映画:舞妓Haaaan!!!

「舞妓Haaaan!!!」のネタバレあらすじと結末

コメディ映画

舞妓Haaaan!!!の紹介:2007年公開の日本映画。人気脚本家・宮藤官九郎が、舞妓をテーマに書き下ろしたハイテンション・コメディ。舞妓に憧れるサラリーマンが舞妓と野球拳をしたいがために、ひたすら夢を追い求める破天荒なストーリー。

あらすじ動画

舞妓Haaaan!!!の主な出演者

鬼塚公彦(阿部サダヲ)、内藤貴一郎(堤真一)、大沢富士子(柴咲コウ)、駒子(小出早織)、小梅(京野ことみ)、豆福(酒井若菜)、良江(キムラ緑子)、医師(北村一輝)、こまつ(真矢みき)、さつき(吉行和子)、社長・鈴木大海(伊東四朗)、先崎部長(生瀬勝久)、斎藤(植木等)

舞妓Haaaan!!!のネタバレあらすじ

【起】– 舞妓Haaaan!!!のあらすじ1

東京に本社を構える食品会社・鈴屋食品に勤務する鬼塚は、熱狂的なまでの舞妓ファンでした。

鬼塚が舞妓好きになったのは高校の時でした。修学旅行で京都を訪れた鬼塚は、自由行動の時に迷子になってしまいます。その際に舞妓・小梅に優しく声をかけてもらった鬼塚は、その美しさにめろめろになり、以来ずっと舞妓のことしか考えられなくなったのでした。

鬼塚の舞妓狂信ぶりは、自分で舞妓ホームページを作ってこまめに更新するくらいです。

そんな鬼塚に、京都支社への転勤の話が持ち上がりました。鬼塚は喜んで指令を受けます。

京都出身(と言いながら、本当は三重県出身)の恋人・富士子を躊躇なく捨てて、鬼塚は京都へ行きました。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4

「舞妓Haaaan!!!」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ