映画:釣りバカ日誌9

「釣りバカ日誌9」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

コメディ映画

釣りバカ日誌9の紹介:1997年公開の日本映画。『釣りバカ日誌』シリーズ第10作(レギュラーシリーズ第9作)。監督は「釣りバカ日誌8」の栗山富夫。脚本は「虹をつかむ男」の山田洋次と朝間義隆の共同。撮影を「スペインからの手紙 ベンポスタの子どもたち」の花田三史が担当している。主演は「虹をつかむ男」の西田敏行と「釣りバカ日誌8」の三國連太郎。ゲストとして「あぶない刑事リターンズ」の小林稔侍と「恋と花火と観覧車」の風吹ジュンが出演している。

あらすじ動画

釣りバカ日誌9の主な出演者

浜崎伝助(西田敏行)、浜崎みち子(浅田美代子)、浜崎鯉太郎(上野友)、鈴木一之助(三國連太郎)、鈴木久江(奈良岡朋子)、杉浦(北村和夫)、堀田(鶴田忍)、原口(竜雷太)、重役(加島潤)、川島(小野寺昭)、外村(塩屋俊)、牧野(三谷昇)、草森(角野卓造)、佐々木和男(谷啓)、ひとみ(細川ふみえ)、前原(笹野高史)、太田八郎(中本賢)、馬場恒太郎(小林稔侍)、庄野茜(風吹ジュン)、馬場誠(西谷卓統)、茜の母(砂田綾子)、八城建設社長(中村梅之助)、新藤(鴻上尚史)、紺野(高畑淳子)、和男(田尾安志)、吉永(小島三児)、谷内(丹野由之)

釣りバカ日誌9のネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①ハマちゃんの同期の馬場が営業部長に就任。スーさんは馬場が有能だと認める。馬場は離婚し、高校生の息子・誠をひとりで育てていた。 ②馬場が思いを寄せる女性・茜が、故郷の鹿児島県川内市へ戻った。馬場は茜と結婚するために、仕事を辞めて鹿児島へ行った。

【起】– 釣りバカ日誌9のあらすじ1

釣りバカ日誌9のシーン1

画像引用元:YouTube / 釣りバカ日誌9トレーラー映像

浜崎伝助(はまさき でんすけ)は、鈴木建設の万年ヒラ社員です。

仕事よりも、趣味の釣りを生き甲斐にしています。

妻のみち子との仲は良好で、愛妻家でした。

浜崎は人なつっこい性格なので、みんなから「ハマちゃん」と呼ばれ、愛されています。

ある日、ハマちゃんはひょんなことから、鈴木建設の社長・鈴木一之助と出会います。

社長の顔を知らなかったので、ハマちゃんは鈴木のことを「スーさん」と呼び、親しくなりました。

スーさんはハマちゃんに手ほどきを受け、釣りに夢中になります。

あとで社長だと判明しますが、そのころには「釣り」で師弟関係ができていました。

なので、釣りの世界では、スーさんとハマちゃんの立場は逆転します。

ハマちゃんは釣りが大好きで、とにかく釣り中心の生活を送ります。

ハマちゃんにとってのいちばんの苦痛は、「出世」です。

出世すると仕事の量も増えるので、万年ヒラ社員であることはパラダイスでした。

ハマちゃんは同僚にも好かれています…。

(映画『釣りバカ日誌』シリーズ参照)

いつものように太田丸へ乗り込んだハマちゃんとスーさんは、沖合で釣りに興じていました。

いつもならばハマちゃんが先に釣り上げるのですが、今回は珍しく、スーさんが大きなマダイを釣りあげました。

むっとするハマちゃんとは対照的に、スーさんは満足げな顔をしています。

スーさんの奥さんの久江さんが、具合を悪くしています。

スーさんは久江さんに、鍼が効くそうだと勧めました。

試してみればどうかと、言います。

ハマちゃんが会社に遅刻しました。毎度のことです。

佐々木課長がハマちゃんに注意しますが、ハマちゃんはまったく意に介しません。

鈴木建設の有能な営業部長・牧野が、会社を辞めることになりました。

スーさんは残念がりながら、牧野と別れのあいさつを交わします。

長年の友人が会社を去ったので、スーさんは淋しく思いました。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「釣りバカ日誌9」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ

×