「龍三と七人の子分たち」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

コメディ映画

映画「龍三と七人の子分たち」の感想

ライターの感想

この映画は、ヤクザだった老人たちを主役に描かれた映画です。かつてのヤクザのやり方と今の若いヤクザのやり方には、違いがあり、そのギャップが面白く感じました。さらに、この老人たちは怖いもの知らずなので、誰も想像のつかない手で、若い奴らを追い詰めていきます。その終盤のシーンには、驚きました。この作品から、この世で一番恐ろしいのは、後がない人なんだろうと教えられました。
    1 2 3 4 5

    「龍三と七人の子分たち」と同じカテゴリの映画

    関連記事はこちら

    こちらもおすすめ

    ×