「最終絶叫計画」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

コメディ映画

2000年制作アメリカ映画。ハロウィンの夜、ハイスクールの少女ドリューはハロウィンマスクを被った殺人鬼に殺されてしまう。彼女の死によってシンディは不安に駆られてしまう。今から一年前にドライブを仲間達としていると、見知らぬ人を轢いてしまう。

あらすじ動画

最終絶叫計画の主な出演者

ショーン・ウェイアンズ、マーロン・ウェイアンズ、アンナ・ファリス、チェリ・オテリ、シャノン・エリザベス、ジョン・エイブラハムズほか

最終絶叫計画のネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

とあるハロウィンの夜にドリューという少女が殺されてしまいました。犯人は正体不明のマスクの殺人鬼でした。彼女の死んだニュースは、大々的に流れ、彼女の死を知った少女シンディは恐怖に怯えていました。その原因は一年前のハロンウィンの日に起きた事件でした。去年のハロウィンに、ドライブに出かけたシンディとその仲間たちは、羽目を外していたこともあり、人を轢いてしまいました。 焦った仲間たちは、轢いてしまった男を海に投げて落としてしまいました。それから一年たった現在、当時の仲間が殺されてしまい次が自分の番だと感じました。そんなシンディの予想が的中し殺人鬼は現れ、一年前の出来事について書かれた手紙を残して姿を消しました。手紙を見たシンディは急いで事件の関係者に警告しに行きましたが、相手にしてもらえずマスクの殺人鬼による犯行は続いていきました。 そして、シンディにも魔の手が迫り、自宅で襲われてしまいました。何とか警察に通報し、殺人鬼を追い払いましたが、直後に現われた、シンディの恋人のビリーが手袋とナイフを所持しており、彼が犯人だと思い逃げ出しました。玄関で、臨時の保安官のドゥーフィーと出会い、彼の手にはマスクがありましたが、すぐ近くで拾ったようでした。 この事で、警察に連行されたビリーですが、彼のアリバイが証明されたことで、釈放されることになりました。しかし、犯行は続いており、シンディは安全のために事件の関係者を家に集めるためにパーティーを開くことにしました。パーティーが始まりましたが、参加者は殺されており、人が来ませんでしたがビリーがやって来ました。シンディは酔っていたこともあり、彼と性交しましたが、そこに再びマスクの殺人鬼が現れました。ビリーは刺されてしまい、シンディは逃げることにしました。 何とか殺人鬼を倒したシンディですが、真犯人がいることに気が付き、犯人を追いましたが、逃がしてしまいました。真犯人はドゥーフィーだったのでした。彼は障碍者のふりをしてみんなを欺ており、最後に本当の姿を見せて車で去っていきました。

【起】– 最終絶叫計画のあらすじ1

最終絶叫計画のシーン1

画像引用元:YouTube / 最終絶叫計画トレーラー映像

始まりはハロウィンの夜でした。高校生で、学園でも有名な美少女であるドリューが殺されてしまったのでした。彼女は、死ぬ前に電話を取ると、謎の人物から脅迫の電話を受け、その直前にハロウィンのマスクを被った謎の殺人鬼に襲われてしまう。

何とか家から外へ逃げたドリューですが、運悪くドリューの父親が運転する車に轢かれてしまいました。しかし、ドリューは生きており瀕死の状態のドリューに殺人鬼は容赦なく無残な殺し方で殺すのでした。マスクを被った殺人鬼はこの町の大ニュースとなり、ドリューが死んだ事もニュースになるのでした。

一方その頃、ドリューが殺された事件を知り、シンディという少女は恐怖に怯えていたのでした。彼女はドリューの死後に、手紙を受け取っていたのでした。手紙の差出人は不明だが、シンディは予想が付いており、差出人はドリューを殺した犯人と考えていました。

手紙の内容は、去年のハロウィンに合った出来事を知っているという内容でした。シンディ達は去年のハロウィンの時にドライブに行ってました。乗っていたのは、シンディやバフィ、彼女の恋人のボビーなどの大人数でしたが、羽目を外していた彼らは、誤って見知らぬ人を轢いてしまうのでした。

慌てて、シンディ達は轢かれた男の容態を確認しますが、息がなく警察に通報しましたが、仲間たちは将来に影響すると考えてしまい、死んだ男を人知れず海へ落として証拠を隠滅したのでした。それ以来、あの日の夜の事は一切口に出さず、これまで生活していましたが、それからちょうど一年が経ち、ドリューが殺されたのでした。これらの事から、犯人が一年前の事件の関係者だと考えてシンディは次は自分たちの番だと感じました。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「最終絶叫計画」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ

×