卵を連れ、親しげにルーシーたちに話しかけてきました。そこで、ジェリーはルーシーとダンが結婚してオクラホマに移住する計画でいることを知ります。

【承】- 新婚道中記のあらすじ2

ルーシーが気まずそうにしていると、ディキシーがステージに立って歌い始めました。時折スカートをめくらせながら歌を歌うディキシーの姿に、言葉を失うジェリーたち。すると、今度はダンがルーシーを誘って華麗なダンスを披露し始めました。このとき、ルーシーがジェリーに気を遣って長い間ダンスを我慢していたことをジェリーは知ります。ジェリーはそんなルーシーの姿を見て、アンコールを所望するのでした。

その後、ジェリーは所有する炭鉱をダンに売却することとなりました。その手続きのためにジェリーがルーシーとダンの元を訪れたときのことでした。そこにダンの母親が突然現れました。母親はルーシーについて良からぬ噂を聞きつけ、その真偽を確かめに来たのです。その噂とは、ルーシーが歌の教師アルマンと浮気している、というものでした。ジェリーはルーシーに代わって証言しました。この離婚はジェリーに責任があり、ルーシーは潔白であるというのです。

その後、ルーシーはジェリーと二人きりになると、先ほどのジェリーの機転に感謝の言葉を伝えました。そんな中、ルーシーに電話がかかってきました。ジェリーは電話の主がアルマンだと気づき、先ほどの言葉とは裏腹に、再びルーシーとアルマンとの仲に疑いの目を向けるようになるのでした。

翌日、ジェリーは事の真偽を確かめるため、ルーシーの家を訪れました。ジェリーはアルマンとの浮気現場をつかむつもりでいましたが、そこには予想外の光景がありました。アルマンのピアノ伴奏でルーシーが小さなリサイタルを開いていたのです。勘違いして押し入ってきたジェリーの姿に、ルーシーは笑いながら歌を歌ってしまうのでした。

ルーシーはこの一件でジェリーを今も愛していることに気づいてしまいました。ルーシーはダンとの結婚をとりやめ、ジェリーと再びやり直したいと思うようになっていきます。そこで、ルーシーはアルマンを自宅に呼びました。浮気などしていなかったとジェリーに説明してほしい、とルーシーはアルマンに頼み込みますが、そこに突然ジェリーがやってきました。とっさにアルマンを寝室に隠すルーシー。ジェリーがルーシーを訪れたのは、リサイタルでの失態を謝るためでした。そして、ジェリーはもう一度話し会いたいと語り、ルーシーを喜ばせました。

【転】- 新婚道中記のあらすじ3

ところが、そこにダンが母親を連れてやって来ました。ジェリーはルーシーの体裁を考えてとっさに寝室へ。すると、そこにアルマンがいることに気づきました。ジェリーはやはりルーシーはアルマンと関係を持っていると勘違いし、アルマンに殴りかかりました。寝室から激しい物音が響く中、なんとかダンと母親に言い訳をするルーシー。しかし、その後すぐにアルマンとジェリーが寝室から出て行く姿を見られてしまい、ルーシーはダンからの信頼を失ってしまうのでした。

それから時が経ち、ジェリーとルーシーの離婚成立まで残り1日となりました。ジェリーは資産家の娘バーバラと交際しており、離婚が成立したらすぐにバーバラに婚約を申し込むつもりでいました。そんな中、ルーシーがジェリーの家を訪れました。ルーシーもダンとやり直しており、ジェリーとルーシーは離婚成立を互いに祝いました。

ジェリーがシャンパンを開けようとする姿を見て、ルーシーは思わず初めてのジェリーとのデートを思い出し、そのときジェリーが語った言葉を口にしました。「どうか聞いてくれ、心から誓う、君を愛すと」…悲しそうに過去を振り返るルーシーに、ジェリーは何も言葉を返せませんでした。

ルーシーが帰ろうとしたときのことでした。ルーシーは思わずバーバラからの電話に出てしまい、嫉妬深いバーバラはジェリーの浮気を疑い始めました。ジェリーはすぐに電話を代わり、今電話に出たのは妹だと苦しい嘘をつきますが、バーバラは今夜のパーティーに妹を連れてこいと要求してきました。ジェリーはなんとかバーバラに嘘をついて電話を切りますが、ルーシーはそんなジェリーの姿を見てバーバラの嫉妬深さに驚くのでした。

その夜、ジェリーがパーティーでバーバラと彼女の両親と会ったときのことでした。突然ルーシーがジェリーの妹と名乗り乱入してきたのです。ジェリーの制止も聞かず、ルーシーはバーバラ達の前で突飛な言動を繰り返しました。しまいには、かつてディキシーが歌った歌を再現し、コミカルなダンスを披露。これに見かねジェリーはルーシーを連れてパーティーを後にするのでした。

【結】- 新婚道中記のあらすじ4

車に乗ってからもルーシーはジェリーの言うことを聞かず、いたずらを続けました。ルーシーは車の音楽の音量スイッチを壊してしまい、ジェリーの車は大爆音で音楽を流しながら走ることに。やがて二人は警察に捕まりますが、そこでもルーシーはおかしな行動をやめず、ついには車を道路脇の草原に落としてしまいました。

その後、ジェリーとルーシーは警察のバイクに乗せられ、ルーシーの父親が暮らす山小屋へと送られました。ジェリーは一晩この小屋に泊まることにし、ルーシーの隣の部屋を借りることとなりました。しかし、ドアが壊れているため、ドアはちょっとした振動でルーシーの部屋側に開いてしまいます。ルーシーはドアが開いても気にしませんでしたが、ジェリーはドアが開くたびに起きてしまいました。

離婚成立まであとわずかとなる中、ジェリーは起きてはドアを直す作業を繰り返していました。ドアを直しながら、ジェリーはあと少しで離婚が成立することを話題に取り上げました。すると、「あなたが変わらないかぎり、元には戻らないわ」とルーシーは返答しました。

その後、ドアを直したジェリーは部屋に戻っていきましたが、またすぐにドアが開いてしまいました。ジェリーは再びドアを直そうとルーシーの部屋に入ると、「状況は変わった、僕はもう愚か者じゃないからね」とルーシーに話しかけました。そして、二人の関係を別の形でやり直したいとジェリーは続けました。このジェリーの言葉にルーシーは感激しました。そして、なんとかドアを直そうとするジェリーに、ルーシーは近くにある椅子を使ってドアを抑えればいいと提案しました。ジェリーはすぐに椅子をドアの前に置くと、ドアは物音も立てず静かになり、ジェリーは満足げな表情を浮かべました。椅子を置いたことで自分の部屋に戻れなくなったことに気づかないジェリーを見て、ルーシーは笑いながら「おやすみ」と口にするのでした。

みんなの感想

ライターの感想

美男美女のユーモラスな行動に終始笑わされる作品でした。特におもしろいのは、アイリーン・ダン演じるルーシーの終盤の奇行です。夫への思いや、素直になれない気持ちが感じられる愛らしい演技を披露してくれています。愛犬ミスター・スミスの親権をめぐる裁判でのケーリー・グランドの真剣な顔にも笑わされました。

映画の感想を投稿する

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

映画「新婚道中記」の商品はこちら