映画:老後の資金がありません

「老後の資金がありません」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

コメディ映画

普通の主婦が、夫の姑がやってきたことで勝手に老後資金を投資し、ヨガ、オレオレ詐欺、住宅ローンなどの金銭的困難に巻き込まれていくハートフルコメディ、主演は天海祐希、共演は草笛光子。原作は垣谷美雨、前田哲監督作品、115分。

あらすじ動画

老後の資金がありませんの主な出演者

後藤篤子:天海祐希 後藤章:松重豊 後藤まゆみ:新川優愛 後藤勇人:瀬戸利樹 松平琢磨:加藤諒 神田サツキ:柴田理恵 後藤芳乃:草笛光子

老後の資金がありませんのネタバレあらすじ

【起】– 老後の資金がありませんのあらすじ1

老後の資金がありませんのシーン1

画像引用元:YouTube / 老後の資金がありませんトレーラー映像

50代の普通の主婦、後藤篤子は貯金が好きな女であった。

日々節約し、昼間は家電量販店で働きながら、給料から少しずつ貯金をためていく。

彼女の目的なのんびりした夫の章と、老後穏やかな生活を送るための資金をつくるためであった。

しかも目出度いことに長女まゆみの結婚も決まり、二人は式についてリビングで話し合っていた。まゆみは働いてはいるものの、ヘヴィメタル系バンドマンに夢中で彼氏の松平琢磨を、突然家に連れてきて

「パパ、ママ!あたし、この人と結婚するから!」

と宣言した。しかし相手は派手髪にピアスをつけている現代風の…悪く言えば軟派な青年だった。

まゆみの言動に、あんぐり口を開け驚愕する後藤夫婦。

今ではすっかり家族婚や地味婚という慎ましやかな結婚式が流行る中、まゆみの理想は600万円の大金を注ぎ込み、派手に派手を重ねた派手婚を希望していた。

そんな大金、どこにあるのよ!と篤子はまゆみに尋ねると甘えたようにまゆみは

「家からも、出してくれてもいいよね…?どうせお祝儀でお金は少しは戻ってくるし。何より娘の結婚式でしょ?」

と言ってきた、その横では婚約者?の琢磨はへらへらと笑うばかりで、特に何も話もしない。篤子はそれを見てますますイライラ。

しかし章は膝をぽんと叩き

「よし、せっかくだから出そう!」

と勝手に決断。彼は見栄っ張りな性格なので半分の300万円は家から出そう!と宣言してしまう。

篤子の節約生活は、こうして少し乱れが見えてきた。

まゆみのことを友人のフラワーアレンジメント仲間で、夫とパン屋を経営する神田サツキに相談すると

「あら、うちの長男は地味婚を予定してるの」

「家からはいくらくらい工面するの?」

思わず会話にくいつく篤子。

「うーん、30万円くらいかな?」

それを聞いて歯軋りするぐらい、悔しさを滲ませる篤子。世の中は確かにその流れなのに、なんでうちの子はバブリーな式を挙げようとするのか…!

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「老後の資金がありません」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×