映画:麻雀放浪記2020

「麻雀放浪記2020」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

コメディ映画

麻雀放浪記2020の紹介:2019年4月5日公開の日本映画。真田広之主演で映画化されたこともある阿佐田哲也のベストセラー小説を、『孤狼の血』の白石和彌監督が大胆に映像化したコメディ。1945年から2020年にタイムスリップした天才ギャンブラーの青年が、麻雀を武器に激動の時代を生き抜く姿を描く。映画監督としても活躍する斎藤工が主人公の坊や哲を怪演し、ふんどし姿も披露する。

あらすじ動画

麻雀放浪記2020の主な出演者

坊や哲(斎藤工)、ドテ子(もも)、八代ゆき(ベッキー)、ドサ健(的場浩司)、ドク(岡崎体育)、杜(ピエール瀧)、(音尾琢真)、(村杉蝉之介)、(伊武雅刀)、(矢島健一)、(吉澤健)、女衒の達徳(堀内正美)、出目徳(小松政夫)、クソ丸(竹中直人)、量産型AI搭載セクサロイド(ヴァニラ)

麻雀放浪記2020のネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①1945年の焦土で賭け麻雀をする20歳の哲は、伝説の技チューレンポートンを出した際に雷に打たれ、2020年の東京へタイムスリップする。元の世界に戻るには同じ条件を作ること。 ②2020年の東京で麻雀五輪が開催された。哲はそこでチューレンポートンをみごと出し、1945年に戻った。

【起】– 麻雀放浪記2020のあらすじ1

麻雀放浪記2020のシーン1

画像引用元:YouTube / 麻雀放浪記2020トレーラー映像

〔1945年〕

戦後、焦土と化した日本は、生きるすべを失った男たちであふれかえっていました。

彼らの一部は、金の力で金を産もうとし、麻雀などの賭博に持てる力を捧げます。

若者の「坊や哲」も、そのひとりでした。

麻雀クラブ『オックス』で、賭け麻雀に興じます…。

つぎの瞬間。

〔2020年〕

気づくと哲は路地裏に寝転がっていました。

手にはウーピン(五筒 五つの団子みたいなマークの牌)を握っています。

(これが映画の終盤の伏線でもある)

周囲の景色は、大幅に変わっていました。

焦土と化した東京だったはずなのに、建物はありますし、「国軍化絶対反対」と騒ぐデモ隊と警官隊が、衝突をしています。

哲は、先ほどまで自分がいたはずの場所、麻雀クラブ『オックス』へ行きますが、そこは「浅草バッティングスタジアム」という別の建物に変わっていました。

建物の壁には東京五輪、オリンピックのポスターが貼られています。

通りがかった通行人がポスターを見て、「あんだけ税金使ったくせに」と、五輪が中止になったことをぼやきました。

東京五輪は五年前(1940年)に開催されたではないかと主張する哲と、通行人との会話に齟齬が生じます。

しかし会話の一部は通じるものですから、なかなかずれに気づきません。

通行人の言うところの「終戦」が3月3日…と聞いた哲は、さすがにおかしいと気づきました。

ここに至って初めて、哲は、自分が1945年の日本から、2020年の東京へタイムスリップしてきたと知ります。

2020年の東京は、オリンピック開催が決まっていたのですが、第三次世界大戦の勃発、敗戦により、五輪も中止になっていたのでした。

2020年の東京の変化は、それだけではありません。

哲の知る1945年から75年も経過していますから、文明の発達は著しいものです。

話は前後しますが、哲はこの世界で「全自動麻雀卓」を見て、衝撃を受けます。

昔は手で牌をかき混ぜるのが、当たり前でした。

少子高齢化、環境破壊、マイナンバー制度…マイナンバー制度に伴い、人間ひとりひとりに登録がなされ、究極の管理社会になっています。

全自動麻雀卓に驚いた哲は、続けて、一緒に卓を囲んだ女性たちから、「賭け麻雀は禁止されている」と聞かされて驚愕しました。

それでは金の稼ぎようがありません。

さらに、75年前からタイムスリップしてきている哲は、登録がないために、機械にはじかれます。

哲を救ってくれたのは、コスプレ喫茶で働く若い女性アイドル・ドテ子でした。

ドテ子は哲が話すことを「哲が作った自分自身へのキャラ設定」だと思い、感心します。

ドテ子の下宿へ行った哲は、ドテ子の所属する芸能プロダクションの社長・大恩寺クソ丸と会いました。

クソ丸は金がないので、社長だけでなくドテ子のマネージャーもしています。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「麻雀放浪記2020」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ

×