映画:音量を上げろタコなに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ

「音量を上げろタコなに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

コメディ映画

音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!の紹介:2018年10月12日公開の日本映画。「時効警察」シリーズなどユニークな作品で知られる三木聡監督の、『俺俺』以来5年ぶりの監督作となるコメディ。驚異的な歌声で人気のロックスターと声が小さすぎるストリート・ミュージシャンが出会い、巻き起こす騒動がつづられる。パンクロックバンド、グループ魂のボーカルとしても活躍する阿部サダヲがパワフルな歌声を披露する。

あらすじ動画

音量を上げろタコなに歌ってんのか全然わかんねぇんだよの主な出演者

シン(阿部サダヲ)、明日葉ふうか(吉岡里帆)、坂口(千葉雄大)、女医(麻生久美子)、自滅(小峠英二)、伊能聖子(片山友希)、木之本(中村優子)、シンの母親(池津祥子)、よろこびソバのおじさん/ピザの配達員(森下能幸)、無料レコード社長(岩松了)、デビルおばさん(ふせえり)、社長(田中哲司)、ザッパおじさん(松尾スズキ)、ぎょうにんべん(村上航)

音量を上げろタコなに歌ってんのか全然わかんねぇんだよのネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①世界的ロックシンガーのシンは声帯ドーピングをしており、喉が限界を迎えていた。声帯が切れて喉から血が出るようになっていたシンはふうかと出会い、韓国で手術を受けることを決意。 ②ふうかは小さな声でしか歌えない女性だったが、シンに励まされて大きな声を出せるように。ふうかはミュージシャンとしてデビュー、対馬から釜山の刑務所にいるシンに声を届けた。

【起】– 音量を上げろタコなに歌ってんのか全然わかんねぇんだよのあらすじ1

音量を上げろタコなに歌ってんのか全然わかんねぇんだよのシーン1

画像引用元:YouTube / 音量を上げろタコなに歌ってんのか全然わかんねぇんだよトレーラー映像

シンという男性は、顔を白と黒に塗ってステージに立つ、ロックシンガーです。

メイクが濃いので、シンの素顔は分かりにくいものでした。

シンはその独特の声で、世界的に有名なロックシンガーの座にのぼりつめています。

しかし…シンの声には、大きな秘密がありました。

シンは「声帯ドーピング」という、韓国で極秘裏におこなった整形手術により、得た声だったのです。

整形によって得た声を売りにしていたシンですが、その喉も限界を迎え始めていました。

喉を酷使するあまり、シンは歌うたびに喉から大量の血を吐くようになっています。

同じ頃。

明日葉ふうかは、ストリートミュージシャンです。

街頭で歌うふうかは下手ではないのですが、「声が小さすぎる」という致命的な欠点がありました。

むしろ声は綺麗なほうなのですが、いかんせん小さすぎるので、路上の客には聞こえません。

ふうかが歌い始めると、客が思わず「声ちっさ」と、つっこみをいれるほどです。

ふうかといっしょに活動していた仲間も、声が小さすぎるということで離れていきました。

ふうか自身もどうにかしたいと思ってはいるのですが、なかなかうまくいきません。

ふうかは、自分の歌に自信がありませんでした。

そのため、声も小さくなっているのです。

ライブ中に大量の血を吐いてしまったシンは、ピザの宅配のバイクを奪い、ライブ会場をあとにします。

ふうかは吉祥寺で、路上ライブをしていました。

工事現場の水道管が破裂し、シンの乗ったバイクがすべって転倒し、ふうかのところまで近づきます。

倒れたシンは水を浴びたため、素顔になりました。

そのため、ふうかはシンの正体を知らないまま、警察と救急を呼ぼうとします。

そんなふうかにしがみついたシンは、ふうかの顔に向けて血を吐きかけました。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「音量を上げろタコなに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×