映画:謝罪の王様

「謝罪の王様」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(2件)

コメディ映画

謝罪の王様の紹介:2013年公開の日本コメディ映画。脚本・宮藤官九郎、主演・阿部サダヲ、監督・水田伸生の『舞妓Haaaan!!!』『なくもんか』チームによる作品である。キャッチコピーは「謝るとき、人は誰でも主人公」。

あらすじ動画

謝罪の王様の主な出演者

黒島譲(阿部サダヲ)、倉持典子(井上真央)、沼田卓也(岡田将生)、宇部美咲(尾野真千子)、南部哲郎(高橋克実)、壇乃はる香(松雪泰子)、箕輪正臣(竹野内豊)、和田耕作(荒川良々)、映画監督(岩松了)、ワクバル(濱田岳)、国松(小野武彦)、大戸谷(嶋田久作)

謝罪の王様のネタバレあらすじ

【起】– 謝罪の王様のあらすじ1

黒島は東京謝罪センターの所長で「謝罪師」です。

帰国子女で「謝る=全面降伏」という考えの典子は、ヤクザの車と事故を起こし誓約書に判を押したことから、「示談金400万、翌週から大阪でデリヘル嬢になる」条件を呑んだことになり、黒島に仕事依頼をします。

黒島は紀子の兄と偽り、ヤクザ宅に弟子入りするかの勢いで謝罪ともてなしをして、示談金40万円(謝罪の相談料込み)という解決を得ました司法書士をめざす典子は黒島のところで働くことにします。

典子という助手を得て黒島が最初に受けた依頼は、下着メーカーの社員・沼田でした。

沼田は共同プロジェクトの担当者・美咲に、呑みの席でセクハラしまくり訴えられています

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「謝罪の王様」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ

×