「銀魂」のネタバレあらすじと結末の感想

コメディ映画

銀魂の紹介:2017年7月14日公開の日本映画。週刊少年ジャンプで人気の空知英秋の同名コミックを小栗旬主演で実写映画化したSF時代劇。パラレルワールドの江戸を舞台に、万事屋(よろずや)を営む“銀さん”こと坂田銀時と仲間たちの身に起きる奇想天外な騒動を描く。「勇者ヨシヒコ」シリーズなど脱力系の作品を得意とする福田雄一が監督・脚本を務める。

予告動画

銀魂の主な出演者

坂田銀時(小栗旬)、志村新八(菅田将暉)、神楽(橋本環奈)、土方十四郎(柳楽優弥)、岡田似蔵(新井浩文)、沖田総悟(吉沢亮)、村田鉄子(早見あかり)、平賀源外(ムロツヨシ)、志村妙(長澤まさみ)、桂小太郎(岡田将生)、武市変平太(佐藤二朗)、来島また子(菜々緒)、村田鉄矢(安田顕)、近藤勲(中村勘九郎)、高杉晋助(堂本剛)

銀魂のネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①天人の襲来を受け未来と過去が混交した状態の江戸の街、辻斬りに桂が斬られたと聞いて新八、神楽は捜査に乗り出し、銀時は鍛冶職人・鉄矢の依頼の下、紅桜という刀を探す。紅桜は辻斬りする似蔵が所持していた。 ②鉄矢の依頼は名目だけで真の目的は紅桜に銀時の血を吸わせることだった。高杉が武市らと組み紅桜を量産して鬼兵隊を結成しようとしていたが、銀時と桂、真選組が阻止。桂は死んでいなかった。

【起】- 銀魂のあらすじ1

サムライの国。
20年前、平和な江戸の街に突如宇宙人が舞いおりました。
地球人は彼らを「天人(あまんと)」と呼びました。
天人は江戸の街を次々と開発し、幕府も彼らに対し傀儡(かいらい 操られること)となるなか、かつて天人を排除しようと、攘夷戦争が勃発します。
多くの犠牲者を出した戦いの後、さらなる蜂起を恐れた幕府は廃刀令を出し、侍は衰退の一途をたどりました。
こうして一見すると「高層ビルが立ち並び、宇宙船が飛び交う近代的な風景」と「昔ながらの和服や、長屋が立ち並ぶ下町風景」とが混在する、奇妙な世界ができました。

青年・志村新八は、侍の衰退によって実家である道場がおちぶれてしまったので、仕方なく「でにいず」のウエイターのアルバイトをしていました。しかしレジ打ちは苦手で、ミスを連発します。
ミルクを持ってきてくれと頼まれた新八は、チャトラン(茶斗蘭)星人の嫌がらせを受けて転倒し、ミルクを床にこぼしてしまいました。
その場を取りなしてくれたのは、坂田銀時という銀髪の男性の客です。
銀時はその後店長に、血糖値が高いので週に1度しか食べないと決めているチョコレートパフェの、コーンフレークの割合が高すぎると文句を言います。後半はずっとシャクシャクしっぱなしなので、もっとクリームとアイスの割合を増やせと言いました。
この銀時こそが、攘夷戦争では白夜叉と呼ばれ、恐れられた存在です。
廃刀令に伴って、銀時は「洞爺湖」と書かれた木刀を腰にさしています。

(ここでいきなり『カウントダウンTV』のキャラ風になる)
これがきっかけで、新八は銀時と出会い、銀時が経営する便利屋『万事屋(よろずや)銀ちゃん』の手伝いをすることになりました。
店には、頭の両脇をお団子にまとめ、チャイナドレスを着た少女・神楽(かぐら)もいます。
神楽は宇宙最強の戦闘種族といわれる、夜兎(やと)族の少女でした。
神楽は冒頭の、新八と銀時の出会いのシーンはいらないと一刀両断し、「これ(カウントダウンTV風)もTBSに怒られるバージョンなり」とぼやきます…。

(オープニングは銀時が熱唱する、カラオケ風味の安っぽい映像。それもまた安っぽいと神楽に指摘される)

…万事屋銀ちゃんにて。
テレビを見ながらぐうたらと過ごす銀時と新八の横で、神楽が「カブト狩りに行きたい」と言い出します。
神楽はカブトバトルで、自分の持つカブトムシ『マッカートニー28号』を奪われたので、口惜しいのです。新八が横で「あれはカブトムシではなく、フンコロガシ」と指摘しますが、神楽はとにかくカブト狩りに行きたがります。
鼻をほじりやる気がなかった銀時ですが、テレビで大きなカブトムシは金になる「森のダイヤモンド」と言われているのを聞いて、俄然やる気を出しました。3人はカブト狩りに出かけます。
とはいうものの、どうやればカブトムシを捕獲できるのか分かりません。

「体中に蜂蜜を塗りたくればいいのではないか」と話していると、本当にそうしている人がいました。江戸の警察・真選組の局長・近藤勲です。通称:ゴリラとも呼ばれており、新八の姉・妙のストーカーでもあります。
気持ち悪いと指摘する銀時と神楽の横で、新八だけが「綺麗です」と言いました。
しばらく歩くと、樹木にマヨネーズを塗っている男性がいました。真選組の副局長・土方十四郎です。自分がマヨラーなので、カブトムシにも好みを押しつけているようです。
その奥に行くと、巨大カブトムシがいました。神楽が樹木を蹴り、カブトムシを落とします。
カブトムシと思ったのは、真選組の一番隊隊長・沖田総悟でした。どSだそうです。沖田は「仲間の振りして奴らに接近する方法が台無しになった」と銀時らを責めます。

【承】- 銀魂のあらすじ2

森の奥は、真選組たちがおおぜいいました。なんでも、将軍のペットのカブトムシ・瑠璃丸が逃げてしまい、それで真選組が探しているのです。近藤がぺらぺらしゃべります。
瑠璃丸は金色(こんじき)に輝くカブトムシだと説明している一同の横を、金色のカブトムシが通り過ぎました。みんなで追いかけます。
江戸の街を追って行くうちに、妙がいました。ストーカーの近藤は離脱し、妙にバットで撃退されます。
真選組と銀時が揉めているのだと思った、昔なじみの銀時の戦友・桂小太郎が、助太刀をしようと言い出しました。横には白い巨大なおばけ・エリザベスがいます。
真選組は桂にやられました。
銀時は橋のところで先回りして待ち伏せしますが、瑠璃丸は川からとびあがった巨大魚に食べられます。

銀時と桂は、この騒動で無駄に真選組から取り調べを受けることになりました。
解放された桂は、幼少の折にはよくカブトムシで遊んだ話をします。松下村塾時代の話です。
桂と銀時、そしてもうひとり、高杉晋助は3人でいつも遊んでいました。
しかしそれも、師匠である吉田松陽が反逆罪として禁獄されて以来、かなわぬものとなりました。
別れ際、銀時は桂に、最近辻斬りが多いから警戒しろと言います。桂は長い髪をしているので、後ろ姿が女性と見間違われやすいと指摘しました。
別れた後、桂は人斬り似蔵(岡田似蔵)に声をかけられ、赤く光る刃で斬られます…。

翌朝。
テレビ番組『えどダネ』で結野(けつの)アナが現場リポートしています。またもや辻斬りが出没し、犠牲者が出たとのことでした。狙われているのは、浪人ばかりだそうです。
(わざわざ「結野アナ」とひとつながりで、執拗に呼ばせる)
『万事屋銀ちゃん』にエリザベスが単身、訪ねてきました。向かい合ったものの、エリザベスはひとこともしゃべりません。
実写化すると「着ぐるみ感」が満載なエリザベスを見て、銀時はオバQそっくりだと言い始めました。むしろオバQで映画を作った方が、「銀魂」よりも面白いのではないかと言います。
銀時は別の用件で呼ばれたのでその場を去り、残された新八と神楽は、エリザベスの口を割るために、銀時が愛飲する「いちごオ・レ」でもてなしました。
桂といるときに「武士とは質素で素朴なものを食べていればよい。いちごオ・レだのパフェだの軟弱なものを食するな」と戒められていたエリザベスは、それを思い出して涙をこぼします。

銀時は、刀鍛冶屋をいとなむ村田鉄矢のところへ呼ばれました。侍がいなくなった現在では、珍しい職業です。
鉄矢の横には、無口な妹・鉄子がいました。
父・仁鉄が作った人の魂を吸い取る妖刀『紅桜』が盗まれたので、取り戻してほしいと鉄矢は銀時に頼みます。その刀は赤く光るそうです。
銀時はリサイクルショップに行ってみますが、ありませんでした。
沖田と会った銀時は、最近に出没する辻斬りが持つ刀が、月明かりに照らされて紅色に光っていたと聞きます。

同じ頃、エリザベスに案内された新八と神楽は、桂が辻斬りに遭ったと知りました。
神楽は銀時にそれを知らせようと、巨大な犬・定春(さだはる)とその場を去ります。
エリザベスと新八は辻斬りを待ち伏せしたところ、奉行所の男に声をかけられました。その男が背後から辻斬りに斬られます。
エリザベスも斬られて消失し、ピンチの新八の前に銀時が現れました。辻斬りの犯人が岡田似蔵と知ります。

【転】- 銀魂のあらすじ3

鼻スプレーをした似蔵は、桂を斬った記念にと、髪の毛を持っていました。似蔵を相手に、銀時は木刀で戦います。
紅桜は刀というよりも、生き物のようでした。銀時の木刀は折られ、銀時自身も斬られ、絶体絶命に陥ります。
しかし似蔵は銀時に集中しすぎて、新八という存在を忘れていました。新八が真剣で立ち向かい、似蔵の右腕を斬り落としました。
真選組が現れたので、似蔵は退却します。
新八と沖田は重傷を負った銀時を連れて、『万事屋銀ちゃん』へ帰りました。

真選組の道場で、土方が沖田と近藤に、高杉晋助が江戸に戻ってきていることを告げます。
高杉は来島また子、武市変平太らとともに、鬼兵隊を復活させようと考えていました。
要はクーデターを起こそうと考えているのです。

同じ頃、新八と別れた神楽は犬・定春を連れて歩きます。
定春は大きな船に桂の匂いがすると反応しました。神楽は定春に、銀時に知らせろと言って放しますが、定春は寄り道します。
その後、神楽は船に乗り込み、三味線をつま弾く男・高杉を見ました。船倉には量産している紅桜も見つけます。
来島の二丁拳銃の攻撃を受け、神楽は囚われの身となります。
戻った似蔵は、紅桜を勝手に持ち出して辻斬りを行なっていることを高杉に責められますが、実験の結果は万丈だと答えました。
紅桜は使い手である似蔵に浸食しており、似蔵の斬られた右腕は紅桜によって復活します。

重傷で床に伏せった銀時は、新八の姉・妙に監視されました。枕元で『ドラゴンボール』を読んでもらいますが、擬音ばかりです。
そこへ鉄矢の妹・鉄子が現れました。鉄子は兄・鉄矢の暴挙を止めてくれと銀時に頼みます。
鉄矢が依頼した「父の刀を取り返してくれ」というのは、銀時を動かすための偽の口実でした。本当の目的は、銀時に紅桜を探させて、紅桜に銀時の血を吸わせることでした。
名匠であった父を超えたいと思った鉄矢は、そのためにカラクリを勉強して紅桜を作ったのです。紅桜は対戦闘機動兵器で、「電ぱく」という人工知能を搭載しており、使い手の身体を操り始めるのだと説明しました。
戦闘の経験をデータ化して学習し、能力を向上させていく…と説明する鉄子に、銀時は「何それ、『寄生獣』じゃん」と突っ込みを入れます。
銀時は鉄子が持ってきた金を返し、帰るように言いました。しかし封筒の中に「鍛冶屋で待て」というメモを入れています。
銀時はその後、妙に「ジャンプ買ってきて」とお使いを頼みます。
妙も、銀時が黙って引っ込むと考えていませんでした。着替えと傘を玄関先に用意していました。お気に入りの傘なので、必ず返してくれという一筆が添えられています。
銀時は出かけていきました。
妙のストーカーの近藤がすべて畳の下で聞いており、真選組に任せてくれと言って立ち去ります。

新八は定春を見つけ、船に神楽がいると知ります。
船員の変装をして、見咎めた者には「オレ、オレじゃん」と言うと、案外すんなり通してもらえました。新八は、おばあちゃんが騙されるわけだと言いながら船に入ります。

銀時は途中『源外庵』に立ち寄って、何かよいカラクリがないかと平賀源外に聞きました。
物語の中で正義のヒーローが決して言ってはならない「楽して勝ちたい」ということばを吐きます。

【結】- 銀魂のあらすじ4

ガンダム的な赤い筺体(ザク)を見つけた銀時ですが、それは客の持ち込んだものでした。シャア少佐のような人がやってきますが、かなりおっさんです。
源外は銀時にゴムゴムの実を差し出しますが、銀時は嫌がりました。ゴムゴムの実はにせものだったようで、源外は「中身はただのマスクメロン」と言い添えます。
自分を殴る銀時に対し、源外は「元気じゃん」と突っ込みました。

囚われの身になったものの、神楽はロリコンの武市に気に入られ、ラーメンを食べさせてもらいます。
その後、甲板ではりつけになった神楽は、情報を吐けと言われ、先ほど食べたラーメンを吐き出します(モザイクが施される)。
新八が助けに現れますが、勝算を見越してのものではなく、単に勢いでやってきたものでした。多勢だと気付いた新八は、あわせのボタン(!)を留めます。
新八も神楽も危機に陥った時、真選組から砲撃を受けました。
鬼兵隊の船は空を飛び、真選組の船もそれを追跡します。
戦艦同士の戦いとなりました。
かっこいいセリフを吐いて鬼兵隊の船に飛び乗ろうとした近藤は、移るのに失敗して下の海に落ちます。

鍛冶屋に行った銀時に、鉄子は自分の打った刀を渡します。
それは鍔の部分が「とぐろを巻いた龍」をかたどったものなのですが、どうみても「うんこ」でした。しかし鉄子は頑として否定します。
源外が追いかけてきて、客のナ○○カがメーヴェ的なものを貸してくれると言いました。
(ナウシカもテトもかなり完成度低い。メーヴェには妙なアレンジが施されている)
銀時と鉄子はそれに乗り、空を飛ぶ船を追いかけます。

船では、腕が生えた似蔵が土方、沖田を相手に戦っていました。
高杉と戦っているのは、エリザベスです。エリザベスが斬られると、中から桂が出てきました。
死んだことにしておいた方が、内情を探るために自由に動けるとかで、桂は無事だったのですが、伏せていました。
甲板では武市が、新八と神楽の素姓を怪しんでいます。攘夷浪士でも真選組の手先でもない2人は誰の回し者なのかと聞き、「宇宙一バカなお侍だ」という神楽と新八の答えと共に、銀時が登場します。

銀時は再び似蔵と戦い始めました。今度は木刀ではなく、鉄子の打った刀で、です。
戦いの最中、似蔵は紅桜に浸食され、すっかり取り込まれてしまいました。銀時も苦戦します。
暴走を始めた似蔵に鉄子が斬られそうになり、兄の鉄矢が助けました。
鉄子の「人を守るために作った剣」が、兄の紅桜を上回り、紅桜は敗れます…。

高杉が銀時と戦いますが、桂が仕掛けた爆弾が船の各所で爆発し始め、戦いは途中で終わりました。
高杉、武市、来島はそのまま脱出艇で逃亡します。
銀時は桂にひっぱられ、海へスカイダイビングしました。途中でエリザベスの顔のマークのパラシュートが開き、その用意周到さに銀時は「お前らルパン一味か」と言います。
船は爆発し、量産していた紅桜も消え去りました。
(神楽と新八はたぶん、真選組の船に保護されたと思う)
爆発する船を横目に、桂は松下村塾時代の教本を見せ、高杉も持っていたと話します。
銀時は「ラーメンこぼして捨てた」と答えました。

戻ってきた銀時、神楽、新八を、妙が迎えます…。

(エンドロール)またオープニングと同じように、安っぽい銀時のカラオケ風味の映像が流れます。
しかし「この曲では終われないでしょう」という新八の声で中断し、本来のエンディング曲『DECIDED』が流れ始めます。
高杉は生きており、三味線をつま弾きます。

みんなの感想

ライターの感想

原作は未読なのだが、じゅうぶん理解はできた。むしろ原作を知らないほうが、楽しめる?
へんな先入観がないだけ、ましなのかも。
コメディ色が濃厚な作品。なのでコメディとして、そして期待せずに見たほうがいいんだろうと思う。
ギャグも微妙~なとこがある。ジャンプネタが多いのは、仕方のないことかな。
若干、内輪ネタみたいなのが鼻につく程度。先に書いたとおり、多くを期待せずに見れば楽しいと思う。

映画の感想を投稿する

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

映画「銀魂」の商品はこちら