映画:空飛ぶペンギン

「空飛ぶペンギン」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

コメディ映画

トム・ポッパーはマンハッタンで不動産会社に勤務するエリートセールスマンだ。 その日もビルの売買交渉を進めていたトムだったが、オーナーが契約を断わろうとしたところを助手のピッピ・ペポノポリスと組んだ劇的な演出で一転させ契約を結んだ。 やり手のトムのことは社の3人の重役たちも認めるところではあったが、4人目の重役に座りたがるトムに、もう一つ買収したい物件があると持ち掛けた。 セントラルパークの中でそこだけが個人の私有地となっている“タバーン・オン・ザ・グリーン”という老舗レストラン。 その名を聞いてトムは一瞬固まった。幼いころ父親が良く連れてきてくれた店だったからだ。 重役たちは古い店を買収し、解体・再開発させようというのだったが、オーナーはセルマ・ヴァン・ガンディという堅物だった。 そんなトムに海外で亡くなった父親から6匹のペンギンが届いたことから・・・。

あらすじ動画

空飛ぶペンギンの主な出演者

• トム・ポッパー:ジム・キャリー • アマンダ・ポッパー:カーラ・グギノ • ジェイニー・ポッパー:マデリン・キャロル • ビリー・ポッパー:マックスウェル・ペリー・コットン • ピッピ・ペポノポリス:オフィリア・ラヴィボンド • セルマ・ヴァン・ガンディ:アンジェラ・ランズベリー • ナット・ジョーンズ:クラーク・グレッグ • フランクリン:フィリップ・ベイカー・ホール • ケント:デヴィッド・クラムホルツ • リック:ジェームズ・タッパー • グレムミンズ:ジェフリー・タンバー

空飛ぶペンギンのネタバレあらすじ

【起】– 空飛ぶペンギンのあらすじ1

空飛ぶペンギンのシーン1

画像引用元:YouTube / 空飛ぶペンギントレーラー映像

トム・ポッパーはマンハッタンで不動産会社に勤務するエリートセールスマンだ。

その日もビルの売買交渉を進めていたトムだったが、オーナーが契約を断わろうとしたところを助手のピッピ・ペポノポリスと組んだ劇的な演出で一転させ契約を結んだ。

やり手のトムのことは3人の重役たちも認めるところではあったが、4人目の重役に座りたがるトムに、もう一つ買収したい物件があると持ち掛けた。

セントラルパークの中でそこだけが個人の私有地となっている“タバーン・オン・ザ・グリーン”という老舗レストラン。

その名を聞いてトムは一瞬固まった。

古い店を買収し、解体・再開発させようというのだったが、オーナーはセルマ・ヴァン・ガンディという堅物だった。

トムは、それくらい朝飯前ですよとその仕事を引き受けた。

トムは妻・アマンダと離婚して娘のジェイニーと息子のビリーとは離れて暮らしている。

週末を子どもたちと過ごすためにアマンダの家を訪ねてきたトムは、アマンダのボーイフレンド・リックから心の傷を心配され熱いハグを受けた。

アマンダからリックの仕事はリサイクル業だと説明されたトムは、自分もそうだという。

なにしろ古いビルを新しくする仕事だから。

ジェイニーは、今週はトムと行きたくないとふてくされていた。

アマンダから説得できるかと聞かれたトムは、もちろんと答え、ビリーの耳元に顔を近づけジェイニーの今の状態を確認する。

ビリーは、ジェイニーは今“今にも爆発しそうな43キロのプラスチック爆弾で、導火線の切り方をドジると爆発する”状態にありトムに「爆弾処理班出動せよ」とけしかけた。

何でも話してくれと歩み寄ったトムにジェイニーは、好きな人ができたが相手が自分を好きになってくれないと打ち明けた。

トムはアドバイスしようとしたが導火線の処理に失敗してしまい、激怒したジェイニーは部屋から出て行った。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「空飛ぶペンギン」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×