映画:花のお江戸の釣りバカ日誌

「花のお江戸の釣りバカ日誌」のネタバレあらすじと結末

花のお江戸の釣りバカ日誌の紹介:1998年公開の日本映画。釣りバカ日誌シリーズ第12作(特別編第2作)。現代の建設会社を描いたシリーズ本編とは違い、幕末の江戸と庄内藩を舞台として登場人物の先祖(ナレーションの説明では末裔)が物語を繰り広げ、終盤に現在の浜崎と鈴木のみ登場する。

あらすじ動画

花のお江戸の釣りバカ日誌の主な出演者

浜崎伝助〔浪人〕(西田敏行)、鈴木一之助〔庄内藩江戸家老〕(三國連太郎)、美津〔伝助の妹〕(酒井法子)、小浪〔奥女中〕(黒木瞳)、組頭〔浜崎の直属上司〕(中村梅雀)、数馬〔一之助の連れ〕(山田純大)、浪人(ミッキー・カーチス)、庄内藩家老(加藤武、竜雷太、鶴田忍、小野寺昭)、長屋の大家(谷啓)、庄内藩藩主(市川團十郎)、伝助のそっくりさん(上島竜兵)、ヤジを飛ばす町人(寺門ジモン、肥後克広)、敵打をする双子〔冒頭の寸劇シーン〕(三倉茉奈・三倉佳奈)、ナレーション(笹野高史)

花のお江戸の釣りバカ日誌のネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①幕末。庄内藩の家老・鈴木は、釣り好きの浪人・伝助と出会う。後日、伝助を藩に引き立てたところ、伝助は仕事ができないが人には好かれる男だった。 ②家老を解任された鈴木は、殿に会い復職。手柄を立てた伝助は、鈴木の許しを得て小浪と結婚。

【起】- 花のお江戸の釣りバカ日誌のあらすじ1

花のお江戸の釣りバカ日誌のシーン1 浜崎伝助(はまさき でんすけ)は、鈴木建設の万年ヒラ社員です。
仕事よりも、趣味の釣りを生き甲斐にしています。
妻のみち子との仲は良好で、愛妻家でした。
浜崎は人なつっこい性格なので、みんなから「ハマちゃん」と呼ばれ、愛されています。

ある日、ハマちゃんはひょんなことから、鈴木建設の社長・鈴木一之助と出会います。
社長の顔を知らなかったので、ハマちゃんは鈴木のことを「スーさん」と呼び、親しくなりました。
スーさんはハマちゃんに手ほどきを受け、釣りに夢中になります。
あとで社長だと判明しますが、そのころには「釣り」で師弟関係ができていました。
なので、釣りの世界では、スーさんとハマちゃんの立場は逆転します。

ハマちゃんは釣りが大好きで、とにかく釣り中心の生活を送ります。
ハマちゃんにとってのいちばんの苦痛は、「出世」です。
出世すると仕事の量も増えるので、万年ヒラ社員であることはパラダイスでした。
ハマちゃんは同僚にも好かれています…。
(映画『釣りバカ日誌』シリーズ参照)


(注:今作品は映画『釣りバカ日誌』の番外編です。
現代の建設会社を描いたシリーズ本編は、終盤にちらっと出てくるだけです。
今回の舞台は、ほとんど幕末の江戸を舞台にしています。)


浪人の浜崎伝助は、江戸のお堀で釣りをしていました。
伝助が釣りをしているお堀のそばで、子どもによる敵討ちが始まります。
白装束を着た少年たちが、親の仇を見つけて、詰め寄っていました。
敵討ちの相手は心なしか、伝助に少し似ています。

逃げ回った男が、伝助の近くへやってきました。
伝助も少年たちに、親の仇と間違えられかけます。
伝助は少年たちに釣りを勧めることにより、その場を収めました。
自分に似た男も救います…。


〔庄内藩 江戸屋敷〕

時代は幕末です。
緊縮財政の結果、サムライたちはみんな、苦しい生活をしていました。
生活が立ち行かない者たちは、浪人となって、伝助のようにのらりくらりと暮らしているものも多くいます。

【承】- 花のお江戸の釣りバカ日誌のあらすじ2

花のお江戸の釣りバカ日誌のシーン2 庄内藩の家老・鈴木一之助が家臣を集めて、藩でできる節約の方法の案を募ります。
家臣たちは頭をひねりますが、よい案は出ませんでした。そのまま解散します。
新たに採用する人手について聞かされた鈴木は、藩内で広く募り、縁故採用ではなく広い目で人材を探せと命じます。


浪人の伝助は、年ごろの妹・美津とともに、貧乏長屋に暮らしていました。
長屋の大家が、店賃を請求しにやってきます。
伝助たちは、長屋に住み始めて6年が経過していました。
大家は伝助に、早く職を得て働けと説教します。

鈴木はいつも夜遅くまで、仕事をしていました。
奥女中の小浪が、働きづめの鈴木を心配します。
夜遅くに仕事を終えた鈴木は、釣りをしに出掛けます。
見送る小浪に助言され、用心棒の数馬を同行しました。

釣り一式を持って出かけた鈴木は、釣り場で伝助と会います。
伝助が大きなクロダイを釣りあげるのを見て、鈴木は感嘆しました。
釣りの話で盛り上がり、鈴木と伝助は飲みに行きます。

飲んで帰る途中、伝助は人の気配を感じて鈴木を引き止めます。
ある屋敷のところに、侍がふたり潜んでいました。
鈴木も数馬も侍が見えませんが、釣りをして魚を数多く食べてきた伝助は夜目がきき、見えるのです。
刀を抜いた伝助は、刀を釣竿にして侍たちに向け、侍たちを川に落としました。
撃退した伝助は、図らずも鈴木を守った形になります。

伝助は鈴木と数馬を、家に連れて行きました。
ふたりをもてなした美津は、ひそかに数馬に惹かれます。

【転】- 花のお江戸の釣りバカ日誌のあらすじ3

花のお江戸の釣りバカ日誌のシーン3 庄内藩で士官の公募をした際に、伝助が面接にやってきました。
不況で職にあぶれた浪人が、江戸屋敷に集まっています。
何百人といる浪人のなかに伝助がいると気づいた鈴木は、面接をこっそり裏から見ました。
人に誇れるような特技がない伝助は、「夜目がきく」ことを面接官に言いますが、相手にされません。
しかし鈴木が裏から助言をし、採用させます。

喜んだ伝助は、藩から支給された支度金を持って、妹の待つ長屋へ帰宅しました。
美津だけでなく、大家も喜びます。

翌日、伝助は意気揚々と藩へ出かけていきました。
伝助は張り切って仕事を行ないますが、はっきり言って使い物になりません。
しかし伝助は同僚たちには好かれており、働きぶりはひどいものの、不思議と伝助を悪く言う者はありませんでした。

伝助が使えない人物だという報告があがってきますが、鈴木はなだめて伝助をそのまま雇い続けます。
鈴木もまた、伝助の人柄を気に入っているひとりでした。

その頃、仕事をさぼって釣りをしていた伝助は、奥女中の小浪に会います。
小浪は伝助をかばい、部屋に招きます。
それがきっかけで、伝助は小浪に惹かれました。


その後も鈴木は、市中で伝助と釣りに興じます。
鈴木は自分が家老であることを、隠したままでした。
伝助の話を聞いた鈴木は、伝助が小浪に思いを寄せていることを知ります。

鈴木と数馬は、また伝助の家に招かれて飲みに立ち寄ります。
数馬は外で待つのですが、そこへ美津が差し入れを持っていきました。
美津は数馬と話をし、距離を縮めます。

【結】- 花のお江戸の釣りバカ日誌のあらすじ4

花のお江戸の釣りバカ日誌のシーン2 鈴木は伝助に話を振り、庄内藩の江戸屋敷のことを聞きました。
すると伝助は、家老がうるさいと文句を言います。
その家老は自分のことであると言えず、鈴木は苦虫をかみつぶした顔をしました。


庄内藩の藩主に、鈴木は解任されました。忠兵衛の注進です。
鈴木は先進的な改革を進めており、かつて忠兵衛を贈賄罪で処分したことがあったのです。
忠兵衛がそれを逆恨みし、鈴木を解任させたのでした。
江戸屋敷から放免される鈴木を見て、伝助は初めて鈴木が家老だったと知りました。
伝助はおどろきます。

殿の意向を聞きたい鈴木は、故郷の庄内藩へ行くことにします。
数馬だけでなく、夜目のきく伝助に同行を頼んだ鈴木は、嫌がる伝助に釣りの話をして、気をひきます。
伝助が同行すると聞いて、小浪もいっしょに行くと言いました。


旅の道中、鈴木を暗殺の手から守ろうと、伝助は山道を選択します。
それでも道中、鈴木を狙う者が現れました。
大立ち回りをした一同は、相手が忠兵衛の腹心だと気づきます。


〔鶴ヶ岡城〕

忠兵衛の腹心を連れて、鈴木は鶴ヶ岡城へ行きました。
鈴木の話を聞いた殿は、忠兵衛ら親子を処分すると決めます。

忠兵衛たちは任を解かれ、鈴木は家老に返り咲きました。
伝助は、城内にある殿の魚拓を見て、殿に釣りの話を聞きます。


江戸にもどった鈴木は、よい働きをした伝助に、ほうびを取らせることにします。
欲しいものを聞くと、伝助は小浪を嫁にしたいと言いました。
鈴木は小浪を呼び、小浪の気持ちを聞きます。

一日千秋の思いで待っていたと、小浪が答えました。
伝助と小浪は所帯を持つことになり、鈴木も許しを与えます。


後日。
鈴木や藩の重鎮たち、伝助の長屋の仲間が立ち合いのもとで、伝助と小浪は祝言を挙げます。
喜んだ伝助は、『オー・ソレ・ミオ』の曲にあわせ、ミュージカルを踊りました。

伝助と小浪には、子どもが多く生まれます。


〔現代〕

時代は流れ、明治、大正、昭和、平成と移り変わって、鈴木と伝助の末裔は日本のあちこちに散っていったことでしょう。
鈴木と伝助は、庄内藩の先祖の末裔だったのです。
時代が変わっても、彼らはよき友人として、一緒に釣りに興じるのでした。

みんなの感想

ライターの感想

タイトルからも判るとおり、今回は番外編です。
時代劇の作品に仕上がってますが、こういうの許されるのは、やはり本編が人気シリーズだからこそ。
この作品をいきなり見ても、理解できる内容。でも、先に普通の釣りバカシリーズを見ておいたほうが、人間関係など理解しやすい。
黒木瞳さんをなぜ採用しているのかが謎。浅田美代子さんでよかったんじゃないかな。
終盤、いきなりミュージカルになったので、苦笑いしてしまった。
ハマちゃんが宴会で歌うシーンが、回を追うごとに派手になってるし…。

映画の感想を投稿する

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

映画「花のお江戸の釣りバカ日誌」の商品はこちら