映画:黄金狂時代

「黄金狂時代」のネタバレあらすじと結末

黄金狂時代の紹介:1925年公開のアメリカ映画。アラスカを舞台に、人間たちの欲望を笑いと卓越した物語で描いた作品。チャールズ・チャップリンが監督・脚本・制作・主演を務めた傑作。

あらすじ動画

【お知らせ】Youtube動画でわかるネタバレはこちら!

定期的に動画をアップするので、チャンネル登録よろしくお願いします!

黄金狂時代の主な出演者

孤独な金鉱探しチャーリー(チャールズ・チャップリン)、ジョージア(ジョージア・ヘイル)、ビッグ・ジム・マッケイ(マック・スウェイン)、ブラック・ラーセン(トム・マレイ)、ハンク・カーティス(ヘンリー・バーグマン)、ジャック(マルコム・ウエイト)、バーテンダー(スタンリー・J・サンフォード)

黄金狂時代のネタバレあらすじ

【起】- 黄金狂時代のあらすじ1

北国アラスカに、希望と夢を託し、黄金を求めて数千の人々が未知の土地に踏み入りました。最大の難所はチルクート峠で、多くの人々が命を落とし挫折しましたが、勇敢な人々は先に進みました。
チャーリーもその一人であり、後ろから熊がついてきてましたが、気づいていませんでした。滑って雪の斜面を降りていきます。
北へ行こうと考え、メモに書いた東西南北で方向を決めます。進んだ先には、ジム・サワドゥここに眠ると書かれた墓がありました。道に迷って死んだそうです。
自然は荒れ狂い、ブリザードが吹き荒れます。悪党のブラック・ラーセンは小屋にいました。そこへチャーリーがやってきて、ラーセンは隠れます。
チャーリーがむしゃむしゃと置いてた肉を食べ始めます。ラーセンは姿を現して、小屋から出ていくように指図します。
扉を開けると吹雪が強すぎて、チャーリーは外に出ることができません。反対側の裏口から外に飛んでいってしまいます。チャーリーが戻ってくると、ラーセンが裏口から外に飛ばされていきます。
ここへジム・マッケーという探検家がやってきます。彼は金鉱採掘権を保有しています。
ジムは小屋にあった肉を食べていきます。ラーセンが戻ってきて、二人に出ていくように指図します。銃を使おうとすると、ジムに取り上げられてしまいます。
三人は小屋に留まることにします。飢えが極限状態になり、チャーリーはロウソクを食べます。ラーセンに嘘をついて食べてないと言うと、もし嘘なら胃を割くぞと言われます。
このままでは駄目だと、誰かが食い物を探しに行くことになります。トランプで一番小さい数字を引いたものが行くことにします。
ラーセンが行くことになりますが、法の手が伸びてきてました。ラーセンは返り討ちにし、彼らの荷物のソリを持って行きます。

【承】- 黄金狂時代のあらすじ2

その頃、感謝祭の日になったので、チャーリーとジムは靴を煮て食べることにします。靴底と紐をチャーリーが、周りの皮の部分はジムが食べることになります。チャーリーは紐をスパゲティみたいに食べていきます。
それから外を探しても、野ネズミ一匹見つかりませんでした。あまりの空腹に、ジムはふらふらになって頭がおかしくなります。
チャーリーが鳥に見えてきたのです。ナイフを取り出して、チャーリーを食べようとします。チャーリーは外に逃げて、自分が人間であることを説明します。
ジムが我に返ります。しかし、少しして鳥じゃなくても食べようと考えます。チャーリーは寝る間も警戒を怠ることができません。
銃の取り合いとなっていると、熊が小屋に入ってきます。チャーリーが熊を撃って、食事にありつけます。
チャーリーとジムは二手に分かれます。ジムは金鉱へと戻りますが、ラーセンが金鉱を見つけていました。
ラーセンはスコップでジムを殴って気絶させ、金鉱をソリに乗せて去ります。しかし崖の地面が崩れて、金鉱を残し、ラーセンは落ちていきます。
凍った極北の地に町が生まれ、人々が溢れて活気に満ちていました。そこにジョージアという女性がいました。
彼女は女の敵であるジャックが嫌いで、まともな男を見つけ、町を出ると考えていました。酒場にやってきたチャーリーは彼女に惹かれ、落ちていたジョージアの写真を拾います。
ジャックはしつこくジョージアに迫ります。ジョージアは彼に恥をかかせようと、チャーリーに踊ろうと誘います。
チャーリーは片靴の代わりに何かを巻いていて、ベルトもないのでズボンがズレまくります。ベルトの代わりにロープを縛ると、それは犬のリードでした。
踊っていると、チャーリーの後ろには犬がついてきます。猫がやってきて、犬はそっちにダッシュします。チャーリーはこけてしまい、ジョージアは面白くて笑ってしまいます。
踊りが終わり、ジョージアはジャックを突っぱねます。チャーリーは騎士のように彼女を守り、ジャックに後を追わせないようにします。
ジャックはチャーリーの帽子を深く被らせ、前を見えなくしてやります。チャーリーは拳を前に出しますが、空振りします。
すると上から時計が降ってきて、ジャックはのびてしまいます。前が見えるようになったチャーリーは、こんなに力があったとはと、誇らしげに人々の間を堂々と通っていきます。

【転】- 黄金狂時代のあらすじ3

酒場近くには、鉱山技師のハンクの小屋がありました。ハンクは時々、奥地に長い旅に出かけます。
飢えと寒さから、チャーリーは小屋の前で凍ったふりをします。ハンクが見つけて、家の中に担いで行きます。
ハンクは大変だと飲み物や食べ物を与えます。最初は死にかけてる感じでしたが、チャーリーは飲み食いし始めると元気になります。おかわりもどしどし頼みます。
ハンクの仲間たちがやってきて、チャーリーは留守を頼まれます。そこへ友人たちと雪合戦をしているジョージアがやってきます。
チャーリーは酒場以来、ジョージアと会うことができます。小屋へと通し、チャーリーは薪を取りに外に行きます。
ジョージアは彼の枕の下に、自分の写真がある秘密を知ります。戻ってきたチャーリーは、近くにジョージアがいることで、心の中が歌を歌い続けていました。
ジョージアたちが帰ることになり、チャーリーはまた孤独になるのかと考えます。またくるかどうかジョージアに聞きます。彼女は大晦日に来ると言ってくれます。
一人、家の中でチャーリーは喜びまくります。枕の中から羽毛が飛び出して、家の中は羽毛だらけです。そこへ手袋を忘れたとジョージアが戻ってきます。彼女は驚き、手袋を持って帰ります。
チャーリーは大晦日のご馳走代を稼ぐため、店の前で雪かきの仕事を頑張ります。最初に仕事を持ちかけた店は断ったので、隣の店から始めます。
雪を全部断った店へとポイポイ積んでいきます。すると断った店が外に出れないと困っています。チャーリーはその店の雪かきもしてあげます。雪はそのまた隣の留置場の入り口に積もります。
大晦日、チャーリーはご馳走を用意して、ジョージアたちを待ちます。ウトウトしてしまって、皆の前で挨拶している夢を見ます。
言葉がつまるチャーリーは、ダンスで挨拶をすることにします。フォークをパンに刺して、靴を履いてる足に例え、ダンスを披露します。目を覚ましたチャーリーは酒場に向います。
その頃、ジョージアはジャックたちと酒場で騒いでいました。新年が明けて、チャーリーの小屋に行くことを思い出します。
小屋にはチャーリーがおらず、プレゼントにご馳走が用意されてるのをジョージアは発見します。彼女は悪いことをしてしまったと、その場に立ち尽くします。
チャーリーは酒場で、ジョージアからの謝罪の手紙を受け取ります。そして彼女を探しに酒場をうろつきます。

【結】- 黄金狂時代のあらすじ4

気絶していたジムは目を覚まして、登記所に金鉱のことを知らせに行きます。しかし、記憶を失っていて、小屋があったことだけを覚えていました。
酒場にやってきたジムは、チャーリーを見て思い出します。一緒に金鉱を見つけて、大金持ちになろうと提案します。
チャーリーはジョージアを見つけて、愛してること、金持ちになって連れ出してあげることを告げます。
そしてチャーリーとジムは、アラスカの小屋へと戻ってきます。自然が再び荒れ狂っていきますが、チャーリーたちは熟睡していました。夜のうちに、小屋は崖まで吹雪で移動してしまいます。
夜明けとなり、小屋は半分が崖にかかってる状態で、もう半分は宙を浮いています。なんとか杭にロープがかかって持っているようなものでした。
チャーリーは昨晩酒を飲んでいて、二日酔いがひどい状態でした。朝食の準備をしていて、左右に動くと小屋が揺れていきます。
二日酔いのせいだと思います。胃が揺れてるのだとも思いますが、ジムも起きておかしいことに気づきます。
どのくらい傾くか試してみると、下に何かがないと推察します。裏口のドアから見に行くと、チャーリーは落ちかけます。
ジムは逆方向のドアから出ようとしますが、ドアノブが取れてしまって反対側に行きます。一気に傾いて、小屋は落ちる寸前となります。
とりあえず先にジムが外に出ることにします。チャーリーを使って、よじ登って外に出ます。
チャーリーにロープを渡して助け出します。ギリギリのところで、小屋は崖から落ちていきます。
そしてラーセンが残していた金鉱を見つけ、二人は帰途につきます。夢がかなって名士となります。
船室で記者会見が開かれることになります。記者はチャーリーに、今まで着ていたボロボロの服に着替えて欲しいと言います。それで記事を飾ろうと考えたのです。
船には、ジョージアが三等船客として乗っていました。船員が密航者の噂をしています。
チャーリーはデッキで、記者に写真を撮影してもらっていました。チャーリーが下がりすぎて、落っこちてしまいます。目の前にはジョージアがいました。
ジョージアとチャーリーは再会します。ジョージアは密航者だと思って、チャーリーを隠します。
しかし、船員にばれてしまって、ジョージアが船賃を払おうとします。そこに記者たちがやってきて、チャーリーが話題の億万長者であることを話してくれます。
誤解は解けて、チャーリーが記者にコソコソと耳に囁きます。すると記者はハッピーエンドですねと答えます。チャーリーとジョージアが歩いていきます。

【お知らせ】Youtube動画でわかるネタバレはこちら!

定期的に動画をアップするので、チャンネル登録よろしくお願いします!

みんなの感想

ライターの感想

この映画は面白い場面が満載です。飢えに耐えかねて食べる靴の場面、フォークをパンに刺してダンスを披露する場面は印象に残ります。
食べ物を靴に見せている技術に、制作陣の努力が伺えます。フォークとパンで、ダンスを披露する場面は、幻想的で美しい限りです。
今作は夢を与えてくれる映画でもあります。ボロボロのチャップリンが酒場で出会ったジョージアと、最後ハッピーエンドになる場面は感動します。
この作品を見ると、いくらでも見所を語ることが出来ます。人から人へと素晴らしさを伝えることが出来る、人を繋ぐこともできる最高の映画です。

映画の感想を投稿する

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

映画「黄金狂時代」の商品はこちら