コメディ映画のネタバレあらすじ一覧(2ページ目)

レイニーデイ・イン・ニューヨークの紹介:2019年製作のアメリカ映画。『アニー・ホール』、『マンハッタン』、『女と男の観覧車』に続き、ウディ・アレン監督がニューヨークの街を舞台に、若き男女の恋の行方を描くロマンチックコメディ。『君の名前で僕を呼んで』のティモシー・シャラメが主演を務めるほか、ヒロイン役に「マレフィセント」シリーズのエル・ファニング、『デッド・ドント・ダイ』のセレーナ・ゴメスら旬な若手キャストが集結。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
2004年公開のアメリカ映画。日本では劇場未公開のコメディ作品。FBI捜査官のケビンとマーカスの兄弟は、捜査上の失敗を繰り返して解雇される瀬戸際にあった。そんな彼らは、超・わがままお嬢様姉妹の、ブリトニーとティファニーを誘拐犯から警護する任務につく。しかし護送中の交通事故により姉妹の顔に傷を負わせてしまったことから、失敗を隠すために兄弟は完璧な(?)メイク術によって姉妹になりすますことにする。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
2008年公開のアメリカのコメディ映画。日本では劇場未公開作品。「アントマン」でブレイクしたポール・ラッド主演。エナジードリンクの宣伝活動中に事故を起こしたホイーラーとダニーは、刑務所での服役の代わりに150時間の社会奉仕活動を義務付けられる。二人に与えられた役割は、問題児の友人となり、彼らの精神的な支えとなること。しかし彼らが相手にすることになった子供たちは、それぞれ一筋縄ではいかないキャラクターの持ち主だった。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
ミート・ザ・ペアレンツの紹介:2000年製作のアメリカ映画。恋人の父親に結婚を許してもらおうと苦戦する青年を描くラブ・コメディ。恋人のパムとの結婚を許してもらうために、グレッグは週末を彼女の家で過ごすことに。しかしパムの父親は一筋縄ではいかない強面の人物だった…。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
コメディ映画を得意とするスティーヴ・カレルと、個性あふれる演技が特徴のスティーヴ・ブシェミが人気マジシャンコンビを演じた、2013年製作のコメディ映画です。主役2人の宿敵となるキワモノマジシャンを、ジム・キャリーがキワモノ感タップリに演じています。また、本物の有名マジシャン、デビット・カッパーフィールドも「本人役」でカメオ出演しています。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます

映画「刺さった男」のネタバレあらすじ結末

コメディ映画

遺跡の発掘現場に迷い込んだ男が、誤ってクレーンから落下し、その弾みで後頭部に鉄骨が突き刺さってしまう!鉄骨を抜くと出血のため死ぬ恐れがあると、その場を動かせない男の元に、野次馬や取材陣が詰めかけ始め、メディアを巻き込んでの大騒動になっていく・・・というブラック・コメディで、鉄骨が突さったまま動けない主人公の妻を、「デスペラード」「フロム・ダスク・ティル・ドーン」などのサルマ・ハエックが好演しています。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
子どものころ天才サルサダンサーとしてその名を全英中に轟かせたブルースだったが、ある出来事をきっかけにダンスを封印してしまう。それから25年。中年メタボになっていたブルースの職場に上司としてジュリアがやってくる。ジュリアに一目ぼれしたブルースは彼女がサルサ教室に通っていることを知り・・・ ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
ヤクザの金を奪ってしまった平凡な男女が巻き起こす騒動をコメディタッチで描く。監督・脚本は矢口史靖。99年度ベルリン国際映画祭ヤングフォーラム部門、香港国際映画祭、シアトル国際映画祭、ブリスベン国際映画祭、バンコク映画祭コンペティション部門、台北映画祭出品作品。 1999年製作/111分/日本 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
「ザ・ロイヤル・テネンバウムズ」や「ライフ・アクアティック」など、独特の作風が高い評価を受けているウェス・アンダーソン監督の、長編2作目となる作品で、アンダーソン監督の原点とも言われている映画です。タリア・シャイアの息子、ジェイソン・シュワルツマンが映画初主演を務め、ビル・マーレイが主人公の友人となる中年男を好演しています。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
「ハリー・ポッター」のダニエル・ラドクリフが「死体役」を演じて話題になった「スイス・アーミー・マン」の監督、ダニエル・シャイナートの最新作です。平和な田舎町で起きた「猟奇事件」が、町の人々に様々な波紋を呼んでいく様を、オフビートなタッチで描いたブラック・コメディと言える作品です。映画冒頭数分で死体となるディック・ロングを、シャイナート監督自身が演じています。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:新 デコトラのシュウ 鷲
新 デコトラのシュウ 鷲の紹介:2021年2月19日公開の日本映画。哀川翔主演による人気シリーズが12年ぶりに復活。デコトラのイベント会場に来ていた演歌歌手・高宮すずめに一目惚れしたトラック野郎の鷲一郎。だが彼女は占い師から死を宣告されていた。別れた父親に会いたいというすずめの思いを叶えようと鷲一郎は旅に出る。共演は「L・DK」の剛力彩芽。監督は2003年の第1作「デコトラの鷲 まつりばやし」からシリーズ全作を手がける香月秀之。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
自主映画時代から「特撮もの」を得意とし、「いかレスラー」や「コアラ課長」など奇抜な作風で知られる河崎実監督が、松竹映画唯一の怪獣映画として知られる「宇宙大怪獣ギララ」をパロディリメイクした作品です。各国首脳が集うサミットという設定に合わせ、当時の世界情勢を皮肉ったギャグが満載で、地球防衛軍の参謀役に「ウルトラマン」のハヤタ隊員・黒部進や「ウルトラセブン」のアマギ隊員・古谷敏を、各国首脳の女性通訳にグラビアアイドルを起用するなどの配役も、マニアのツボを押さえた一作です。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
優等生の女子高生が卒業前夜に大冒険を繰り広げる青春コメディ。『トロン・レガシー』『リチャード・ジュエル』など多数の作品で活躍する女優オリビア・ワイルドの初監督作。主人公の一人モリーをジョナ・ヒルの妹としても知られるビーニー・フェルドスタインが演じる。 勉強一筋で高校生活を送ってきたモリーは、遊んでばかりいると思っていた同級生たちが有名大学や一流企業に進むことを知ってショックを受ける。モリーは親友のエイミーと共にパーティーに行こうと思い立つが、会場の場所がわからず夜の街をさまようはめに。何とか会場にたどり着いた二人は同級生たちの意外な一面にふれていく。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
×