映画:笑う招き猫

「笑う招き猫」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

コメディ映画

【転】– 笑う招き猫のあらすじ3

笑う招き猫のシーン3

画像引用元:YouTube / 笑う招き猫トレーラー映像

舞台では永吉に褒められることも増え、寒い海でのロケをこなしていたアカコとヒトミは永吉から珍しく焼肉をおごってもらい、「きんぴら」の単独ライブにシークレットゲストとして出演しないかという話しをもらいます。

以前にひと悶着あった2組ですが、きんぴらは彼女たちを渋々受け入れ、いよいよライブが始まります。

最初にきんぴらが登場し、漫才を披露する予定になっていましたが、久しぶりの漫才ということもあり金田はネタを飛ばしてしまい、焦ってしまいます。

さらに客席から聞こえてきた携帯の着信音で完全に気持ちが切れてしまった金田は、客に向かって怒りはじめ、勝手に舞台から去ってしまうのでした。

舞台上に誰もいなくなってしまったことで客席は騒然となり、永吉は急遽アカコとヒトミに代わりを託します。

突然の出番に戸惑う2人でしたが、時間とお金を使って来てくれているお客さんを裏切れないと覚悟を決め、きんぴらの代わりに漫才を披露するのでした。

頭を冷やした金田は、平田とともに永吉や出番終わりのアカコとヒトミに頭を下げます。

アカコたちは冗談を言いながら金田らの背中を押し、舞台に復帰させると、きんぴらはお客さんの前で謝りながら単独ライブを再開させるのでした。

ヒトミが元カレのもとで寝ていると、永吉の父親が倒れたことで永吉が実家に帰ったということを告げられます。

永吉の父は前々から体調を崩しており、永吉はアカコとヒトミのマネージメントをしながら実家のことを気にかけていたのでした。

永吉を追いかけようとするヒトミでしたが、社長からはリンゴ農家の長男である永吉が相当の覚悟を持って実家に戻ったことを伝えられてしまいます。

それでも追いかけるヒトミでしたが、すでに新幹線は出発し、追いかけていたアカコに止められるのでした。

アカコとヒトミはバッティングセンターへ行き永吉のことについて話します。

出会った頃のことや自分たちのこれからのことを話しているうちにアカコとヒトミは言い争いになってしまいます。

コンビとしての将来の話しから、お互いの境遇の話し、ヒトミが元カレとよりを戻したことでお笑いに影響しているのではないかとアカコはなじり、ヒトミは金銭的に恵まれた境遇のアカコとつかみ合いの喧嘩になります。

ヒトミがアルバイトをせずに済むようにと辛いテレビの仕事をこなしていたアカコは怒りをぶつけ、解散だと言い放ちその場を去っていくのでした。

次のページで結末を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「笑う招き猫」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ

×