映画:男はソレを我慢できない

「男はソレを我慢できない」のネタバレあらすじと結末

コメディ映画

男はソレを我慢できないの紹介:2006年公開の日本映画。下北沢を舞台に、町を揺るがすソープランド建設計画に立ち向かう、中年DJとその仲間たちの姿をオフビートなタッチで描き出す。竹中直人が中年DJとして活躍。

あらすじ動画

男はソレを我慢できないの主な出演者

DJタイガー(竹中直人)、さつき(鈴木京香)、チェリー(小池栄子)、おいちゃん(ベンガル)、おばちゃん(清水ミチコ)、住職(高橋幸宏)、チャーリー鮫島(高橋克実)、茄子おやじ(温水洋一)、隆史(大森南朋)、金閣寺大造(斉木しげる)、ヒルズ(緋田康人)、ベイビー(ワタナベイビー)、タツヤ(中村達也)、ヒトエ(HITOE)、赤パン(田中卓志)、健ちゃん(木村公一)、HA★GY(安斎肇)、ママ(野宮真貴)、大ママ(岸野雄一)、シンガー(小島麻由美)、TENGドールズ(東京キャ☆バニー)

男はソレを我慢できないのネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①DJタイガーが7年ぶりに戻ってきた下北沢に、ソープランド建設計画が浮上。タイガーの幼馴染・さつきに頼まれてDJタイガーは計画を阻止しようとするが、懐柔されてしまう。男はソープ、女はホストにごまかされる。 ②社長たち店側の正体は天狗で、下北沢の住民のパワーを奪い世界征服するのが目的。歌で勝負してさつきが勝利、天狗は封印され下北沢に平和が戻った。

【起】- 男はソレを我慢できないのあらすじ1

男はソレを我慢できないのシーン1 (この映画は『男はつらいよ』のパロディです。
知らなくても十分理解できますが、『男はつらいよ』の世界観を知っていれば、より一層楽しめる仕上がりとなっています)


〔2016年 下北沢・眞龍寺〕

眞龍寺の住職が小学生の少年たちに、「天狗は本当にいたんじゃよ」と話し始めます…。


〔2006年・夏 下北沢駅(小田急線)〕

全国をめぐり、DJ修行の旅に出ていた服部大河ことDJタイガー(TIGER)が、東京都世田谷区にある下北沢駅に降り立ちました。ラッパーな感じの恰好をし、肩にダブルラジカセを担いでいます。
DJタイガーは実に7年ぶりに、実家の饅頭屋『うさや』へ顔を出しました。


・DJタイガー…スキンヘッドの男性。『男はつらいよ』では「寅次郎」的な役割の主人公。
・服部弁軽(べんがる)…『男はつらいよ』では「おいちゃん」的存在の、主人公の叔父。
・服部ミチヨ…『男はつらいよ』では「おばちゃん」的存在の、主人公の叔母。
・服部ちえり…通称:チェリー、『男はつらいよ』で「さくら」的存在。主人公の妹。

・大山さつき…主人公の幼馴染の女性。離婚して下北沢に戻り、喫茶店『大山茶苑』を経営している。ヒロイン。
・鮫島千有(さめじま ちあり)…通称:チャーリー。主人公のハゲ仲間。古着屋を経営している。
・なすおやじ…主人公のハゲ仲間。カレー屋をしている。
・渡辺大覧(ディラン)…通称:ベイビー。主人公の舎弟。『男はつらいよ』では源公的な存在。
・住職…眞龍寺の住職。『男はつらいよ』の御前様的な存在。
・たかし…古本屋『古書ビビビ』の店員。

・金閣寺大造…ソープランド建設計画の首謀者。通称:社長。
・丘比留男(おか ひるお)…ソープランド建設計画を、下北沢に持ち込んだ人物。通称:ヒルズ。
・タツヤ…金子ボクシングジムに通う若者。チェリーが思いを寄せる青年。

【承】- 男はソレを我慢できないのあらすじ2

男はソレを我慢できないのシーン2 『うさや』を切り盛りしている、おいちゃんとおばちゃん、妹のチェリーと、DJタイガーは再会を喜びました。
店の前を通りかかったチャーリーとカツラ談義をしたDJタイガーは、商店街の仲間とも会います。
なすおやじ、ベイビーなどとDJタイガーが話をしていると、『うさや』の店先に、幼馴染の女性・大山さつきが顔を出しました。
さつきは離婚をし、下北沢に戻って喫茶店『大山茶苑』を経営していると、DJタイガーに話をします。
美しいさつきが独身になったと知り、DJタイガーは喜びます。


〔そしてその翌日…〕

DJタイガーは、さつきの喫茶店へ顔を出しました。
店には、さつき目当ての男性がたくさん押し掛けています。
さつきの気を惹きたいDJタイガーは、その日から連日、さつきの喫茶店に通い詰めました。

おりしも下北沢では、ある変化が起きているところでした。
LADYというオカマバーの店の場所を、丘比留男、通称:ヒルズが交渉して、買い取っていたのです。
ヒルズは、その場所に巨大ソープランドを建設する計画を立てていました。

契約も済んで、土地の名義変更がなされます。
下北沢のその一角は、金閣寺大造、通称:社長の名義になりました。
そこに巨大ソープランドが建設されるという情報が、下北沢の住民の耳にも入ります。

それを知ったさつきは、下北沢にソープランドができるのを嫌います。
「ソープは困る。不潔だわ」
さつきがそう言うのを聞いたDJタイガーは、点数を稼ぐために「シモキタを悪の手から救います」と安請け合いしました。
DJタイガーは仲間と共に、ソープランドの説明会に乗り込みます。

【転】- 男はソレを我慢できないのあらすじ3

男はソレを我慢できないのシーン3 〔ソープ・グッチョーネ説明会会場〕

会場はすごくゴージャスな場所で、DJタイガーたちは少しおじけづきながら入ります。
金閣寺大造、通称:社長は、説明会に集まった男性たちに、「体験会」と称して接待を行ないました。
ソープの体験会に、DJタイガーはじめ男たちはみんな、満足して骨抜きにされて帰ります。

男連中がうまく懐柔されたのを知ったおばちゃん、チェリーは、情けないと嘆きました。
さつきもDJタイガーの気持ちが変わったのかと思い、落胆します。

チェリーは、思いを寄せる相手・タツヤに声をかけますが、タツヤはつれない男です。
硬派なタツヤは、他の男連中と異なり、ソープ体験会の誘惑にも惑わされていませんでした。
チェリーはタツヤに思いを募らせます。


〔数日後〕

チェリーがうまくさつきに説明し、DJタイガーはさつきと和解します。
チェリーが兄・DJタイガーとさつきとの仲をとりもったのには、理由がありました。
さつきがタツヤと親しげにしていたからです。
和解させたものの、DJタイガーはさつきとまだ進展がありません。
その後も男連中は相変わらず、ソープランドの社長の接待に、いいようにされていました。

怒った女性連、おばちゃん、チェリー、さつき、ひとえの4人が、社長のところへ抗議に出向きます。
社長は…なんとおばちゃんの、中学時代の同級生でした。そしておばちゃんは、社長にあこがれていました。
おばちゃんは社長にころっと騙されます。
さらにチェリーやひとえは、ホストクラブの接待を受けました。
陽生、優火、涼、マックス矢島、ハジーなど、いろんな種類の男性を出し、おばちゃんたちをもてなします。
チェリーたちも喜びますが、さつきだけは接待に動じませんでした。

【結】- 男はソレを我慢できないのあらすじ4

男はソレを我慢できないのシーン2 こうして、下北沢の男連中はソープランドに、女性連はホストクラブに夢中になります。
しかしある日、DJタイガーはとんでもない秘密を知ることになりました。

ソープランドに忘れたカツラを取りに行ったDJタイガーは、社長やヒルズたちの内緒話を、耳にします。
社長たち店の側の人間は、男女の別なく、正体は「天狗」だったのです。
彼らは下北沢の住民たちのパワーを吸い取ることで、神通力を増していました。
天狗が狙っているのは「世界征服」です。

それを知ったDJタイガーは、仲間たちに正気に戻るよう呼びかけました。
しかし町はすでに天狗色に染まっており、仲間たちも天狗の陥穽に落ちています。

考えたDJタイガーは、社長のところへ乗り込むと、歌で勝負をしろと言いました。
社長もDJタイガーの要求を呑みます。

DJタイガーが『おんな占い』を歌うと、社長は『達者でナ』で応じます。
『銃爪』のDJタイガーに社長は『新宿(下北)そだち』で返し、壮絶なバトルを展開します。
双方ともに勝負がつかず、バトルは熾烈をきわめました。

そのとき、さつきが『STARDUST』を歌います。
さつきの菩薩のごとき歌声で、天狗も改心しました。
眞龍寺のお札で天狗を封印して、下北沢の街に平和が戻ります。

平和になった街で、DJタイガーがなすおやじのカレー屋でしゃべっていると、テイ・トウワがやってきました。
DJタイガーはそれまで「テイ・トウワの兄貴分」と威張っていましたが、テイ・トウワはDJタイガーの顔など知らない様子で、カレー屋のトイレを借ります。


その後、DJタイガーはDJ修行の旅に出ると言い、下北沢を去りました。
おいちゃん、おばちゃん、チェリー、さつきも見送ります。


(エンド後)

〔2016年 下北沢・眞龍寺〕

眞龍寺で天狗が下働きさせられています。
天狗は「このままで終わると思うなよ!」と怒っていました。
「TENGU never die!!」の文字。

(基本的にはストーリーは、あってないようなもの。
下北沢の街を映像として残すために、ロケを敢行しているが、ストーリーは…実はうすっぺらい…。
どちらかというと、ミュージカルではないものの、歌や曲メインの作品)

みんなの感想

ライターの感想

…まさか…『男はつらいよ』のパロディだったなんて…(苦笑)。
そういうわけなので、トラさんワールドを知っていれば、面白く見られます。
知らなくても支障はなし。
下北沢の街並みを楽しむ映画であって、ストーリーは本当に薄っぺらい。
ウィキにあるとおり「音楽」「演劇」「映画」ファッション」って感じかな。とにかく、内容的にはあまり面白くない。
キャストは豪華。好きな俳優がいるなら、見てもいいかも。

映画の感想を投稿する

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

映画「男はソレを我慢できない」の商品はこちら