映画:猫侍 南の島へ行く

「猫侍 南の島へ行く」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

コメディ映画

猫侍 南の島へ行くの紹介:2015年9月5日公開の日本映画。『イヌゴエ』『ネコナデ』『幼獣マメシバ』などの動物ドラマシリーズの劇場版第2弾。江戸時代を舞台に、かつて剣客として腕を鳴らした強面の浪人と一匹の白猫の交流を描く。

あらすじ動画

猫侍 南の島へ行くの主な出演者

斑目久太郎(北村一輝)、玉之丞(あなご・さくら)、お蓮(LiLiCo)、青海信玄(高山善廣)、謎の忍者(木下ほうか)、船頭(酒井敏也)、港の男(緋田康人)、タエ(木野花)、お静(横山めぐみ)、ハル(岩田月花)、タエ(木野花)、黒猫ヤムヤム(ジャック)、カワヤ(グレース・ヌワエメ)

猫侍 南の島へ行くのネタバレあらすじ

【起】– 猫侍 南の島へ行くのあらすじ1

江戸時代の日本…。

無双一刀流免許皆伝の腕前で〝まだら鬼〟の異名を持つ斑目久太郎は、元々は加賀藩の武術指南役をしていました。

しかし奉公先でリストラに遭った久太郎は、再起をかけて妻・お静と娘・ハルを加賀藩に残したまま、江戸に向かいます。

江戸で仕官を探す久太郎は、紆余曲折があって、玉之丞という可愛らしい白猫を飼いました…(『猫侍』シリーズ参照)。

…仕官が叶わず妻子の待つ故郷・加賀藩に戻った久太郎は、浪人生活(要は無職)を続けています。

そんな久太郎に、姑・タエが四国・土佐藩の剣術指南役の話を持ち帰りました。成功すれば藩への引き立て(就職支援)もあります。

「もしこれでうまくいかないようなら、離縁です」と姑・タエに言い渡され、久太郎は単身赴任を引き受けます。

「それと、あれ、連れてってくださいね」と姑・タエはあごで玉之丞を指しました。ノミ取りをする者がいないという理由で、玉之丞は久太郎に同行して土佐へ行くことになります。

久太郎の出発を、妻・お静と娘・ハルが見送りました。ハルは猫アレルギーのようで、くしゃみ連発です。

無職の久太郎ですが、妻子からは慕われていました。妻のお静からは路銀(交通費)を、娘のハルからはお守りを渡され、久太郎は屋敷を出発しました。

船着き場で便を待つ間、久太郎は団子屋で一服しようとします。団子と茶を頼み、ついでに店員に船が着く場所を聞いている間に、団子と荷物を奪われました。

戻ってきて団子がないのを見て、最初は玉之丞を疑った久太郎ですが、荷物がないのを見て物盗りの仕業だと気づきます。

見ると、露骨に怪しい忍者が去っていくところでした。久太郎は玉之丞を懐に入れ、忍者の後を追います。

見失ったと思われた頃、誘うように団子が落ちています。それを追って林に紛れこんだ久太郎は、忍者と対峙しました。

忍者は分身の術を使いますが、玉之丞が本体を見破り、忍者はあっけなく久太郎に倒されます(おでこを小突かれただけ)。

久太郎は荷物を取り戻し、急いで船着き場に引き返しましたが、土佐行きの便は半刻前(約1時間前)に出たとのことでした。次の便は十日後です。

実は忍者は姑・タエが差し向けた者でした。かねてより久太郎と娘・お静の離縁を願う姑・タエは、土佐行きを指示しておきながら忍者を差し向けていました。

土佐行きの便に乗り遅れて、すごすごと屋敷に戻った久太郎に、離縁を言い渡す計画だったのです。

しかし久太郎は思いもよらぬ方策に出ました。なんと「れんたる」の小舟を手配したのです。

計算ではありません。久太郎は「舟」と書いてある看板を見て、漕ぎ手のいる舟だと思ったのです(現在でいうところのタクシーみたいなものを想像した)。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「猫侍 南の島へ行く」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ