「本日のおすすめ」のネタバレあらすじと結末の感想

本日のおすすめの紹介:2009年制作のアメリカ映画。高級レストランに務めていた副料理長が、家族の緊急事態のため、実家のしょぼいレストランの面倒を見る姿を描いている。アーシフ・マンドヴィ主演で贈るコメディドラマ。

予告動画

本日のおすすめの主な出演者

サミール(アーシフ・マンドヴィ)、キャリー(ジェス・ウェイックラー)、アクバル(ナシーラディン・シャー)、ファリダ(マドハール・ジャフリー)、ハキム(ハーリッシュ・パテル)、スタントン(ケヴィン・コリガン)

本日のおすすめのネタバレあらすじ

【起】- 本日のおすすめのあらすじ1

インド人のサミールは、高級レストランで副料理長(スーシェフ)として働いています。今度、新店をだすことから、料理長のシェフから任されるだろうと思い、日々頑張っています。
忙しい厨房で皆をまとめながら、厳しく接していくサミールでした。
厨房には、新人のキャリーという女性がいました。キャリーは良かれと思い、料理に水を加えていました。指示をしていないことから、サミールは厳しく言及します。
料理長に話しかけようとして、サミールはうっかりウェイトレスと接触します。落とした料理は大事な客におだしするものでした。
サミールが急いで料理を作り直していると、キャリーがフォローに入ります。瞬く間に完成し、料理長は2人のコンビネーションを褒めます。
疲れて帰るサミールはタクシーに乗ります。そこでアクバルという運転手と出会います。彼は昔、料理長を務めていたことがあり、大統領にもインド料理を出したことがありました。
アクバルはサミールに名刺を渡しておきます。名刺には名前だけが書かれていました。
サミールの母・ファリダは、中々お嫁さんを見つけれない息子のために、女性の紹介を日々行っていました。しかしサミールは、どの女性とも上手くいきませんでした。
サミールの兄は交通事故で亡くなりました。兄は将来有望な医師であり、従順で素晴らしい人物でした。それに加え、サミールは反抗的だと、父・ハキムは愚痴をこぼします。
ある日、サミールは料理長に激怒します。なぜなら、新店を25歳の若造に任せたからです。2年もスーシェフとして働いてきたのに、サミールの怒りは収まりません。
サミールは確かに優秀な料理人でしたが、料理長になるには、それ以上の資質が必要でした。ただ上手い料理を作るだけでなく、創造力が料理長には必要なのです。
サミールは店を辞めて、パリに修行に行くことにします。有名なシェフの下で、インターンとして働くことにしました。ロッカーを整理した後、キャリーに高級酒をあげて去ることにします。

【承】- 本日のおすすめのあらすじ2

サミールの実家はインド料理屋を経営していました。しょぼくれており、暇な叔父たちが店でたむろしています。料理人の一人は、厨房で飲み食いをしたり、皿を地べたに置いている始末です。
サミールは店を辞めて、パリに行くことを父に話します。するとハキムは、金を稼ぐことも、結婚もしない息子に怒り出します。そして心臓発作を起こしてしまいます。
病院に運ばれたハキムは、ストレスが厳禁であると医師から説明されます。アハメド叔父さんは、店を譲るようにと話します。今はフランチャイズが流行っており、パートナーにしてあげるからと言います。
店の帳簿を見たサミールは、利益が出ていないことを知ります。そして父が家族の写真を大切にしていることにも気づきます。
パリ行きの飛行機のチケットを待つ間、サミールは店番をすることにします。ある日、客から油が多すぎるとクレームがきます。
料理人に注意したサミールでしたが、逆ギレされて辞められてしまいます。インド料理の作ったことのないサミールは、自分で何とかしようとしますが、棚から粉が落ちてきて諦めます。
別の店に料理を注文することにします。するとアクバルの名刺を見つけます。
たむろしている暇な叔父たちに、サミールはアクバルを探すように頼みます。叔父たちは、あらゆる知り合いに電話して、アクバルを探し出します。
臨時で料理人を頼むと、アクバルは了承してくれます。彼は専用の器を取り出し、それにスパイスを加えて、料理を始めます。
彼にとってレシピは不要でした。大切なのは、頭と心と腹です。
アクバルは、サミールに料理を教えてあげます。しかし、サミールは上手くは出来ませんでした。彼は考え過ぎなのです。

【転】- 本日のおすすめのあらすじ3

アクバルの料理は絶品で、お客さんから感謝されるサミールでした。ただ困ったことに、配達員が戻ってきません。サミールは配達に行くことにします。
するとキャリーが歩いているのを見つけて、転倒してしまいます。キャリーが気づいて心配します。
サミールは家族の緊急事態でと、事の経緯を説明します。キャリーは娘のアビゲイルを抱いていました。別れ際、サミールは今度夕食でも行かない?と誘います。キャリーは応じてくれます。
店を予約していたサミールでしたが、キャリーはもっと良いところがあると連れて行きます。屋台で驚くサミールでしたが、料理が絶品で目を丸くします。
その後、アクバルの家で叔父たちと料理をご馳走になります。食べ方が難しいというキャリーに、サミールは丁寧に教えてあげます。
ロマンチックな夜景を見ながら、サミールとキャリーはキスをします。
そして、2人はお店の壁を塗り替えることにします。アビゲイルも協力します。塗り終わった後、サミールは家族の写真を額縁に入れて飾ります。
車椅子に乗った父を連れて、サミールは店を見せてあげます。ハキムは息子の写真を見ながら、涙ぐみます。
喜ぶと思ったサミールでしたが、ハキムは昔とは違うのだと良い顔をしませんでした。それに店はアハメドに売ることにしたと言って帰っていきます。
アクバルや従業員2人、そしてサミールは店を去ることにします。

【結】- 本日のおすすめのあらすじ4

サミールはスーツを着て、前の店に謝罪をしに行きます。もう一度働かせて欲しいと頼む予定でした。
店に到着すると、キャリーが慌ててやってきます。なぜなら、あの店が三ッ星として認定されたからです。
新聞にも載り、これから長蛇の列となります。サミールはアクバルを連れ戻しに行きます。
しかし、アクバルは次の土地へ向かうため、引っ越しの荷物をトラックに詰め込んでいました。
サミールが戻ってきて欲しいと頼むと、アクバルは教えたじゃないか、と言います。そして器をサミールに渡します。
サミールが店に向かうと、開店2時間前なのに、長蛇の列になっていました。暇そうな叔父たちに手伝うよう頼み、食材を買いに行きます。
従業員2人は戻ってきてくれて、キャリーも手伝いに駆けつけてくれます。
サミールは、器でスパイスを混ぜることにしますが、やっぱりレシピ通りにしようとします。
すると、英語が上手く喋れない従業員のピエールがノーと言います。彼は何でもイエスと答えていましたが、この時だけはノーと言います。
皆の力を借りて、サミールは次々と料理を作っていきます。
お客さんは料理に喜んでくれます。そしてサミールは呼ばれて、お客さんから拍手をもらいます。
ハキムは、アハメドに店を譲るつもりでした。サミールから店に来るように言われて駆けつけます。
サミールは、アクバルの料理ではなく、自分が作ったのだと説明します。
ハキムは息子の料理を食べてみたいと思っていました。ファリダは夫を席に座らせます。そして料理の美味しさに、ハキムは喜びます。アハメドに店を売ることをやめることにします。
サミールは、キャリーを両親に紹介します。両親から、彼女は自分にとって何なのか聞かれます。
サミールはスーシェフだと答えます。両親はスーシェフだけなのか、と笑いながら疑問に思います。
サミールが厨房でキャリーにキスしようとすると、皆が見つめてきます。サミールはお客さんが待っていると言います。
再び厨房の皆は働き始めます。サミールとキャリーは熱いキスをします。終わり。

みんなの感想

ライターの感想

この映画は、美味しそうな料理がいくつも登場します。オープニングから、よだれが落ちてくる映像が流れます。よってお腹が空くので、食料の準備をしておくことをお勧めします。
アクバルの役どころがまた、良い味を出しています。知識ばかりのサミールに、料理にとって大切なこと、そして人生における恋の大切さを教える大人っぷりが最高です。ほんと温かい映画だと思わせてくれます。
それに叔父たちの長閑な雰囲気と、茶目っ気のある言動が素晴らしいハーモニーを作り出しています。 心温まる良作であり、たくさんの人に見てもらいたいです。本日の、いえ毎日おすすめな映画です。

映画の感想を投稿する

映画「本日のおすすめ」の商品はこちら