映画:神様の思し召し

「神様の思し召し」のネタバレあらすじと結末

神様の思し召しの紹介:見えるものしか信じないエリート医師と、見えないものを信じる前科者のカリスマ神父。医師の息子を通して出会った2人は激しく対立するのだが…。信仰に対する思考や人生の迷いを、陽気でハートフルに綴った人生賛歌。
2015年のイタリア映画。脚本家のエドワルド・ファルコーネの初監督作にして、伊のアカデミー賞にあたるダヴィッド・ディ・ドナテッロでは新人監督賞、東京国際映画祭では観客賞に輝いた。

あらすじ動画

神様の思し召しの主な出演者

トンマーゾ(マルコ・ジャリーニ)、ピエトロ(アレッサンドロ・ガスマン)、カルラ(ラウラ・モランテ)

神様の思し召しのネタバレあらすじ

【起】- 神様の思し召しのあらすじ1

天才的な技術を持つものの、毒舌でわがままな心臓外科医のトンマーゾ。手術が成功し“奇跡”と涙する患者家族に「私の力」と豪語してしまう傲慢な性格です。彼は家庭も顧みず、妻・カルラは淋しさを解消するようにボランティアにのめり込む日々。成績が良くなかった娘・ビアンカは、垢抜けない男・ジャンニと結婚し、医学生の優秀な息子・アンドレアが医師になることだけがトンマーゾの希望です。しかしアンドレアが男友達とばかり出かけているため、トンマーゾは息子がゲイではないかと疑っていました。

ある日アンドレアが話があると言い出したので、トンマーゾは“ゲイの告白”と家族に腹を据えさせます。ところがアンドレは「神学校に入学し、聖職者になる」と予想もしなかった発言をし、家族は唖然としました。表向きはよき理解者を演じるトンマーゾは、「お前が幸せなら私も幸せ」とアンドレアには答えてみせますが、神など存在しないと陰で怒りを爆発させました。
カルラはトンマーゾに頼まれアンドレアを説得しようとしますが、「目標のない母さんは気の毒だ」と図星を指摘され、落胆します。単純なビアンカは福音書を読み始めたものの理解できず、映画で勉強を始め、どんどんキリスト教にはまっていきました。

【承】- 神様の思し召しのあらすじ2

友人もいないトンマーゾは、これまで散々蔑んできたジャンニに相談し、アンドレアが通う教会へ2人で潜入することにします。その夜カルラは虚しい胸のうちをトンマーゾに打ち明けようとしますが、そんな彼女の気持ちも知らず、トンマーゾは教会へ向かいました。
教会はアンドレアのような若者を中心とする信者でいっぱいで、彼らはカジュアルな雰囲気と説教が人気のピエトロ神父の言葉に熱心に耳を傾けていました。

先日のトンマーゾの態度にキレたカルラは、使用人の部屋に籠って家庭内別居を始めました。それでもトンマーゾは、アンドレアがピエトロに洗脳されていると睨み、ジャンニの知人にピエトロの身辺調査を依頼します。しかし知人が役に立たないので、トンマーゾは自身が頼んだ探偵から、ピエトロに窃盗や重大詐欺の犯歴があるとの情報を得ました。刑務所で神父に感化されたピエトロは出所後に神父となり、今では潔白とのこと…。

アンドレアが召命研修のため2週間家を開けることになり、一旦医学を離れると家族に告白します。トンマーゾは反対しようとしますが、表向きの顔をしてきたのが災いし、アンドレアに賛成していると思い込まれて反対できません。トンマーゾはアンドレアの留守の間に、ピエトロの化けの皮を剥ごうと躍起となりました。

【転】- 神様の思し召しのあらすじ3

トンマーゾはピエトロの信者のふりをし、無職で貧乏で家族も問題ばかりと偽って彼に近づきます。親身になったピエトロは、翌日古びた教会へトンマーゾを呼び出しました。そこは昔ピエトロの母が通った教会で、ピエトロは自らの意思で修繕作業をしていました。トンマーゾはどうにかピエトロの綻びを出させようとしますが、なかなかうまくいきません。

ある時執刀直前にピエトロから連絡を貰ったトンマーゾは、彼が犯行を犯すと直感が働き、手術を後輩に任せて現場へ向かいます。ところが行ってみると、ピエトロが知人に頼んだというピザ屋のバイトでした。バイトを勝手に投げ出したトンマーゾは家族から連絡があったと嘘をつくと、その家族と会って話を聞くとピエトロが言い出します。
困ったトンマーゾはジャンニの知人のみすぼらしい部屋を借り、ジャンニや部下の女性に家族役を演じてもらい、何とかその場を切り抜けます。その日はアンドレアが戻ってくる日で、帰宅したトンマーゾは息子と再会しますが、なんと家にはアンドレアが呼んだピエトロがいました。あっさりと嘘がばれたトンマーゾは、悪行を秘密にしてもらう代わりに、教会の修繕を1か月間手伝う契約をピエトロと交わします。

かつて学生運動をしていたカルラは憂さを晴らすように、現役の学生に交じってデモに参加し負傷しました。怪我を負ってでもカルラはトンマーゾを撥ねつけます。それでもカルラの気持ちを推し量れないトンマーゾにビアンカまでもが、優秀ではない自分がくず扱いをされたと、積年の恨みをぶちまけました。

【結】- 神様の思し召しのあらすじ4

孤独を感じたトンマーゾは思わずピエトロに愚痴をこぼすと、ピエトロは自身が落ち込んだ時に来るという美しい景色の丘へ連れ出します。その場所でピエトロは犯歴があることを告白し、未だ神を信じないトンマーゾに、神は風や雲となって存在し、丘から見える梨の実が落ちるのも神の仕業だと説きました。ピエトロのもとへ通い始めてから少しずつ柔和になっていったトンマーゾは、いつしか慈善の心が芽生え、家族にも愛情を持って接するようになりました。

あっという間に1か月が経過し、ピエトロはトンマーゾに自分の考えを息子に正直に話せと助言し、契約は終了します。
しかしトンマーゾが帰宅すると、アンドレアから驚きの告白をされます。聖職者は自分の道ではないと研修後に気付き、ピエトロには自宅に招いた際に既に伝えていたというのです。ピエトロの思惑にまんまと引っかかったトンマーゾは、思わず“やられた!”と思うのでした。

トンマーゾが夜勤のため出勤すると、バイク事故に遭ったピエトロが緊急搬送されてきます。症状は重く手術を担当する脳外科医は、“奇跡が必要”と断言しました。病院にはたくさんの信者も駆けつけています。トンマーゾは手術を脳外科医に託して1人教会へ向かうと、やり残していた修繕を祈るように黙々と行いました。
早朝、トンマーゾはあの丘に来ていました。ピエトロから聞いたようにただただ景色を眺めていると、神の存在を知らせるかのごとく、梨の実がぽとりと落ちるのでした。

みんなの感想

ライターの感想

軽妙な展開がとても心地よく、クリスチャンでなければ難しいようなシーンも笑いとばせました。リズミカルな劇中の音楽も物語に非常にマッチしていました。
トンマーゾの心変わりが驚くほど早いのですが、全体のコミカルさとテンポの良さによって、違和感を覚えさせません。上映時間もコンパクトで、ギュッと濃い内容を詰め込んだよい作品でした。

映画の感想を投稿する

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

映画「神様の思し召し」の商品はこちら