「珍遊記」のネタバレあらすじと結末の感想

コメディ映画

珍遊記の紹介:漫☆画太郎による漫画「珍遊記~太郎とゆかいな仲間たち~」を実写化した2016年製作の映画。不良少年・山田太郎を更生させるべく僧侶の玄奘は天竺への旅に同行させるが、二人の前に微笑み教の龍翔が立ちはだかる。

予告動画

珍遊記の主な出演者

山田太郎(松山ケンイチ)、玄奘(倉科カナ)、龍翔(溝端淳平)、じじい(田山涼成)、ばばあ(笹野高史)、中村泰造(温水洋一)

珍遊記のネタバレあらすじ

【起】- 珍遊記のあらすじ1

漫成2年、食の国と言われる地を訪れた僧侶の玄奘は、偶然出会ったじじいとばばあから不良息子の相談を受けます。息子の名前は山田太郎といい、稲妻が落ちた場所にいたのをじじいたちが拾って育てました。ところが、成長した太郎は巨大な鬼のような恐ろしい姿となり、人々を強烈な屁で屈服させる凶悪な性格になったといいます。

事情を知った玄奘は自らの法力を使って太郎を更生させると申し出ます。しかし、玄奘の法力はブラのホックを外したり、饅頭を飛行させたりと、太郎に有効とは言えないものばかり。追い詰められた玄奘は、「超高速回転石(ローリングストーンズ)」という罪の重さに比例して巨大化する石で太郎の巨体を押しつぶしていきます。そして、太郎の邪気を取り除こうと「特殊妖気吸収石(スペシャルパンパース)」を発動。太郎は普通の若者に変貌し、裸で気絶していました。しかし、不良な性格は変わらなかったため、玄奘は徳を積ませようと天竺への旅に太郎を帯同させることを決断。玄奘は太郎の頭に金の輪を装着させます。玄奘が呪文を唱えると金の輪が太郎の頭を締めつけるという仕組みで、太郎が悪しき行いに手を染めないよう玄奘が考えた対策でした。

【承】- 珍遊記のあらすじ2

玄奘と太郎は次の街に到着しますが、裸という理由で太郎だけ街に入ることを門番のたけしに拒否されてしまいます。最強の武闘家、中村泰造を父に持つという門番のたけしは太郎を挑発しますが、あっけなく太郎に敗北。妖気を奪われてもなお太郎には恐るべき戦闘力が残っていたのです。太郎はたけしから服を奪い、まっぱ状態から脱出します。

玄奘と太郎が街に入ると、女とも見まがうほどの美しい容姿を持つ龍翔という男が微笑みの教えを説き、人々から歓声を受けていました。しかし、龍翔ら微笑み教の狙いは人々から寄付金をふんだくることで、実態は悪徳宗教に過ぎませんでした。布教活動の一方で、龍翔は山田太郎に多額の懸賞金をかけ、その行方を必死に追っていました。

同じ頃、玄奘は街のラーメン屋店主の体臭の悩みを法力で解決させたことをきっかけに、街の人々の悩みを一手に引き受けていました。暇になった太郎は一人酒場へ。そこで太郎は自分が指名手配になっていることに気づきます。妖気を吸われる前の自分の似顔絵がそこら中に貼られていたのです。各地から集まった懸賞金目当てのゴロツキを前に、自分こそが指名手配犯だと主張する太郎。しかし、顔があまりにも違うことから誰一人その言葉を信じようとはしませんでした。

【転】- 珍遊記のあらすじ3

太郎が必死に説明した結果、ようやく目の前にいる若者が指名手配犯であると知ったゴロツキたちは一斉に太郎に襲い掛かって来ました。太郎は「必殺全裸拳」でゴロツキたちを打ち倒し全裸にしていきます。最後に残った一人から服を奪った太郎は、たけしの服をたたんでその場に置いていくのでした。その後、その服はたけしの元に無事返りました。

その頃、龍翔は謎の僧侶が人々の悩みを解決しているという噂を聞きつけ、側近たちとともに玄奘のいるラーメン屋に押しかけていました。龍翔は玄奘を懲らしめようと考えていましたが、玄奘のかわいらしい容姿に一目惚れしてしまいます。その夜、龍翔は玄奘との恋愛を妄想し一人二役で恋ドラマを演じていました。そこに側近の奈落が報告に現れます。酒場のゴロツキの証言で、山田太郎がこの街にいることがわかったといいます。龍翔は恨みを晴らすべく早速太郎に決闘状をしたためるのでした。

翌朝、太郎は謎の西洋風紳士から決闘状を受け取ります。それに従い太郎は街外れの洞窟に向かいますが、そこにいたのは酔っ払いのおやじでした。太郎は決闘の相手と勘違いし、おやじと格闘を開始。両者は互角に戦い、結局決着はつかずおやじは静かにその場を去って行きました。出鼻をくじかれた龍翔はなんとか華々しく太郎の前に登場しますが、太郎は龍翔が何者かまったく思い出せません。太郎に自分を思い出させるため、龍翔が付け鼻を外すとそこには豚の鼻が。その昔、龍翔は彼女ができて浮かれていたところ鬼時代の太郎と出会いおなら攻撃を受けてしまっていました。その結果、鼻はひんまがり豚の鼻と化し、彼女にもフラれてしまったのです。ところが、龍翔がつらい過去を告白する横で、太郎は龍翔の豚鼻を見て笑い転げています。龍翔はこの隙をついて太郎を倒そうとしますが、実力差は圧倒的で返り討ちにあってしまうのでした。

【結】- 珍遊記のあらすじ4

重傷を負った龍翔は突然玄奘への告白を決断します。ところが、玄奘はそっけなく龍翔をふってしまいます。太郎とともに天竺へ旅をしていることがその理由でした。龍翔はさらに太郎への恨みを深くし、筋肉ムキムキのアメリカ人風の男3人組を呼び出します。男たちは早速街を出る玄奘と太郎を襲撃。玄奘たちはなんとかロケットランチャーをかわすと、目の前には龍翔が立ちふさがっていました。自分たちが龍翔に狙われることに困惑する玄奘と太郎。太郎はいまだに龍翔を思い出すことができず、玄奘は龍翔をふったことが原因と勘違いしていました。玄奘は龍翔に非暴力を訴え綺麗事を並べますが、その言葉に龍翔の側近の奈落が激怒し、玄奘の坊主頭を指差して「ツルッぱげ」と叫びます。この心無い言葉に玄奘はひどく怒り、法力の術を次々と龍翔たちに放っていきます。

しかし、その最中足を負傷し玄奘はたちまち窮地に。そこで玄奘は金の輪を太郎から外し自由にする慈悲心を見せ、太郎に自発的に助けてもらおうとしますが、太郎は言葉通りに逃げようとしていました。しかし、玄奘からの懇願を受け、太郎は必殺技「クリフハンガー」を発動。筋肉ムキムキ男たちははるかかなたに飛ばされていきました。男たちは落下地点で太郎のじじいとばばあに拾われその後幸せに暮らしました。筋肉ムキムキ男たちを失い、龍翔は悪あがきしようとしますが、玄奘の言葉であっけなく断念。静かに退散していくのでした。

太郎は「かっこいい」と言って一度は外した金の輪を自分の手で装着。玄奘との天竺への旅を再開させようとすると、そこに門番のたけしが現れました。たけしは諸々のお礼に虎柄のマントを太郎にプレゼントします。太郎がマントを羽織ると、再び目の前にあの酔っ払いおやじが現れました。その正体は、たけしの父親であり、史上最強の武闘家の中村泰造だったのです。二人は決着をつけるべく、再び格闘を開始。しかし、結果は太郎の敗北に終わります。玄奘とたけしは呆然としながら、全裸でうつ伏せに倒れる太郎の姿を眺めていました。

関連する映画

コメディ映画

みんなの感想

ライターの感想

四頭身ほどしかない山田太郎をモデル出身の松山ケンイチが、おバカキャラの玄奘をかわいらしい印象の強い倉科カナが演じるなど、原作のキャラから素直に連想されない配役がおもしろいと思いました。また、必殺技使用時のド派手な演出からは映画なりの独自色が感じられます。登場するキャラクターが全体的に我が強く個性的でとても騒がしい物語なのですが、それを引き締めてくれるのが映画オリジナルキャラクターの龍翔です。龍翔が主役二人のボケに対する突っ込み役となることで、物語に程よいテンポ感が生まれていました。また、映画オリジナルということもあり、龍翔というキャラクターに溝端淳平がたいへんうまくはまっています。主役二人は原作とのギャップがどうしてもぬぐえないのに対して、龍翔には見ていて安心するものがありました。やはりボケには安定した突っ込みが必要であることが実感されました。

映画の感想を投稿する

映画「珍遊記」の商品はこちら