映画:極主夫道 ザ・シネマ

「極主夫道 ザ・シネマ」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

コメディ映画

極主夫道 ザ・シネマの紹介:2022年6月3日公開の日本映画。専業主夫になった伝説の極道と仲間たちをコメディタッチで描く、おおのこうすけの同名コミックを原作としたテレビドラマを映画化。主人公、龍役の玉木宏、龍の妻役の川口春奈、そして舎弟役の志尊淳をはじめ、竹中直人、稲森いずみ、滝藤賢一らドラマ版のキャストが続投するほか、新たに松本まりか、吉田鋼太郎、安達祐実が出演する。監督は「おっさんずラブ」シリーズの瑠東東⼀郎。

極主夫道 ザ・シネマの主な出演者

黒田龍:玉木宏 黒田美久 – 川口春奈 赤宮雅:志尊淳 酒井タツキ:古川雄大 大前ゆかり:玉城ティナ 田中和子:MEGUMI 佐渡島幸平:安井順平 太田佳世:田中道子 黒田向日葵:白鳥玉季 遠野誠:水橋研二 三宅亮:本多力 老舗スーツ屋店主:くっきー!(野性爆弾) 井田昇:中川大輔 岡野純:片岡久道 佳純:新川優愛 和馬:渡辺邦斗 山本:猪塚健太 加藤:藤田朋子 白石先生:安達祐実 大城山國光:橋本じゅん 虎春:松本まりか 白川虎二郎:滝藤賢一 近藤:吉田鋼太郎(特別出演) 江口雲雀:稲森いずみ 江口菊次郎:竹中直人

極主夫道 ザ・シネマのネタバレあらすじ

【起】– 極主夫道 ザ・シネマのあらすじ1

極主夫道 ザ・シネマのシーン1

画像引用元:YouTube / 極主夫道 ザ・シネマトレーラー映像

「不死身の龍」が背中の刺青もあらわにして、台所で床にうつぶせています。それを見た妻の黒田美久が声をかけると、龍は「こっちは危険や」と制しました。台所にかなりの武闘派の「黒い鉄砲玉」が出たそうです。鉄砲玉がなにかは、判りますね。

美久の連れ子の向日葵もやってくると同時に、台所にいた黒い鉄砲玉、もといゴキブリが羽ばたきました。「これ飛ぶタイプ」といいながら、3人はゴキブリに翻弄されます。龍は殺虫スプレーで退治しようとしますが、「タマ切れ」で中身がなくなりました。

ゴキブリが龍の裸の胸に止まりました。龍はいまがチャンスだと美久に叩くよう指示しますが、美久は「そんなことしたらたっちゃんが一生ゴキブリヤローになっちゃう」と嫌がります。それでも向日葵からハリセンを受け取って叩こうとしますが、誤って龍の頭(というか顔)にお見舞いしてしまいました。龍は倒れて気絶します。

気を取り直して、龍はご飯を作り始めます。手際よくオムライスを作ってお弁当に詰め、ケチャップで「仁義」「任侠」と文字を書きました。それを美久と向日葵に渡して「お気をつけなすって」と送り出します。ひとり家に残った龍は掃除に洗濯などの家事を、手を抜くことなく行ないます。庭にいる飼い猫の「ギン」には彼氏猫ができています。

しばらくすると龍の元舎弟・雅が家にやってきました。龍は雅に「取り立てや」と声をかけて、近所を回ります。

近所のアパートには、新婚夫婦が引っ越してきたばかりでした。段ボール箱だらけでまだカーテンもつけていない部屋ですが、夫婦は環境がよさそうな町だと喜んでいます。そこへドアチャイムの音がしました。開けるとこわもての龍と雅が立っており「集金です」と言うので、妻は借金取りかと早合点しました。龍らは「火竜町の自治会費500円」を徴収して回っているのでした。

龍はさらに、駅前にできた『Kプランニング』にも集金へ出向きました。そこには、見るからにヤクザまがいの社長・近藤と、山本や加藤という社員がいました。イタリア風味のマフィア・近藤は「アリヴェデルチ(「さよなら」イタリア語)」と言って、龍を追い払おうとします。

龍は、自治会の互助精神の素晴らしさを近藤に説きながら、サングラスを外しました。龍の顔の傷を見た近藤は「マンマミーア」と言うと態度を一変させ、会費を払おうとします。500円と聞いて肩透かしを食らっていました。龍はお釣りと一緒にクーポン券も渡します。

龍が去ったあと、近藤は手下に「あれは『不死身の龍』だ」と話しました。近藤は龍の伝説を知っていたのです。

…平成という時代が終わりを告げるころ、関東の深作会、九州の渡瀬一家のあいだで抗争が勃発しました。そこに立ち上がったのが、天雀会若頭「不死身の龍」でした。龍は渡瀬一家にひとりで乗り込むと、たったひと晩で壊滅させたのです。その噂は瞬く間に広がり、いまだ語り継がれる伝説の極道なのです。

しかしそれから時は経ちました。龍は極道から足を洗って美久と結婚し、向日葵と3人で平穏に暮らすようになったのです。家事はてんで駄目ですが、デザイナーとしては優秀な美久に仕事を任せ、龍は押しも押されぬ専業主夫となったのです…。(映画タイトル)

駅前のビルにヤクザのにおいがする『Kプランニング』がやってきたと聞いた元天雀会の会長・江口菊次郎は、一刻も早く組の再建をせねばと考えます。しかし先立つものがありません。そこで江口は妻(姐御)の雲雀がパートをしているスーパー「ブンタ」で、警備員の仕事を始めました。地道に軍資金を稼いでいくつもりのようです。

向日葵が学校からハムスターを連れて帰ってきました。うさぎ小屋に紛れ込んでいたそうです。龍は「まめたろう」という名をつけましたが、家にはギンがいるため危険です。まめたろうに飼い主を見つけてやろうと龍は決めます。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「極主夫道 ザ・シネマ」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×