映画:黄金狂時代

「黄金狂時代」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

黄金狂時代の紹介:1925年公開のアメリカ映画。アラスカを舞台に、人間たちの欲望を笑いと卓越した物語で描いた作品。チャールズ・チャップリンが監督・脚本・制作・主演を務めた傑作。

あらすじ動画

黄金狂時代の主な出演者

孤独な金鉱探しチャーリー(チャールズ・チャップリン)、ジョージア(ジョージア・ヘイル)、ビッグ・ジム・マッケイ(マック・スウェイン)、ブラック・ラーセン(トム・マレイ)、ハンク・カーティス(ヘンリー・バーグマン)、ジャック(マルコム・ウエイト)、バーテンダー(スタンリー・J・サンフォード)

黄金狂時代のネタバレあらすじ

【起】– 黄金狂時代のあらすじ1

北国アラスカに、希望と夢を託し、黄金を求めて数千の人々が未知の土地に踏み入りました。最大の難所はチルクート峠で、多くの人々が命を落とし挫折しましたが、勇敢な人々は先に進みました。

チャーリーもその一人であり、後ろから熊がついてきてましたが、気づいていませんでした。滑って雪の斜面を降りていきます。

北へ行こうと考え、メモに書いた東西南北で方向を決めます。進んだ先には、ジム・サワドゥここに眠ると書かれた墓がありました。道に迷って死んだそうです。

自然は荒れ狂い、ブリザードが吹き荒れます。悪党のブラック・ラーセンは小屋にいました。そこへチャーリーがやってきて、ラーセンは隠れます。

チャーリーがむしゃむしゃと置いてた肉を食べ始めます。ラーセンは姿を現して、小屋から出ていくように指図します。

扉を開けると吹雪が強すぎて、チャーリーは外に出ることができません。反対側の裏口から外に飛んでいってしまいます。チャーリーが戻ってくると、ラーセンが裏口から外に飛ばされていきます。

ここへジム・マッケーという探検家がやってきます。彼は金鉱採掘権を保有しています。

ジムは小屋にあった肉を食べていきます。ラーセンが戻ってきて、二人に出ていくように指図します。銃を使おうとすると、ジムに取り上げられてしまいます。

三人は小屋に留まることにします。飢えが極限状態になり、チャーリーはロウソクを食べます。ラーセンに嘘をついて食べてないと言うと、もし嘘なら胃を割くぞと言われます。

このままでは駄目だと、誰かが食い物を探しに行くことになります。トランプで一番小さい数字を引いたものが行くことにします。

ラーセンが行くことになりますが、法の手が伸びてきてました。ラーセンは返り討ちにし、彼らの荷物のソリを持って行きます。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4

みんなの感想(1件)

ライターの感想

この映画は面白い場面が満載です。飢えに耐えかねて食べる靴の場面、フォークをパンに刺してダンスを披露する場面は印象に残ります。
食べ物を靴に見せている技術に、制作陣の努力が伺えます。フォークとパンで、ダンスを披露する場面は、幻想的で美しい限りです。
今作は夢を与えてくれる映画でもあります。ボロボロのチャップリンが酒場で出会ったジョージアと、最後ハッピーエンドになる場面は感動します。
この作品を見ると、いくらでも見所を語ることが出来ます。人から人へと素晴らしさを伝えることが出来る、人を繋ぐこともできる最高の映画です。

映画の感想を投稿する

映画「黄金狂時代」の商品はこちら

IMAGE

黄金狂時代 The Gold Rush [Blu-ray]

Blu-ray > 外国のコメディ映画
KADOKAWA / 角川書店
チャールズ・チャップリン(出演),ジョージア・ヘイル(出演),マック・スウェイン(出演),トム・マレイ(出演…

¥3,083
Amazonで見る
価格・情報の取得:2020-06-20