映画:銀魂2掟は破るためにこそある

「銀魂2掟は破るためにこそある」のネタバレあらすじと結末

銀魂2 掟は破るためにこそあるの紹介:2018年8月17日公開の日本映画。週刊少年ジャンプで人気の空知英秋の同名コミックを小栗旬主演で実写映画化したSF時代劇の続編。パラレルワールドの江戸を舞台に、万事屋(よろずや)を営む“銀さん”こと坂田銀時と仲間たちの身に起きる奇想天外な騒動を描く。

あらすじ動画

銀魂2掟は破るためにこそあるの主な出演者

坂田銀時(小栗旬)、志村新八(菅田将暉)、神楽(橋本環奈)、近藤勲(中村勘九郎)、土方十四郎(柳楽優弥)、沖田総悟(吉沢亮)、志村妙(長澤まさみ)、桂小太郎(岡田将生)、平賀源外(ムロツヨシ)、高杉晋助(堂本剛)、お登勢(キムラ緑子)、伊東鴨太郎(三浦春馬)、河上万斉(窪田正孝)、徳川茂茂(勝地涼)、猿飛あやめ(夏菜)、松平片栗虎(堤真一)、山崎退(戸塚純貴)、篠原進之進(柾木玲弥)、キャバクラ店長(佐藤二朗)

銀魂2掟は破るためにこそあるのネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①家賃を滞納している銀時たちはバイトすることに、しかし行く先々に将軍が現れる。真選組の土方がうなじにチップを埋め込まれてヘタレオタク化し、局中法度の掟を破ったとして真選組から追放される。 ②参謀・伊東鴨太郎が土方を陥れるためにした策略、その背後には高杉晋助の姿も。将軍と近藤暗殺を防ぎ事件を解決した銀時だが、報酬はもらえず家賃は払えないまま。

【起】- 銀魂2掟は破るためにこそあるのあらすじ1

銀魂2掟は破るためにこそあるのシーン1 (オープニングから、相変わらずかっ飛ばしてます)
「万事屋銀ちゃん」の家を映した静止映像に、坂田銀時、志村新八、神楽3人のトークが展開されます。
前年に映画『銀魂』が実写化され、好評を博したために続編が作られることになったわけです。

銀時こと小栗旬が熱望したのは、日本アカデミー賞受賞でした。
最優秀主演男優賞が欲しかった小栗旬ですが、しかしその夢は、叶わずでした。
じゃあ誰が日本アカデミー賞を獲ったかというと…菅田将暉という役者さんなのです。
(注:お分かりと思うが、志村新八役。映画『あゝ、荒野前編』で受賞)
新八だけは菅田将暉のことを「いい役者さんですよ」とフォローしますが、銀時はふてくされ、神楽がなだめました。

…で、本編へ行くかと見せかけて、桂小太郎とエリザベスによる、劇場本編上映前に出てくる『NO MORE 映画泥棒』の再現、すぐにストップが入ります…。


〝サムライの国。
僕らの国がそう呼ばれたのは、今は昔の話。
20年前、この平和な江戸の町に
突如宇宙から宇宙人が舞い降りた。
僕らは彼らを「天人(あまんと)」と呼んだ。

天人は江戸の町を次々と開発。
幕府も彼らに屈し、傀儡(かいらい 操られること)となるなか
かつて天人を排除しようと、攘夷(じょうい)戦争が勃発。
そこには勇猛な攘夷志士たちが登場したが、
多くの犠牲者を出した後に、敗れた。

そして天人たちは
さらなる蜂起を恐れ、廃刀令を発し
侍は衰退の一途をたどった…〟


『万事屋(よろずや)銀ちゃん』の店主・坂田銀時は、家主の女性・お登勢(とせ)に詰め寄られていました。
銀時は家賃を3か月分滞納しています。
家賃を稼ごうにも、このところ万事屋に仕事依頼がないのです。
仕方なく「バイトをしよう」ということになりました。


最初にバイトへ行ったのは、新八の姉・お妙が働いている『スナック すまいる』です。
店主は非常に困っておりました。
それというのも、幕府のお偉いさんを接待しなくてはならない、非常に重大な局面なのに、キャバ嬢が風邪を引いて休んでおり、お妙ひとりしかいないからです。

「あと最低3人は必要」と言われ、名乗りをあげたのは神楽ですが、あまり戦力にされません。
銀時は、自分のストーカーのくのいち(女忍者)・猿飛あやめを呼び出しました。あやめは天井から降りて来ると、前作品で登場シーンがなかったことを愚痴ります。

桂小太郎がキャバ嬢をしたいと、やってきました。
攘夷活動の資金が尽きてしまい、金が要りようなのです。
桂は女装をする気満々です。
これで人数は確保できましたが、店主は「あと2人は欲しい」と言いました。
銀時と新八も女装し、加わります。


『スナック すまいる』にやってきたのは、徳川幕府・警察庁長官の松平片栗虎(かたくりこ)でした。真選組のメンバーも付き添っています。
銀時、新八、神楽たちが危惧したのは、真選組の近藤勲、沖田総悟、土方十四郎たちに正体が露見するのではないか、ということでした。
銀時は「あごをしゃくっておけばバレない」と言い、実際にしゃくれさせます。

沖田が姿をちらっと出しただけで、真選組は外で見張りをすることになりました。
松平が連れてきたのは、征夷大将軍・徳川茂茂(しげしげ)でした。つまり将軍です。
「町民の生活を見たい将軍のために、松平が町を案内している」らしいのですが、どう考えても松平がスナックへ来たかった…そのように見えました。

将軍を迎えてスナックでは、「将軍ゲーム(王様ゲーム)」を始めます。
将軍の気をよくしようとみんな努力しますが、ことごとく裏目に出ました。
将軍は下着姿になり、全裸にされ、さらにコンビニに買い物に出ねばならなくなりました。
(オチは分からず)

【承】- 銀魂2掟は破るためにこそあるのあらすじ2

銀魂2掟は破るためにこそあるのシーン2 外の見張りをしていた土方十四郎は、首に痛みを覚えます。
首筋の後ろに小さな矢が刺さったのですが、土方は単なる虫さされと受け取りました。
直後、浪士一同が天誅と称し、土方の前に現れます。
ふだんの土方ならば受けて立つところなのですが、意思とは関係なく、土方は気付けば全力で土下座していました。浪士たちに脚蹴にされながらも、ひたすら詫びています。

ヘタレになった土方を救ったのは、近藤勲が「先生」と仰ぐ、伊東鴨太郎でした。
伊東は真選組に入って短期間で出世街道をのぼり、副長の土方に並ぶほどの力を得ています。
特に参謀に秀でており、土方は伊東を嫌っていました。
伊東も土方を嫌っています。


…万事屋の3人が次に始めたアルバイトは、理髪店の留守番でした。
店主の留守中にやってきたのは、『ゴルゴ17』の18巻を返しにきた、松平と将軍です。
将軍は、ついでにまげを結ってほしいと言い出しました。
神楽が頭頂部のまげ周辺の髪を剃りますが、誤ってまげを落としてしまいます。

銀時が「結ってみたらいい」と、短くなった髪を無理に引っ張って結おうとしたため、将軍の目や皮膚が、ありえない形状に吊りあがりました。パッツンパッツンです。
それを見た新八が「止めてあげて」と声をかけます。
神楽が店外に放ったまげを回収して、くっつけようと言いますが、拾ってきたのはまげではなく、ゴールデンレトリーバーの糞でした…。


首になぞの虫刺されを起こして以来、土方はヘタレた人間になってしまいます。
ヘタレばかりではありません。どんどんオタク化していきました。
喫茶店でアイドルの動画を、タブレットで閲覧する土方を見た沖田は、「使える」と思い、土方をパシリに利用します。

真選組の大事な掟「局中法度」を破ってばかりの土方は、真選組のなかで不利な状況に追いやられていました。
そんななかで、『ドラクエⅩ』と『ワンピース』最新刊を買いに行ったために、大事な会議を遅刻した土方は、真選組から追放処分を受けます。
伊東が沖田と手を組んで、土方を陥れるための罠だったのですが、それを気付くには遅すぎました。
沖田の狙いは、副長の座でした。
土方を落とした伊東は、近藤を暗殺して真選組の隊長になりかわろうと考えています。
それを、山崎退がこっそり聞いていました…。


アイドルオタクの新八が、出演者のひとりとして出るテレビ番組『オタクサミット』を、神楽が録画しようとします。
新八は寺門通(てらかど つう)というアイドルのファンでした。
番組では「アイドルオタク」「アニメオタク」のあいだで、熱い議論が交わされています。
新八に対抗して、アニメオタクのトッシーと名乗る男が弁を振るいますが、それはなんと土方でした。
番組内で気付いた新八が、あとで土方を万事屋へ連れてきます。

銀時、新八、神楽は、土方が真選組を辞めたことを聞かされ、驚きました。
土方のヘタレぶりを治そうと考えた銀時は、なぜ土方が変化したか知ろうと、平賀源外のところへ連れていきます。
土方を調べた平賀は、あっという間に原因を突き止めました。
土方は、うなじの部分にヘタレオタクタイプのチップを埋め込まれていました。
そのために人格が変わっています。

【転】- 銀魂2掟は破るためにこそあるのあらすじ3

銀魂2掟は破るためにこそあるのシーン3 このチップはかつて攘夷志士を一掃するために作られたものですが、「チップ埋め込むよりか、殺したほうが早いんじゃね?」という結論に至ったため、開発したものの使われず放置されていたそうです。
チップは背骨にくっついてしまっており、容易には取り出せません。
治すには自力で克服するしかないと知った銀時たちは、エヴァンゲリオンのバーチャルリアリティの世界に入り、土方をなんとか治そうとします。
(注:物言いがついたらいけないので、微妙に完成度の低いエヴァワールドになっている)

それでも土方の性格を治すことは無理でした。
自分がどんどんヘタレになっていくのを知った土方は、最後に残った理性で、銀時に「俺たちの真選組を守ってくれ」と依頼します。
どこから報酬が入るかは分かりませんが、銀時は依頼を受けました。


同じ頃。
伊東の謀略を知った山崎は、千人斬りの異名を持ち、今は鬼兵隊に所属する河上万斉に、口封じのため斬られます。
(先にネタバレ、山崎は死んでいない)


伊東の配下にくだった一部の真選組の者は、近藤と土方を暗殺しようとします。
襲撃に遭遇した銀時は、土方を守って逃亡しました。
パトカーを奪って逃走した銀時たちは、警察無線で「近藤、土方、暗殺計画」を知ります。
近藤は偽の情報で、将軍を守るために箱根に向かっていました。これも伊東の罠です。
銀時たちは逃亡しつつ、近藤を追って箱根に向かいました。

近藤は伊東と一緒に、汽車に乗っています。
伊東が仕組んだことなので、伊東は車両に味方だけを配置していました。
伊東は近藤を暗殺しようとしますが、そこへ見張り役の沖田が入ってきます。

沖田がスパイだったのかと伊東はいぶかしみますが、沖田は否定しました。
沖田の言い分は「副長の座につくのが狙いだったが、それが叶った場合、さらに高みを目指す(土方がいない今、隊長の次にえらい伊東を追い落とすのが目的に変わった、という意味)」「隊長の近藤を暗殺するのは、許せない(沖田は近藤に心酔している)」というものです。

沖田は近藤を別の車両に避難させ、車両ごと引き離すと、自分は残って伊東の手下と戦い始めました。


箱根へパトカーで向かう銀時は、移動しながら真選組本部へ無線を入れて、土方と名乗り、近藤を追えと命令します。
銀時たちは汽車に追いつきますが、伊東は鬼兵隊も呼んでいました。鬼兵隊も追走します。

近藤の乗った車両に近づいた銀時は、近藤に「土方がチップを埋められて弱体化した」ことを告げました。
近藤は銀時に、土方を連れて逃げてくれと依頼します(報酬の話は決まらず)。
土方は近藤の言葉を聞いて、埋め込まれたチップが砕けました。
土方は元の人格に復活すると、現れた伊東と刀を交え始めました。


同じ頃。
キャバクラへ行こうとしている松平は、かぶき町で将軍を狙う輩・河上万斉に絡まれます。
実は今回の一件は、すべて伊東が絡んでいることでした。
伊東は真選組の近藤、土方暗殺をもくろみつつ、将軍をも手にかけようと考えていたのです。
そして伊東の背後には、前回の騒動の黒幕である、高杉晋助が関係していました。

【結】- 銀魂2掟は破るためにこそあるのあらすじ4

銀魂2掟は破るためにこそあるのシーン2 松平は真選組を呼ぼうとしますが、真選組は先の「近藤を追え」という指令で出払っており、松平の呼びかけに応じません。
松平は仕方なく、乗っていたタクシーの運転手を降ろすと、車を奪取して逃走しました。江戸城へ引き返します。
松平のやりとりも警察無線で聞こえ、銀時たちも伊東の陰謀を知りました。
江戸で追走劇を見た桂とエリザベスは、松平に加勢しようと動きます。


車両で戦う沖田のところへ、神楽が助っ人として参戦します。
平賀源外が、スタジオジブリから文句を言われそうな「ねこバスもどき」でやってきました。
銀時が指摘すると、「これは猫ではなく、アライグマなのだ」と源外は答えます。
銀時はアライグマバスに乗って江戸へ戻り(松平側に加勢するため)、新八と近藤は伊東と決着をつけようとします。

万斉は江戸城まで追いましたが、実は松平も罠を仕掛けていたのでした。
伊東が近藤を騙す手口として「将軍が箱根に温泉旅行」という名目を作っていましたが、松平もそれを逆手に取り、将軍を本当に箱根に行かせ、江戸では影武者を配置していたのです。

松平の元へ銀時が駆け付けると、松平はその場を銀時に一任し、将軍の影武者とともにキャバクラへ行ってしまいました。
銀時は万斉と戦います。


箱根への道中の汽車の方は、伊東がおされていました。
橋にかかったところで汽車は爆破されます。
爆発に巻き込まれた伊東は、黒幕の高杉から、自分も切り捨てられる駒のひとつ扱いだったのだと気付きました。爆発の衝撃で、伊東は左腕がなくなっています。
さらに鬼兵隊のヘリコプターがやってきて、伊東にとどめを刺そうとしました。
伊東は幼少期のことを思い出します。

…伊東には双子の兄・鷹久がいました。
生まれつき病弱の鷹久は、母親から溺愛されていました。その分、伊東はむげにされます。
伊東は学業、武道に励むことで認めてもらおうとしますが、そこで優秀な成績を取っても評価されません。
むしろ母親からは「鷹久は、鴨太郎にいいところを吸われてしまったのだ」と言われるありさまでした。伊東は淋しい幼少期を送っていました…。


列車から落ちそうな伊東を、近藤、新八、神楽が引っ張って助けます。
さらに土方がヘリコプターを斬り、撃退しました。
それを見た伊東は、自分がずっと求めていたものは「絆」で、絆は真選組に入隊したときに、すでに得ていたのだと悟ります。


江戸城では、万斉と銀時の戦いが続いていました。
万斉は、鋼鉄の強度を持つ三味線の弦を銀時の身体に巻きつけ、弦をヘリコプターに引っ張らせることで、銀時を殺そうとします。
しかし銀時は弦を振り回し、逆に万斉のヘリを墜落させました。


騒動の後。
左腕を切断し衰弱した伊東を、真選組が処罰しようとします。
この行為は「伊東を裏切り者として死なせない。武士として、仲間として死なせるため」の計らいでした。
土方と伊東は斬り合い、伊東は真選組の志士たちとの絆を感じながら、「ありがとう」と呟きつつ絶命します。

陰謀に失敗した高杉は「存外幕府もなかなか、丈夫じゃねえか」と言うと、ほくそえみました。
万斉は負けを認め、高杉から離脱します。


山崎の葬儀が営まれました。
実は山崎は生き延びており、いつ出ていくかためらいます。
葬儀を覗いてみると、みんな漫画を読んでいたり、居眠りしていたりと、山崎の死を悲しむ者はいませんでした。
腹を立てた山崎は、幽霊の格好をして怖がらせてやろうと考えます。
ところがそこへ、土方が戻ってきたために、山崎の登場はかき消されてしまいました。


問題は解決しましたが、けっきょくのところ、誰からも一銭も払ってもらっていません。
銀時がそれに気づいたとき、家主のお登勢が現れ、追いかけ始めます…。

(エンドロール)
懲りもせず、また今回も銀時バージョンの曲が作られており、途中まで流れる。
神楽の突っ込みの後、本来のエンド曲『大不正解』。

みんなの感想

ライターの感想

『銀魂』1作目も、原作を知らなくても、じゅうぶん楽しめます。
そいでもって今回の『銀魂2』、こちらも原作を知らなくても、理解できたし面白かったです。
けっこう細かなところまで、凝ってるところがグッド。
私は少年ジャンプを読まないし、少年漫画、少女漫画にうといほうだけど、それでもこの作品は1も2も楽しかった。
うまい具合に実写化、成功させていると思う。
次作も強く希望! このワールド、楽しい!

映画の感想を投稿する

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

映画「銀魂2掟は破るためにこそある」の商品はこちら