「雨に唄えば」のネタバレあらすじと結末の感想

コメディ映画

雨に唄えばの紹介:サイレント映画から新時代へ移り変わる映画界。俳優陣の舞台裏でのドタバタや、恋愛模様を軽快なダンスと歌で綴ったミュージカル作。主演はミュージカルスターのジーン・ケリーで、スタンリー・ドーネンと共に監督・ダンスの振付けも務めた。言わずと知れた傑作ミュージカルで、1952年の公開作。

予告動画

雨に唄えばの主な出演者

ドン・ロックウッド(ジーン・ケリー)、キャシー・セルドン(デビー・レイノルズ)、コズモ・ブラウン(ドナルド・オコナー)、リナ(ジーン・ヘイゲン)、シンプソン(ミラード・ミッチェル)、デクスター(ダグラス・フォーリー)、ゼルダ(リタ・モレノ)

雨に唄えばのネタバレあらすじ

【起】- 雨に唄えばのあらすじ1

サイレント映画の全盛期、ハリウッドのスターとなったドン。彼は幼いころから、親友のコズモとショーに魅せられて育ちました。共に演劇アカデミーを卒業後、ミュージシャンとしてモニュメンタル映画会社へ入社します。ところがドンは人手不足によって急遽スタントマンとして活動することに。ドンのずば抜けた運動神経を目の当たりにした社長のシンプソンは、ドンを既にスターだったリナの相手役に抜擢。以来10本以上の作品で共演をした2人は、大スターであると同時に絶世のカップルとして、世間から羨望のまなざしを向けられるようになりました。
実のところドンとリナは交際しておらず、話題作りのために会社が仕掛けたものでした。リナがドンに好意を寄せる一方で、ドンは高慢な彼女に恋愛感情は微塵も感じていません。更にリナには問題が…。彼女は映画の舞台挨拶の際も、人前では一切話させてもらえないのです。リナは甲高く耳障りな声の持ち主で、会社側は彼女の劇中と現実のギャップに頭を抱えていました。

ある夜ドンはパーティに向かう途中で、ファンに囲まれてしまいます。逃げ出したドンは見知らぬ女性の車に飛び乗りました。運転していたのは、舞台女優を目指しているというキャシー。彼女は大スターのドンのこともよく知らなければ、“だんまり演技”のサイレント映画は、演技ではないとキッパリ否定します。まだ若いキャシーに批判されたドンは、むしゃくしゃして車を降りました。

【承】- 雨に唄えばのあらすじ2

パーティではシンプソンが、トーキー映画(音声と映像が同期化した映画)の試写を上映しました。ライバル社が『ジャズ・シンガー』(実際の作品)というトーキー作品を公開するというのです。ドンをはじめ現場にいた多くの人間がサイレント映画の隆盛を信じて止まず、シンプソンの意見には頷きませんでした。
パーティも中盤。登場したコーラス・ガールが、華やかな歌とダンスを披露します。驚くことにその一員にキャシーがいました。舞台にも上がれず、踊り子をしているキャシーにドンは嫌味を投げかけますが、彼女は大スターにも屈しません。キュートなルックスながら、歯に衣着せぬ発言をするキャシー。ドンが彼女に惹かれるのに時間はかかりませんでした。

パーティから3週間経っても、ドンはキャシーのことで頭がいっぱい。キャシーがなぜかコーラス・ガールを解雇されたため、ドンは会うことさえ叶いません。しかしキャシーの解雇が妬いたリナの仕業だと判明し、ドンはリナへの嫌悪感を強めました。

『ジャズ・シンガー』が大ヒットしシンプソンは、ドンとリナが共演する次回作『闘う騎士』もトーキーで製作すると決断します。こうなると発生するのは、リナの声の問題でした…。
そんな中、モニュメンタル社の新作にキャシーがコーラス隊として参加していました。思わぬ再会にドンは大喜び。実はキャシーもドンに惹かれていたのですが、リナとの関係を不安に感じていました。ドンはキャシーへ思いを告げ、2人は愛情を確かめ合いました。
しかしドンは以前キャシーに指摘されたように、台詞を話さなければならなくなった今、自分は大根役者だと悩んでいました。それはドンだけの問題ではありません。ハリウッドの役者たちは、こぞって発声教室に通い出しました。同じようにドンやリナも特訓を始めます。ドンはすぐに習得するものの、リナはどうしてもまともな発声ができません。それでも自信家のリナは、余裕しゃくしゃくな態度でした。

【転】- 雨に唄えばのあらすじ3

台詞のある演技に鈍臭いリナが悪戦苦闘しましたが、なんとか『闘う騎士』の試写会を迎えます。ところが作品はリナの下手な演技だけではなく、技術者の能力もまだ足らず、音声と映像がずれたり効果音が大きすぎるなど、まるでコメディのような仕上がりに…。当然試写会に来た客からは「最低の映画だ」と酷評されてしまいます。封切りまで6週間と迫っていました。

散々な結果にドンは落ち込みます。キャシーやコズモが励ましますが、ドンは自分の実力の無さを実感していました。ドンを元気づけようとコズモが軽快なダンスをしたのをきっかけに、3人は『闘う騎士』をミュージカルにすることを思いつきます。しかし肝心のリナは芝居も歌も踊りもダメ…。そこでコズモは、キャシーの声で吹替えしようと提案します。ドンはキャシーが裏方になることに抵抗を感じますが、まずは映画やドンを救うことが大切だとキャシーは吹替えを快諾しました。
夜も遅くなりキャシーを家まで送ったドンは、彼女の温かさに触れ幸せな気持ちに包まれます。ドンは雨が降っていても太陽が輝いているような気分で、どしゃぶりの中を歌って踊って帰りました。(この場面が有名なシーン)。

吹替えは名案だとシンプソンも受入れ、作品は『踊る騎士』に改題することに。キャシーを嫌っているリナに気付かれないように、吹替え作業も行われていきました。シンプソンはキャシーの美声や演技力を気に入り、次回作で女優としての起用を決めます。一生懸命なキャシーに、ドンの思いも深まっていきました。

【結】- 雨に唄えばのあらすじ4

製作が順調に進む中、吹替えの事実がリナにバレてしまいます。リナは激高しますが、吹替えはキャシーであると名前をクレジットするうえに、彼女の宣伝も行うとドンが言い切りました。そのため怒ったリナが行動に出ます。リナ本人の歌声の新作だと新聞社に独占記事を書かせたうえに、彼女はスターという立場を利用して、キャシーを吹替え専門の女優にするとシンプソンに持ち掛けたのでした。

『踊る騎士』のプレミアショーが行われ、ドンとリナは大喝采を浴びます。自分の演技が褒められていると勘違いしたリナは、舞台裏でキャシーはこれからも吹替えだと言い渡しました。それでも煮え切らない態度のシンプソンに激怒したリナは、今までさせてもらえなかった舞台挨拶をするために、1人でステージへ向かいます。ある考えがあったドンは、リナをあえて野放しにしました。
リナの地声を聞いた観客がやはり騒ぎ出します。急遽リナが観客の前で歌ってみせることになったため、緞帳の裏でキャシーが生で歌うことに。ドンは美しい歌声に聴き入る観客に声の正体を知らせるため、緞帳を引き揚げました。虚しくなり思わずステージを飛び降りたキャシーに、ドンが「本当のスターだ」と叫んで引き留めます。2人は互いの思いを伝え合い、そして観客は新たなヒロインの誕生の目撃者となるのでした。

やがてドンとキャシーが主演の『Singin' in the Rain』が完成します。2人は自分たちが描かれた大きな看板の前で、口づけを交わしました。

みんなの感想

ライターの感想

これほど著名な作品ながら未だ鑑賞していなかったので、いざ!
歌はもちろんのことジーン・ケリー、ドナルド・オコナー、デビー・レイノルズのダンスやステップが圧巻で、ストーリーが吹っ飛ぶくらい魅せられました。
『雨に唄えば』というタイトルながら、雨の場面はほんの少し。あまりにも有名すぎるあのどしゃぶりの名シーンのために『Singin' in the Rain』という曲が選ばれ、タイトルにもなったのだろうと感じました。くよくよしそうになった時、落ち込む時、そんな時に深く考えすぎず明るさを与えてくれる作品ではないでしょうか。爽快でした。

映画の感想を投稿する

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

映画「雨に唄えば」の商品はこちら