コメディ映画のネタバレあらすじ一覧(3ページ目)

映画「PARTY7」のネタバレあらすじ結末

コメディ映画

「鮫肌男と桃尻女」「山のあなた」などを手がけた石井克人がメガホンを取ったシニカルコメディ映画。とある古いラブホテルで繰り広げられる追われる男、彼を追う女、彼女を追いかける男たち、その光景を覗く男と、同じく覗く着ぐるみのおっさんの不思議な物語。主演は永瀬正敏、共演は浅野忠信、原田芳雄など。意外とありそうで少ないナガセ・アサノの共演作。2000年劇場公開作品。104分。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
「ラスベガスをやっつけろ」「12モンキーズ」などを監督したテリー・ギリアムによる、アクション・アドベンチャー・コメディー映画。主演はアダム・ドライバー。1人のCM監督を勤める若い男が古典文学の「ドン・キホーテ」を題材にボスである男に自主映画を売りつけられる。なんだかんだあって、若い男が自ら「ドン・キホーテ」と自覚するまでのお話。総制作期間が30年と長かったため、まず完成するかが注目されていた鬼才作。2018年劇場公開。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:カムバック・トゥ・ハリウッド!!
カムバック・トゥ・ハリウッド!!の紹介:2021年6月4日公開のアメリカ映画。『ジョーカー』のロバート・デ・ニーロ、「メン・イン・ブラック」シリーズのトミー・リー・ジョーンズ、『ミリオンダラー・ベイビー』のモーガン・フリーマンら、アカデミー賞受賞経験のあるハリウッドのレジェンド俳優3人が共演するコメディ映画。デ・ニーロの主演作『ミッドナイト・ラン』で脚本を手がけ、『バッドボーイズ』で監督を務めたジョージ・ギャロがメガホンをとる。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
テリーギリアムがメガホンを取った、一見おじさん2人組のドラッグにまみれたスピード感溢れるロードムービー。主演はこの為に剃髪し禿げ頭になったジョニー・デップ。映画監督のアレックス・コックスが脚本として参加している。映画のなかで大体、おっさんたちはラリっている。原色味が強い独特の映像美が光る一作。1998年劇場公開。118分。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:地獄の花園

映画「地獄の花園」のネタバレあらすじ結末

コメディ映画

バカリズム脚本のオリジナルストーリー。普通のOL、田中直子が会社で文字通りの「女の派閥争い」に巻き込まれていくコメディ映画。永野芽郁主演、共演は広瀬アリス、菜々緒、川栄李奈、大島美幸など。2021年5月劇場公開作品。関和亮監督。102分。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
「40歳の童貞男」は2005年に制作されたアメリカのコメディ映画です。放送映画批評家協会賞のコメディ賞を受賞した作品で、監督は「無ケーカクの命中男/ノックトアップ」のジャド・アパトー、主演のスティーヴ・カレルが制作総指揮を担っています。家電量販店で働く40歳のアンディはコミックのフィギュアオタクで、女性経験がなく童貞であることを周りに隠していました。ある日、童貞であることが同僚にバレてしまい、次の日から同僚たちはアンディの童貞を捨てさせるため作戦を実行していきます…。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
続·ボラット 栄光ナル国家だったカザフスタンのためのアメリカ貢ぎ物計画の紹介:2020年のアメリカのモキュメンタリーコメディ映画。2006年の作品「ボラット 栄光ナル国家カザフスタンのためのアメリカ文化学習」の続編で、主演はサシャ・バロン・コーエン。架空のカザフスタン人ジャーナリストのボラットが、娘のトゥーターを大物政治家への貢ぎ物とするために奮闘する筋立て。2020年10月23日にAmazonPrimeVideoで配信された。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
ソ連の最高指導者に君臨していた独裁者、スターリンの死によって国民や残された軍人たちがソ連内で抗争や闘争を繰り広げる様を描いたシニカルなコメディ映画。イギリス・フランス合作映画となる。2018年劇場公開作品、アーマンド・イアヌッチ監督、107分。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:バイプレイヤーズ〜もしも100人の名脇役が映画を作ったら〜
ドラマ、映画の主役ではないが脇役でキラリと光を見せる「バイプレイヤーズ」。2017年からテレビ東京系列で大杉漣主演で2シリーズ放映された。途中、大杉の急逝もあり、続編は絶望的かと思いきや、2021年、映画と新シリーズが製作されることとなり話題を呼んだ。監督はドラマ版と同じく松居大悟、主演は白犬の風。共演は田口トモロヲ、松重豊、光石研、遠藤憲一。その他、豪華な100名ものバイプレイヤーズが登場する。ベテラン俳優の役所広司が第1、第2、そして映画版にも大俳優なのに、何故か登場する。「どうせテレ東だろ?」という自虐的な言葉とは裏腹に、テレ東の本気を見せた映画版となった。劇場上映時間もまさかの100分。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
「ロイヤル・セブンティーン」は2003年のアメリカの映画で、イギリスの舞台劇を原作にしています。出演はアマンダ・バインズとコリン・ファースで贈る父と娘のハートフルコメディ作品です。ニューヨークに母と2人で暮らすダフネは、父親ヘンリーに会うために単身でイギリスへ旅立ちます。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
「アクアマリン」は2006年のアメリカの映画。童話の「人魚姫」を元にしたラブコメディ作品です。海辺の町で暮らす仲良しのヘイリーとクロエ。ある嵐の日、2人の前に人魚のアクアマリンが現れます。アクアマリンはレイという青年に一目惚れ、ヘイリーとクロエに協力してもらい彼を振り向かせようと奮闘します。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます

映画「さや侍」のネタバレあらすじ結末

コメディ映画

さや侍の紹介:2011年製作の日本映画。『大日本人』『しんぼる』に続く、松本人志の監督第3作。さやしか持たない侍を主人公に、親子の葛藤や絆を描きつつ、奇想天外な展開が待ち受ける時代劇。かつて松本がプロデュースを務めたバラエティ番組「働くおっさん劇場」などに出演していた素人男性の野見隆明を主演に抜擢、強烈なインパクトを放つ。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
小説家で49歳のヒキタは年の離れた若妻サチと暮らしていた。子供は別に作らなくても気ままに暮らしていこうと考えていた二人だったが、サチがヒキタさんの子供が見たいと言い出し、ヒキタもその気になり二人の妊活が始まった・・・ ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
2008年公開のアメリカ映画。日本では劇場未公開のアクション・コメディ作品。裁判所への出頭命令の召喚状を配送することが仕事のデールが、偶然ある殺人事件を目撃したことをきっかけに、友人のドラッグディーラー、ソールと共に命を狙われることになる。マリファナ中毒の二人は、マリファナをキメてハイになったまま、行く先々で騒動を起こしながら逃亡する。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
×