映画:釣りバカ日誌スペシャル

「釣りバカ日誌スペシャル」のネタバレあらすじと結末

釣りバカ日誌スペシャルの紹介:1994年公開の日本映画。釣りバカ日誌シリーズ第7作(特別編第1作)。今作品で石田えりのみち子役が終わり、次回からは浅田美代子に交代する。

あらすじ動画

釣りバカ日誌スペシャルの主な出演者

浜崎伝助(西田敏行)、浜崎みち子(石田えり)、鈴木一之助(三國連太郎)、佐々木志野(富田靖子)、秋山(加藤武)、佐々木和男(谷啓)、恵(戸川純)、久美子(山瀬まみ)、太田八郎(中本賢)、山内健吾(加勢大周)、山内昭男(西村晃)、田宮辰夫(田中邦衛)、田宮はな(清川虹子)、チーママ舞子(松尾嘉代)、酒屋の武(大森嘉之)

釣りバカ日誌スペシャルのネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①佐々木課長の娘・志野が、宝石店の跡取り息子・健吾に一目ぼれされる。健吾との縁談が進むが、志野は幼馴染の酒屋・武を選んだ。 ②ハマちゃんが出張で留守の時に、泥酔したスーさんがハマちゃん宅へ行き、寝入ってしまう。誤解を恐れて伏せたことが却って悪循環に、しかし誤解は解けた。

【起】- 釣りバカ日誌スペシャルのあらすじ1

釣りバカ日誌スペシャルのシーン1 浜崎伝助(はまさき でんすけ)は、鈴木建設の万年ヒラ社員です。
仕事よりも、趣味の釣りを生き甲斐にしています。
妻のみち子との仲は良好で、愛妻家でした。
浜崎は人なつっこい性格なので、みんなから「ハマちゃん」と呼ばれ、愛されています。

ある日、ハマちゃんはひょんなことから、鈴木建設の社長・鈴木一之助と出会います。
社長の顔を知らなかったので、ハマちゃんは鈴木のことを「スーさん」と呼び、親しくなりました。
スーさんはハマちゃんに手ほどきを受け、釣りに夢中になります。
あとで社長だと判明しますが、そのころには「釣り」で師弟関係ができていました。
なので、釣りの世界では、スーさんとハマちゃんの立場は逆転します。

ハマちゃんは釣りが大好きで、とにかく釣り中心の生活を送ります。
ハマちゃんにとってのいちばんの苦痛は、「出世」です。
出世すると仕事の量も増えるので、万年ヒラ社員であることはパラダイスでした。
ハマちゃんは同僚にも好かれています…。
(映画『釣りバカ日誌』シリーズ参照)


いつものように太田丸に乗って、東京湾で釣りをするハマちゃんとスーさんでしたが、その日は昼過ぎまであたりがありませんでした。
かからないのに釣り糸を垂らす退屈をもてあましたハマちゃんとスーさんは、今日は引き揚げようかと話をします。
するとハマちゃんの釣竿に、あたりがありました。
ハマちゃんは急いで引き上げます…。


満員電車に乗る男性・山内健吾は、同じ電車に乗る女性に恋をしていました。
隣の車両から健吾が見ているので、女性も健吾を認識しています。
健吾は、宝石屋の跡取り息子でした。しかし内気で女性に声をかけられません。

帰宅して父親・山内昭男に話した健吾は、山内から「惚れてんなら、話しかけろ」と言われます。
思いつめた健吾は、興信所を使って女性の身元を調べていました。
女性は、佐々木課長の娘・志野です。

【承】- 釣りバカ日誌スペシャルのあらすじ2

釣りバカ日誌スペシャルのシーン2 さて健吾は、自分の好きな女性が佐々木志野という女性だと知りました。
志野の父親が鈴木建設に勤務していることを知ると、自分の父・山内に、知人・スーさんに口をきいてもらおうとします。

山内は、スーさんと友人同士でした。
息子の恋の話をし、佐々木と縁を取り持ってほしいと、スーさんに話します。
スーさんは佐々木課長を呼び出して、その話をしました。

健吾は宝石屋の息子なので、佐々木課長からすると光栄な縁談です。

帰宅した佐々木課長が娘・志野に話をすると、志野も健吾を覚えていました。
電車の中でよく顔をあわせると言い、まんざらでもなさそうです。


こうして志野と健吾は、両者の親とともに見合いの席を設けます。
歌舞伎を観劇したあと、志野と健吾はふたりで街を歩きます。
健吾は、自分が幼少期に育った銀座の街の思い出を話しました。
志野はそれを、興味深く聞きます。
若い二人は、楽しい時間を過ごしました。

志野はその後も健吾と、何度かデートを重ねます。
志野に縁談が進んでいることを、佐々木宅に出入りする酒屋の武が、聞きます。

武は志野と高校時代の同級生で、ひそかに志野に思いを寄せていました。
志野を好きでありながら、何もしていなかった武はある日、志野のあとをつけてデートに乱入します。
志野と健吾が待ち合わせした喫茶店へ入ってくると、武は「志野ちゃんをよろしくお願いします」と健吾に頭を下げました。
武の気持ちを知った志野は、武を選ぶことにします。

【転】- 釣りバカ日誌スペシャルのあらすじ3

釣りバカ日誌スペシャルのシーン3 健吾に謝った志野は、そのまま店を出て武を追いかけました。
武に追いついた志野は、手をつないで雑踏を歩きます。
健吾は失恋しました。


健吾と志野の件で山内と会ったスーさんは、山内をなじみのクラブに連れていきます。
そこには美人のチーママ・舞子がいました。
山内は舞子を好きになり、その後も店へ通うようになります。

山内の気持ちを知ったスーさんは、舞子にそれを話しました。
すると舞子は「自分には好きな人がいる」と言います。
その人とは20年の付き合いだ…と言った舞子が、自分のことを好きなのだと、スーさんは初めて気づきました。
舞子はだまってその場を去ります。


舞子の気持ちに気づかず山内を紹介してしまったことを、スーさんは申し訳なく思いました。
落胆したスーさんは、ハマちゃんの家を訪ねます。
ところがハマちゃんは、長野県の小諸に出張していました。
スーさんがハマちゃん宅を訪ねる直前まで、ハマちゃんはみち子さんと電話で話をしていました。

泥酔していたスーさんは、ハマちゃん宅へ行くとママの話をしかけたところで、ぐっすり眠り込んでしまいます。
みち子さんが起こそうとゆすっても、まったく起きませんでした。
みち子さんは毛布をかけて、そのままスーさんを寝かせます。

朝方に起きたスーさんは、ハマちゃん不在のときに泊まったことをまずいと気づきました。
ハマちゃんに知れたら誤解されると思い、タクシーを呼んで乗り込むと、みち子さんには口止めをします。

ところがこのタクシーを、ハマちゃんの近所の住人・田宮辰夫が見ていました。
ハマちゃんの愛妻・みち子さんが、スーさんを見送る姿を見て、意味深な関係だと思い込みます。
タクシーが去った後、ハンカチが落ちているのを見つけ、証拠品として取っておきます。

【結】- 釣りバカ日誌スペシャルのあらすじ4

釣りバカ日誌スペシャルのシーン2 ハマちゃんが朝いちばんに出張から戻ってきたのを見た田宮は、ハマちゃんを招き寄せます。
拾ったハンカチを見せて、つい先ほど見た光景を説明しました。
みち子さんとスーさんが恋仲だと思い込んでいる田宮は、話に尾ひれをつけます。

ハマちゃんは最初、田宮の言うことを信じませんでした。
しかしみち子さんが嘘をついたことで、動転します。
みち子さんは、スーさんから口止めされたから嘘をついたのですが、ハマちゃんは「後ろ暗いことがあるからだ」と思いました。

ショックを受けるハマちゃんに、みち子さんは謝ります。
それでもまだ動転しているハマちゃんに、みち子さんは、実家へ行くと言いました。
息子の鯉太郎を連れて、そのまま実家の島根県へ行きます。
(もともとこの日、みち子さんは実家へ行く予定だった)


娘の志野が健吾の縁談を断ったと知った佐々木課長は、スーさんに辞表を提出します。
スーさんは、その必要はないと答えます。
そこへ、みち子さんと喧嘩をし、落胆しているハマちゃんが、辞表を持って現れました。
みち子さんと喧嘩をしたことを告げます。

自分の来訪をハマちゃんが知ったと気づいたスーさんは、一般的な話のように説明しつつ、誤解を解きます。
辞表は受け取らないとハマちゃんに言い、社命で奥さんを迎えに行きなさいと言いました。
ハマちゃんはそれを聞いて、夜行列車に乗り込みます。

一晩かけて島根県の出雲市へ移動したハマちゃんは、みち子さんを迎えに行きます。
みち子さんと仲直りをしたハマちゃんは、旅館でいいムードになりました。
ところがそこへ、釣りの格好をしたスーさんがやってきて、ハマちゃんは気分を害します。

スーさんが釣りの話をして、ハマちゃんのご機嫌を取りました。
機嫌が直ったハマちゃんは、スーさんといっしょに釣りへ出かけます。
釣り舟に乗ったふたりは、釣った鯛の大きさを競います。
玉造温泉で一泊し、ハマちゃんもスーさんも釣りを楽しみました。

みんなの感想

ライターの感想

石田えりさんのみち子さん役がラストの作品。私は石田えりさん好きだったので、残念です。
ハマちゃんが留守のときに、スーさんがつい寝入ってしまう…これは、見ていたら「あー、ありがち!」と思いそう。
誤解を招いてしまう、非常にありがちなパターン。その意味で、今回のどたばた騒動は、違和感なく見られた。
佐々木課長の娘・志野の縁談も、面白かった。
残念なのは、武とのなれそめがあまり強く伝わらなかったことだけれど、スーさんの件と縁談とで盛りだくさんだから、仕方ないか。
安定の面白さ。

映画の感想を投稿する

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

映画「釣りバカ日誌スペシャル」の商品はこちら