映画:闘魂先生Mrネバーギブアップ

「闘魂先生Mrネバーギブアップ」のネタバレあらすじと結末

コメディ映画

闘魂先生 Mr.ネバーギブアップの紹介:2012年に公開されたアメリカ映画で、フランク・コラチが監督を務め、アダム・サンドラーが製作総指揮に参加したスポーツコメディ。主演はケヴィン・ジェームズで、多数の格闘家も出演した作品。勤務している高校が経営難に陥り、子供が生まれる予定の音楽教師が解雇されると聞いて、1人の中年生物教師がお金を稼ぐため総合格闘技に挑む姿を描いている。

闘魂先生Mrネバーギブアップの主な出演者

スコット・ヴォス(ケヴィン・ジェームズ)、ベラ(サルマ・ハエック)、マーティ(ヘンリー・ウィンクラー)、校長(グレッグ・ジャーマン)、ジョー・ローガン(本人)、エリック(ゲイリー・バレンタイン)、マリア(シャリース)、ニコ(バス・ルッテン)

闘魂先生Mrネバーギブアップのネタバレあらすじ

【起】- 闘魂先生Mrネバーギブアップのあらすじ1

ウィルキンソン高校に勤める、42歳の生物教師のスコット・ヴォスは、10年前の2002年に最優秀教師賞を受賞していました。しかし今日も遅刻してしまい、校長に有給を減らされ、バス当番を任されます。やる気のなくなったスコットは、授業中に休暇をとるのでした。
その後にスコットは、活気にあふれている音楽の教室に入ります。そして音楽教師のマーティから、48歳の妻が妊娠したと聞いてお祝いをします。こっそりとバス当番をマーティに任せるスコットでした。
集まった教師たちは、校長から赤字続きだと発表され、昇給もないこと、備品も使えないことを伝えられます。さらには課外活動、選択科目、そして討論部や必修でない音楽系の授業、校外学習も予算がないことから廃止されます。
それではマーティがクビになってしまいます。マーティは音楽が生徒たちの心に必要なのだと訴えますが、金が集まらないと校長に言われてしまうのでした。
マーティが解雇されることに怒ったスコットは、校長から4万8000ドルが必要と言われ、何とか今年の末までに工面することにします。
教師たちを集会に呼ぶことにしますが、来てくれたのは保険医のベラだけでした。
スコットは夜学の市民権講座を行って、今日は132ドルの報酬をもらえます。このままの調子では、お金を集めるのに後18年もかかってしまいます。
市民権講座に参加していたニコは、試験に落ちるとオランダに強制送還されてしまうことから、スコットに家庭教師を依頼します。
話しを引き受けたスコットは、彼が以前格闘家で、今はジムで教えてると聞きます。
ニコの家に到着すると、彼は仲間たちとUFCを見ていました。そのテレビを見て、スコットはファイトマネーの金額に驚きます。勝てば5万ドルで、負けても1万ドルもらえるのです。

【承】- 闘魂先生Mrネバーギブアップのあらすじ2

総合格闘技に挑戦することにしたスコットは、家庭教師をする代わりに、ニコにUFCに出させてと頼みます。負けるだけで良いのです。
ニコはスコットの年齢や経験から無理だと断ります。しかしスコットは、レスリングをしていたと粘ります。そんなこともあって、ニコは引き受けるのでした。
実力を確かめるため、スコットは2日後の週末の試合に出るようにと、ニコに言われます。
底辺の大会に出場したスコットは、ヘルメットとショルダーをつけて派手に登場しますが、膝蹴り1撃でKOされて負けてしまいます。
諦めたスコットは、マーティの家に行きます。マーティが個人教授をしていることから、彼の妻のモリーに家に通され、スコットは待つことにします。
マーティの家には楽器がたくさんありました。実はマーティが生徒用に、フリマで買った楽器を修理していたのです。そのことをモリーから聞いて、スコットは家に帰ることにします。
翌日、スコットは格闘ディスコ講座をしているニコの元に行って、厳しい総合格闘技の練習を受け始めます。ニコはスコットが子犬並に弱いと評価します。
次の試合では、スコットは技を決められ続けます。そして金蹴りをされて逃げまくり、次第に雨が降ってきて中止にしたくなります。
しかし野球ではないので、試合は続行となります。リングが滑りまくり、スコットも相手選手も滑りまくるのでした。結果負けてしまうスコットでしたが、今回は無傷でした。
スコットの生徒のマリアは、父から音楽をやめて店を手伝うように言われていました。この国に来た時、彼女は言葉で苦労しました。歌で勉強して、英語を身につけることができたのです。
マリアは父から学校が無駄と言われていました。同じくスコットも、授業は無駄と言ってたことから、マリアは悲しみます。

【転】- 闘魂先生Mrネバーギブアップのあらすじ3

前回の大会よりも豪華なリングに上がったスコットは、相手選手の猛攻でサンドバッグ状態でした。しかし奇跡が起こり、カウンターが決まって勝つことができます。
ただ、試合前にマーティから手作りのりんごソースをもらっており、それが腐っていて相手選手に吐いてしまいます。
インターネットの動画サイトでは、スコットの試合がアップされており、生徒たちの噂の的になっていました。吐きすぎとツッコまれるスコットでした。
前回の試合で足を痛めており、スコットはこの調子では試合数をこなせないことから、勝つ道を選びます。勝てば報酬が多いので、試合数を減らせるのです。よって防御より攻撃の練習を多くします。
ある日、マリアの父が学校に苦情を言いに来ます。マリアは父に逆らえと、スコットにアドバイスされていました。そのことが原因でした。
スコットは商売が大変でも娘を巻き込んではならないと、マリアの父に伝えます。それはマリアの父の問題だからです。
校長からも試合に出ていることを注意され、スコットはそれは校長が原因であり、営業が足りてないのだと言い返します。
マリアがニコに市民権講座を教えている間に、スコットは訓練をしていきます。そして試合に勝利することができて、応援してくれてる教頭に、分割で払っていくスコットでした。
生徒に大人気となったスコットは、ついにベラをディナーに誘うことができます。塗装業をしている兄のエリックに料理を頼み、スコットは自分が作ったとベラに伝えますがバレてしまいます。夕食後に格闘技ごっこをするなど、ちょっと変わったデートをしたスコットでした。

【結】- 闘魂先生Mrネバーギブアップのあらすじ4

ついにスコットのUFC参戦の打診が来ますが、ニコは危険なこともあってまだ早いと断ります。しかしスコットは、後6000ドルだから出たいと言います。
ニコは自分と同じ年で、自分より弱いのに出場することに不満を持っていました。昔、ニコは無敵の強さを誇っていましたが、練習で首を壊して引退しました。ニコはひがんでいたことを謝り、スコットの参戦を認めるのでした。
参戦に当たっての話し合いが始まり、マリアの父の店で行います。マリアの父の店は、エリックが来たことで繁盛していました。マリアの父はスコットにお礼を言います。
UFCのジョーは、今回ドタキャンの代役として、スコットがディートリックとラスベガスで戦うことを説明します。ジョーの娘もまた、音楽に救われていました。
試合当日、これで引退するから大丈夫と思っていたスコットですが、ベラからの電話で教頭が逮捕されたと聞きます。実は教頭は、何年も前から学校のお金を横領していたのです。スコットが渡していた金も全て消えました。
それを聞いたスコットは、全てを放棄していた今までの自分を改めて、もう逃げないと決意して生徒たちに示すことにします。勝って5万ドルを手に入れるのです。
対戦相手は凶暴で危険なディートリックであり、今回トップ選手と戦えなくなって激怒していました。
入場したスコットは、応援席にベラや生徒たちが来ていることに驚きます。ジョーが招待してくれていたのです。生徒たちの応援の曲を聞きながら、スコットはリングに向かい、勝ちに行くと宣言するのでした。
しかし1ラウンドも2ラウンドも、防戦一方でストップをかけられてもおかしくない状況でした。2ラウンドが終わった時、スコットはセコンドがどこかも分からなくなっていました。
もう無理だと言うスコットを見て、マーティはもうクビのことはどうでもいいと言います。なぜなら、スコットが不可能に立ち向かう精神を生徒たちに見せて、力を与えているからでした。すでにスコットは目標を成し遂げていたのです。
マーティから君こそがヒーローと言われ、スコットは肩の力が抜けて、ディートリックのパンチをかわしていきます。さらにカウンターを当て、膝蹴りをくらわして圧倒していきます。打撃のコンビネーションがヒットし、上段蹴りから投げ落として、パンチの連打で攻め立てます。
しかしスコットは三角絞めから、腕十字を決められそうになります。限界に思えたスコットでしたが、力を振り絞って切り返し、ディートリックをそのまま持ち上げます。そしてリングに打ち付けてKO勝利を収めるのでした。
スコットの勝利に、生徒たちや皆は喜びます。スコットは駆けつけたベラとキスをします。
その後、マーティはクビにならずに音楽を教えることができます。校長はスコットにお礼を言います。ニコたちは市民権を授与されて喜びます。

みんなの感想

ライターの感想

この映画は、笑いあり感動ありと贅沢で素晴らしい作品になっています。特に最後の試合で、マーティがスコットを励ます言葉には涙が落ちます。応援する生徒たちの中で、マリア役のシャリースの美声が感動を高めていると言えます。
また、笑える場面も豊富にあって、つい爆笑してしまいます。ダンクを失敗するスコットの姿や、のりのりで格闘ディスク講座をするニコの姿、楽しそうにケーキをぶつけ合うおやじたちなどなど、面白い場面が目白押しです。
そして総合格闘技がテーマとなっている映画なので、その試合を観戦することもできます。様々な技が飛び出し、飛び蹴りや絞め技など、格闘技好きな方にはたまらない映画となっています。
最後まで見終わって、マリアの父や校長から苦情を言われても、自分を見失わずに前に進むスコットの姿に心打たれました。彼の姿を見て、生きる力をぜひ受け取って欲しいと思います。

映画の感想を投稿する

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

映画「闘魂先生Mrネバーギブアップ」の商品はこちら