コメディ映画のネタバレあらすじ一覧(2ページ目)

SEXエド チェリー先生の白熱性教育の紹介:2014年製作のアメリカ映画。中学生に性教育を教えることになった25歳の童貞教師の姿を描くコメディ。「シックス・センス」の子役ハーレイ・ジョエル・オスメントがハリウッド復帰作として等身大の悩める青年を好演。監督は、本作が長編デビュー作となるアイザック・フェダー。カリテ・ファンタスティック!シネマ・コレクション2015にて上映。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
恐怖のセンセイ(The Art of Self-Defense)の紹介:2019年製作のアメリカ映画。『ソーシャル・ネットワーク』のジェシー・アイゼンバーグ主演。近年話題となっている「トキシック・マスキュリニティ」(有害な男性性)を過激な描写満載で綴る。うだつの上がらない事務員・ケイシーは、暴走族に襲われたことをきっかけに護身術を身につけようと空手道場に入門。ミステリアスな先生に学び、少しずつ自信を得ていく。ある晩、夜の稽古に参加した彼は、自分が不穏な世界に巻き込まれていることに気づき…。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
アダムス・ファミリー2(1993年)の紹介:1993年製作のアメリカ映画。オバケ一家の奇想天外な日常を描いたホームコメディの続編。原作は『アダムスのオバケ一家』のタイトルでTVシリーズ化もされたチャールズ・アダムスの同名漫画。監督はカメラマン出身で前作で監督デビューした「バラ色の選択」のバリー・ソネンフェルド。製作は前作に続き、「ザ・ファーム 法律事務所」のスコット・ルーディン。撮影はドナルド・ピーターマン。音楽はマーク・シャイマンで主題歌はラップ・デュオのPM・ドーン。美術は「ロシア・ハウス」のケン・アダム。SFX はアラン・ムンローが担当。主要キャストも前作同様で、「推定無罪」のラウル・ジュリア、「グリフターズ 詐欺師たち」のアンジェリカ・ヒューストン、「バック・トゥ・ザ・フューチャー」シリーズのクリストファー・ロイド、「恋する人魚たち」のクリスティーナ・リッチなど。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
アダムス・ファミリー(1991年)の紹介:1991年製作の映画。チャールズ・アダムス原作で、TVシリーズ化されたこともある漫画“The Addams Family”(TVタイトルは『アダムスのお化け一家』)の映画化。監督は「ミラーズ・クロッシング」などのカメラマンで、これが監督デビューとなるバリー・ソネンフェルド、製作は「心の旅」のスコット・ルーディン、エグゼクティヴ・プロデューサーはグラハム・プレース、脚本は「ビートルジュース」のラリー・ウィルソンと「シザーハンズ」のキャロライン・トンプソン、撮影は「殺したいほど アイ・ラヴ・ユー」のオーウェン・ロイズマン、音楽は「シティ・スリッカーズ」のマーク・シャイマンが担当。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
きっと、うまくいくの紹介:2009年製作のインド映画。エリート大学を舞台に、3人の学生が巻き起こす珍騒動を描くヒューマンコメディ。出演は『ラガーン』のアーミル・カーン、「ラ・ワン」のカリーナー・カプール。2010年インドアカデミー賞で作品賞・監督賞など16部門受賞。インド映画の都ボリウッド製作の作品をまとめて上映する“ボリウッド4 ザッツ☆エンターテインドメント!”で上映される一作。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
「マイ・ビッグ・ファット・ウェディング」は2002年のアメリカとカナダ合作の映画です。ギリシャ系の女性とアメリカ人男性との恋模様を描いたラブコメディ。ジョエル・ズウィック監督の作品で、主役はニア・ヴァルダロス、ジョン・コーベットです。シカゴ郊外に住むギリシャ系のトゥーラは30歳の独身で、彼氏もいません。彼女の父は厳格で、ギリシャ人以外の男子との結婚は認めません。しかし、ある日トゥーラはアメリカ人男性イアンと出会い恋に落ちてしまいます。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
「ケイト・レディが完璧(パーフェクト)な理由」は2011年、アメリカ制作のコメディ映画です。原作はアリソン・ピアソンの小説「ケイト・レディは負け犬じゃない」です。監督は「ブロードウェイと銃弾」や「Emmaエマ」などのダグラス・マクグラス。主演は「セックス・アンド・ザシティ」のサラ・ジェシカ・パーカーの他、ピアーズ・ブロスナン、グレッグ・ギニアなどが出演しています。ボストンの大手投資銀行で働くケイトは夫と2人の子供と幸せな家庭を手に入れたのですが、出張ばかりの仕事で忙しく、それでも家庭のことは手を抜きたくないと、仕事に家庭にてんやわんやな日々を送っていました。そんなある日、ニューヨークの出張先で出会った素敵な上司ジャックと出会い・・・。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
2013年製作のアメリカ映画で、様々な映画のパロディを詰め込んだホラー・コメディシリーズの、前作から6年ぶりに製作された第5作目になります。前作までのヒロインを務めたアンナ・ファリスら、レギュラー陣は一部を除いて出演しておらず、前2作の監督を務めたデヴィッド・ザッカーも脚本と制作に回り、新たにマルコム・D・リーが監督に起用されました。今回はホラー映画「MAMA」をメインの題材にして、「ブラック・スワン」やリメイク版「猿の惑星」を始め、「インセプション」や「パラノーマル・アクティビティ」など数々の話題作のパロディを盛り込んでいます。オープニングエピソードで、チャーリー・シーンとリンジー・ローハンが、自らのゴシップをネタにしたセルフパロディと言える役柄を演じています。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
2006年製作のアメリカ映画で、様々な映画のパロディを詰め込んだホラー・コメディ映画のシリーズ第4作目になります。ヒロインは前3作と同じアンナ・ファリスが務め、監督も前作に続いて「フライング・ハイ」や「裸の銃を持つ男」などで知られるデヴィッド・ザッカーが登板しました。今回は、アメリカでリメイクされた「呪怨」と、スピルバーグ監督の「宇宙戦争」の2作を基に、「ヴィレッジ」や「SAW」などのホラーだけでなく、「ミリオンダラー・ベイビー」や「ブロークバック・マウンテン」などのドラマ作品も含め、当時の数々の話題作をパロディのネタにしています。オープニングエピソードで、NBLのスター選手シャキール・オニールが、本人役で出演しています。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
2003年製作のアメリカ映画で、ヒット作や話題作のパロディをこれでもか!と詰め込んだ、コメディシリーズの第三弾になります。ヒロインは前2作に続いてアンナ・ファリスが務め、監督は「フライング・ハイ」や「裸の銃を持つ男」など、コメディ&パロディ映画を得意とするデヴィッド・ザッカーが新たに登板しました。今回はアメリカでリメイクされた「リング」を基に、公開当時話題になった「サイン」や「8 Mile」、「マトリックス」などのパロディを盛り込んでいます。ラップバトルに出てくるのは本物のラッパーで、チャーリー・シーンの妻役デニース・リチャーズは、当時は実際にチャーリーと結婚していました。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
「メルシィ!人生」は2001年のフランス制作のコメディ映画です。監督は「奇人たちの晩餐会」などのフランシス・ヴェベール、主演は「八日目」や「王妃マルゴ」などのダニエル・オートゥイユです。コンドーム会社に20年務めているフランソワ・ピニョンは目立たなく、透明人間のような男でした。ある日、自分がリストラ対象であることを耳に挟み、ショックを受けたピニョンは、自宅で自殺をしようとしますが、隣人のベロンに止められます。ベロンに会社でのことを話すと「クビにならないようにゲイだと偽ればよい」と提案されます。そこで、早速会社にゲイであることをカミングアウトをしたところ、様々な騒動を巻き起こしてしまう。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
2001年製作のアメリカ映画で、「スクリーム」などを基にしたパロディで話題になった「最終絶叫計画」に続くシリーズ第二弾です。ヒロインは前作と同じくアンナ・ファリスが務め、監督も前作から引き続きキーネン・アイヴォリー・ウェイアンズが担当しています。今回は「エクソシスト」や「ヘルハウス」などのオカルト映画が主な題材になっています。日本初公開時には、障がい者をネタにしたシーンが問題になり、本編から該当シーンおよそ20分がカットされた編集バージョンが上映されました。現在は配信サイトで「完全版」を見ることが出来ます。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:KAPPEI カッペイ
「デトロイト・メタル・シティ」 など独特の笑いとセンスの漫画家、若杉公徳原作のギャグ漫画が実写映像化された。世界の終末を信じ、謎の師範から最強の拳術「無戒殺風拳」をマスターしていた脳内筋肉男たちが、世紀末が来なかったことで解散させられ、籠っていた山を下界に降りてきて日常生活を体感していく...という物語。主演は伊藤英明、共演は上白石萌音。平野隆監督、2022年3月劇場公開作品。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:ウエディング・ハイ
「地獄の花園」など、脚本家としてバカリズムが参加している。何があっても「ノー」と言えないウエディングプランナーと、一癖ある新郎、新婦、式に乱入した元カレなどなどとのドタバタコメディドラマ。主演は篠原涼子。監督は大九明子。松竹配給、2022年劇場公開作品。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
×