映画:麻雀放浪記2020

「麻雀放浪記2020」のネタバレあらすじと結末

麻雀放浪記2020の紹介:2019年4月5日公開の日本映画。真田広之主演で映画化されたこともある阿佐田哲也のベストセラー小説を、『孤狼の血』の白石和彌監督が大胆に映像化したコメディ。1945年から2020年にタイムスリップした天才ギャンブラーの青年が、麻雀を武器に激動の時代を生き抜く姿を描く。映画監督としても活躍する斎藤工が主人公の坊や哲を怪演し、ふんどし姿も披露する。

あらすじ動画

麻雀放浪記2020の主な出演者

坊や哲(斎藤工)、ドテ子(もも)、八代ゆき(ベッキー)、ドサ健(的場浩司)、ドク(岡崎体育)、杜(ピエール瀧)、(音尾琢真)、(村杉蝉之介)、(伊武雅刀)、(矢島健一)、(吉澤健)、女衒の達徳(堀内正美)、出目徳(小松政夫)、クソ丸(竹中直人)、量産型AI搭載セクサロイド(ヴァニラ)

麻雀放浪記2020のネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①1945年の焦土で賭け麻雀をする20歳の哲は、伝説の技チューレンポートンを出した際に雷に打たれ、2020年の東京へタイムスリップする。元の世界に戻るには同じ条件を作ること。 ②2020年の東京で麻雀五輪が開催された。哲はそこでチューレンポートンをみごと出し、1945年に戻った。

【起】- 麻雀放浪記2020のあらすじ1

麻雀放浪記2020のシーン1 〔1945年〕

戦後、焦土と化した日本は、生きるすべを失った男たちであふれかえっていました。
彼らの一部は、金の力で金を産もうとし、麻雀などの賭博に持てる力を捧げます。
若者の「坊や哲」も、そのひとりでした。
麻雀クラブ『オックス』で、賭け麻雀に興じます…。


つぎの瞬間。

〔2020年〕

気づくと哲は路地裏に寝転がっていました。
手にはウーピン(五筒 五つの団子みたいなマークの牌)を握っています。
(これが映画の終盤の伏線でもある)

周囲の景色は、大幅に変わっていました。
焦土と化した東京だったはずなのに、建物はありますし、「国軍化絶対反対」と騒ぐデモ隊と警官隊が、衝突をしています。

哲は、先ほどまで自分がいたはずの場所、麻雀クラブ『オックス』へ行きますが、そこは「浅草バッティングスタジアム」という別の建物に変わっていました。
建物の壁には東京五輪、オリンピックのポスターが貼られています。

通りがかった通行人がポスターを見て、「あんだけ税金使ったくせに」と、五輪が中止になったことをぼやきました。
東京五輪は五年前(1940年)に開催されたではないかと主張する哲と、通行人との会話に齟齬が生じます。
しかし会話の一部は通じるものですから、なかなかずれに気づきません。
通行人の言うところの「終戦」が3月3日…と聞いた哲は、さすがにおかしいと気づきました。

ここに至って初めて、哲は、自分が1945年の日本から、2020年の東京へタイムスリップしてきたと知ります。
2020年の東京は、オリンピック開催が決まっていたのですが、第三次世界大戦の勃発、敗戦により、五輪も中止になっていたのでした。


2020年の東京の変化は、それだけではありません。
哲の知る1945年から75年も経過していますから、文明の発達は著しいものです。
話は前後しますが、哲はこの世界で「全自動麻雀卓」を見て、衝撃を受けます。
昔は手で牌をかき混ぜるのが、当たり前でした。

少子高齢化、環境破壊、マイナンバー制度…マイナンバー制度に伴い、人間ひとりひとりに登録がなされ、究極の管理社会になっています。
全自動麻雀卓に驚いた哲は、続けて、一緒に卓を囲んだ女性たちから、「賭け麻雀は禁止されている」と聞かされて驚愕しました。
それでは金の稼ぎようがありません。

さらに、75年前からタイムスリップしてきている哲は、登録がないために、機械にはじかれます。
哲を救ってくれたのは、コスプレ喫茶で働く若い女性アイドル・ドテ子でした。
ドテ子は哲が話すことを「哲が作った自分自身へのキャラ設定」だと思い、感心します。
ドテ子の下宿へ行った哲は、ドテ子の所属する芸能プロダクションの社長・大恩寺クソ丸と会いました。
クソ丸は金がないので、社長だけでなくドテ子のマネージャーもしています。

【承】- 麻雀放浪記2020のあらすじ2

麻雀放浪記2020のシーン2 ドテ子は、テレビ局で放送される麻雀番組に出演していました。
しかし負けが込んでおり、ドテ子の人気自体もイマイチです。


同じ頃。
東京五輪組織委員会は、中止になった東京五輪に代わるものを、東京で開催しようと決めていました。
そこへある研究施設が、売り込みにやってきます。
世界最高水準のAIを搭載したロボット・YUKI(ユキ)を見せた研究者は、大きなイベントを開催することで、YUKIを全世界に派手に宣伝したいと考えていました。
東京五輪組織委員会は、YUKIを使い、人間とAIが競う「麻雀五輪」の開催を決定します。


さて哲のほうは、麻雀をしているうちに、タイムスリップするまでの経緯を思い出していました。
1945年の世界で哲は、同棲していたクラブのママ・ユキという女性が好きでした。
哲はユキにアタックしていましたが、ユキは「麻雀に勝たないと駄目」と、身体を許してくれません。

11月5日のあの日。
哲、ユキ、馴染みの博打(ばくち)打ちであるドサ健、出目徳たちは卓を囲み、ある奇跡を起こします。
「あがった(和了 ホーラ)ら死ぬ」と言われるほどの伝説の役、「チューレンポートン(九蓮宝燈)」をテンパイ(聴牌 あがりのひとつ手前)し、あがったのです。
あがった牌が、ウーピン(五筒)でした。
哲があがった瞬間に麻雀クラブ『オックス』に雷が落ち、雷の力で、哲は2020年の未来へ飛ばされたのです。

その頃になると、クソ丸もドテ子も、哲が「キャラ作り」しているわけではなく、本当に1945年の過去からタイムスリップしてきていると、信じ始めていました。
話を聞いたクソ丸とドテ子は、同じ役、チューレンポートンをもう一度出せば、過去に戻れるのではないかと哲にアドバイスします。


こうして哲は、チューレンポートンをもう一度出すために、麻雀の対戦をしようと考えます。
ためし、哲、クソ丸、ドテ子の3人で麻雀をしてみますが、チューレンポートンが出ても、なにも起こりませんでした。
場所が悪いのか人数が3人だからなのか、そもそも雷すら起こりません。

【転】- 麻雀放浪記2020のあらすじ3

麻雀放浪記2020のシーン3 クソ丸がプロデュースし、哲はふんどし一丁の「昭和哲」というキャラで、麻雀番組に出演します。
これが大当たりしました。
最初、その見た目のダサさに視聴者は失笑していたのですが、哲がべらぼうに麻雀に強いと知ると、子どもたちも真似するくらい、哲は人気者になります。
この哲の強さが、麻雀五輪開催の委員会の目に留まります。

哲自身は自分の人気など、二の次でした。強い相手と戦うことだけを追い求めます。
ドテ子が遊ぶ麻雀アプリの操作方法を教わり、ネットで対戦してみました。
そこには堂々の1位を誇る「ミスターK」という人物がおり、哲はその相手と勝負したいのですが、そのためにはアプリで10位圏内に入らないとなりません。
哲は必死でネット対戦を重ねて勝ちを収め、2位にラインクインします。

ミスターKととうとう対決するに至った哲は、そこでチューレンポートンをテンパイしました。
あともうひとつで、あがりです。
空には雷が立ち込め、条件が揃えば過去に戻れるかもしれませんでした。
期待した哲ですが、相手が逃げてしまったことでかないませんでした。
哲は落胆します。


ヤケになった哲は場末の賭博場へ入り、チンチロリン(サイコロ3つをドンブリの中で転がし、出た目を競う賭け)をしました。
そこへ警察が乱入し、哲は逮捕されそうになります。
ドテ子とラブホテルへ逃げ込んだ哲は、そこで初体験のチャンスに恵まれました。
しかしドテ子側の事情で未遂に終わります。

ドテ子は身体を売って、金を稼ぐこともしていました。
それを認めたくないドテ子は、嫌悪で人間と行為をすることができなくなります。
バーチャルリアリティーで、シマウマ(動物)としているという設定でないと、できなくなっているのです。
もしくは、相手の男性にシマウマのマスクをかぶってもらう…という状態でした。

好意を持つ哲となら、できるかもしれないとドテ子は思うのですが、キスをしている最中にドテ子はゲロを吐き、そうこうしているうちに、警官隊が突入してきます。

【結】- 麻雀放浪記2020のあらすじ4

麻雀放浪記2020のシーン2 違法賭博で逮捕された哲は、謝罪会見を要求されました。
謝罪会見は、いっしょに逮捕されたドテ子を釈放する条件つきです。

留置所で哲は、チンチロリンの場で会った老人の賭博師に再会しました。
その賭博師は、1945年の時代にはよく見かけた、いわゆる「本物の賭博師」でした。
賭けを戦いとし、戦いのためならばなんでも差し出す人物です。
留置所で哲と賭博師は再び、チンチロリンをしました。
勝った哲に、賭博師は自分の眼球を迷うことなく抉ると、差し出します。
それを見た哲は、自分の度胸も覚悟も、まだまだ足りていなかったことに気づき、号泣します。


謝罪会見をした哲はドテ子と共に釈放され、麻雀五輪への出場を決めます。

麻雀五輪に出場したのは、奇妙な偶然ですが、1945年にチューレンポートンを出したときのメンバーにそっくりでした。
東に哲が出ます。
南にヤンという中国人が座りますが、見た目は出目徳そっくりでした。
西にAIのYUKIですが、哲が好きなユキにそっくりです。
北にはミスターKが座りました。彼は、ドサ健そっくりです。

勝負の序盤は、YUKIの圧倒的勝利でした。断トツの勝利を収めて、一回戦を終えます。
哲を勝たせたいドテ子は、ファンが差し出す電磁パルス砲を撃ち、会場を停電に陥れました。
しかしYUKIは復活します。

全自動麻雀卓が使えなくなり、手でかき混ぜて牌を詰む、昔ながらの「手詰(てづみ)」になりました。
この瞬間、哲、ヤン、ミスターKら人間側は、無言で目配せをし、自分たちに有利になるよう持っていきます。
実は手詰の場合、「イカサマ」ができるのです。インチキとは異なり、イカサマは「勝つための作戦」です。
瞬時に牌の配置を決めて詰むには、それ相応の高度の知恵が要求されます。

手詰になると、人間側が有利になりました。
YUKIは分析をし、答えを導き出します。
それを学習し会得したYUKIは、再び猛進撃を開始しました。
ヤンやミスターKは、ついていけなくなります。

最終局。
ヤンとミスターKは人間側の意地があり、哲に味方をします。
AIのYUKIを勝たせるくらいならと、哲へ助け舟を入れました。
しかも哲は、チューレンポートンの手を作り始めていました。

ところが…あがるための牌、ウーピン(五筒)はすでに捨てられており、盤上にあります。
ヤンとミスターKは負けたと思いました。
哲はそのとき、1945年から持ってきたウーピンをポケットから出すと、あがります。
(これがオープニングの伏線回収)

会場に落雷があり、哲はタイムスリップ寸前でした。
ダイブしてきたドテ子は、哲にキスします。今度はドテ子も吐きませんでした…。


〔1945年11月5日〕

…哲が目覚めると、時間は経過することなく、11月5日のままでした。
厳密には、麻雀クラブ『オックス』の対戦前です。
哲は『オックス』へ入ると、なにごともなかったかのように、仲間たちと麻雀を始めます…。


(エンド後)
タイムスリップは本当だった。だから、1945年の焦土のなかに、2020年のAIロボット、YUKIが倒れている。

みんなの感想

ライターの感想

ジャンルは間違いなくコメディ。でもゲラゲラ笑う系ではなく、くすっ、ニヤリとするブラックコメディ。
くだらないのだけれど面白い。しかもキャストはゴージャス。昭和の香りもちゃんとする。
参考までに、私は麻雀の知識はありませんが、それでも理解できました。
なので、「麻雀」という名がついていても、敷居は高くありません。
でもたぶん「知ってると相当面白いんだろうな」とも感じた。
くだらない内容(たとえばふんどし一丁)を全力でやってるこの姿勢が、とにかく面白い。

映画の感想を投稿する

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

映画「麻雀放浪記2020」の商品はこちら