映画:殺したい女

「殺したい女」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

殺したい女の紹介:ダニー・デビート、ベット・ミドラー主演のブラックコメディ。オー・ヘンリーの短編小説「赤い酋長の身代金」を原案としており、ある中年男が企てた妻殺害計画が思わぬ形で破綻していく様をユーモラスに描いていく。第1回アメリカン・コメディ・アワードでは、ベット・ミドラーが主演女優賞を獲得した。1986年アメリカ製作。

殺したい女の主な出演者

サム・ストーン(ダニー・デビート)、バーバラ・ストーン(ベット・ミドラー)、サンディ・ケスラー(ヘレン・スレーター)、アール(ビル・プルマン)

殺したい女のネタバレあらすじ

【起】– 殺したい女のあらすじ1

舞台はアメリカ、ロサンゼルス。大手アパレル企業を経営するサムがある恐ろしい計画を立てることから、物語は始まります。それは、妻であるバーバラを殺害することでした。元々、サムは財産目当てでバーバラと結婚したに過ぎず、妻に愛情を持っていませんでした。サムは愛人のキャロルにバーバラを残酷な方法で殺すことを宣言し、真夜中にハリウッドの丘で計画を実行することを打ち明けました。

その後、サムは家に戻り、クロロホルムでバーバラを眠らせようとしました。ところが、家にはバーバラの姿はありません。すると、家に電話がかかってきました。電話の主はバーバラを誘拐した犯人で、100万ドルの身代金を要求してきました。犯人は警察やマスコミに連絡したらすぐにバーバラを殺すと語りますが、サムは最高のタイミングでバーバラが誘拐されたことを心から喜びました。サムはすぐに警察とマスコミにバーバラ誘拐を連絡、テレビや新聞で大事件として扱われました。

バーバラを誘拐したカップル、ケンとサンディは誘拐事件を報道するテレビを観て愕然としました。そのうえ、バーバラは凶暴な女で、ケンとサンディを手こずらせていました。なんとか地下室に監禁した後も、バーバラは様々な要求を押しつけてきていました。気が弱いサンディは怖気付きそうになりますが、ケンはそんなサンディを励まし、あくまでも誘拐を成功させようとしていました。

ケンとサンディはサムに個人的な恨みを持っていました。サムはサンディをだまし、彼女が手がけたスカートのデザインを盗んだのです。サンディがデザインしたスカートは今やサムの会社のドル箱商品となっており、ケンは何としてでもこの誘拐によって復讐を成し遂げたいと考えていたのです。

一方、サムの愛人キャロルもある企みを実行に移していました。今夜サムがバーバラをハリウッドの丘で殺すことを知り、キャロルは恋人のアールにその一部始終を撮影するよう依頼しました。キャロルとアールはそのビデオで一生サムから金を搾り取るつもりでいたのです。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「殺したい女」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ