「26世紀青年」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

コメディ映画

26世紀青年の紹介:軍部の実験に被検者として選ばれ、一年間だけ試験的に冷凍睡眠される予定だった男が、軍部のミスで忘れ去られたまま時が経過。目覚めたらそこは「26世紀」だった・・・!というお話で、絶望的なほど国民が「バカ」になった未来の世界を、現代への批判を交えながら描いています。

あらすじ動画

26世紀青年の主な出演者

ジョニー(ルーク・ウィルソン)、リタ(マーヤ・ルドルフ)、フリート(ダックス・シェパード)、26世紀大統領(テリー・アラン・クルーズ)

26世紀青年のネタバレあらすじ

【起】– 26世紀青年のあらすじ1

26世紀青年のシーン1

画像引用元:YouTube / 26世紀青年トレーラー映像

時は、2005年。

21世紀が幕を開けた頃から、人類の進化に明らかな転換期が訪れていました。

人類から優秀な頭脳を持った人々が急速に減少し、「バカな人間」ばかりが増え始めていたのですそんな中、ワシントンDCの軍部図書室で勤務する男・ジョーは、軍の極秘任務に選抜されます。

いずれは優秀な人材を冷凍保存するために、まず一年間の期間限定で試験的に冷凍される実験に選ばれたのです。

ジョーが選ばれた理由は、どこを取っても平均値、軍部で一番「普通の男」だったからでした 実験はジョーの他に女性候補も冷凍する予定でしたが、軍部では相応しい人物が見つからず、民間からリタという女性が選ばれます。

しかし実験が開始されてまもなく、実験を指揮した将校が売春宿の経営に関わっていた疑いで逮捕されてしまいます。

リタは娼婦で、自分の罪状を不起訴にしてもらう条件で実験に参加していたのでした将校が逮捕された後、実験のプロジェクトチームは解体され、ジョーとリタの存在はカプセルで冷凍されたまま忘れ去られてしまいました。

それから500年後の、2505年。

人類の痴呆化は更に進み、処分されないまま積み重なったゴミが山のように蓄積されていましたが、その中にジョーとリタの冷凍カプセルもありましたある日ゴミの山が遂に崩れ始め、ジョーのカプセルはゴミと共に、フリートという男が住む部屋の壁を突き破ります。

500年ぶりに冷凍から目覚めたジョーはフリートに軍部はどこかと聞きますが、フリートは部屋を突き破ったゴミの山より見ていたバカなTV番組に夢中で、話が噛み合いません。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「26世紀青年」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ