映画:綱引いちゃった!

「綱引いちゃった!」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

コメディ映画

綱引いちゃった!の紹介:大分県の女性綱引きチームを題材にしたコメディ作品で、水田伸生監督によって2012年に公開された作品です。主演は井上真央がつとめ、町おこしに奔走する市役所職員と、ひょんなことから参加することになった綱引きチームのキャプテン役を演じています。主題歌にはDREAMS COME TRUEの「愛して笑ってうれしくて涙して」が起用されており、劇中でも印象的な曲として使われています。

あらすじ動画

綱引いちゃった!の主な出演者

西川千晶(井上真央)、熊田公雄(玉山鉄二)、西川容子(松坂慶子)、大林和枝(浅茅陽子)、中山絵美(西田尚美)、藤代美香(渡辺直美)、姫野かおる(犬山イヌコ)、吉田沙織(中鉢明子)、伊藤麗子(ソニン)、花宮健一郎(風間杜夫)、藤代直正(笹野高史)、大林ミツル(石丸謙二郎)、阿南春樹(石塚英彦)、市長の秘書(佐藤二朗)、広報課職員(木南晴夏)、広報課課長(野間口徹)

綱引いちゃった!のネタバレあらすじ

【起】– 綱引いちゃった!のあらすじ1

綱引いちゃった!のシーン1

画像引用元:YouTube / 綱引いちゃった!トレーラー映像

大分市役所広報課に勤める西川千晶は大分のPRを行うために体を張って奮闘していました。

しかしその甲斐もなく効果の見込めないPRに業を煮やし、市長である花宮はかつて強豪として世界大会でも優勝したことのある女性綱引きチームを復活させることを提案するのでした。

早速メンバー集めに取り掛かる千晶でしたが、綱引きをやりたいという女性はなかなか見当たりません。

一方で、町の給食センターが廃止されるという話しを聞きつけ、そこで働く女性たちが市役所に集まり反対運動を起こしていました。

そこには千晶の母である容子の姿もあり、彼女たちは地元の給食センターが次々に閉鎖されていくのを見て、自分たちの職が奪われてしまうのではと危惧していたのでした。

市のPRに悩んでいた千晶は、給食センターで働く女性たちを中心に綱引きチームを結成することを思い立ち、彼女たちが綱引き大会で県代表になることができれば給食センターの廃止を見直すという条件を取り付けます。

説明会を開いた千晶は綱引き大会で最強を誇った女性綱引きチームの映像を流して勧誘しますが、結局残ったのは容子たち7人だけでした。

綱引き競技は1チーム8人で行なうため、千晶は半ば強制的にチームへ加入することとなり、しいたけ農家を営み男子綱引きチームのメンバーでもある熊田公雄をコーチに迎えて彼女たちの練習が始まります。

千晶と容子以外のメンバーには大食いで巨漢の藤代美香、夫を交通事故で亡くした中山絵美、夫が失業中という大林和枝、ペットショップの店員に片思いをしている伊藤麗子、競輪が大好きな姫野かおる、ヘビースモーカーの吉田沙織という個性的なメンバーが集まっていました。

彼らは公雄の指導のもと現在の体力を測り、綱引きに必要な筋肉や体力トレーニングについて指導をします。

メンバーの体重を測定した公雄はチーム全体の体重が制限よりも下回っていることを踏まえて、メンバーに筋肉を増やしたうえで太ることを命じるのでした。

給食センターの女性たちは独身の公雄からの指導にまんざらでもない様子でしたが、公雄は初めて会ったときから千晶に思いを寄せていました。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「綱引いちゃった!」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×