コメディ映画のネタバレあらすじ一覧(4ページ目)

映画:釣りバカ日誌10
釣りバカ日誌10の紹介:1998年公開の日本映画。釣りバカ日誌シリーズ第11作(レギュラーシリーズ第10作)。監督は「釣りバカ日誌9」の栗山富夫。脚本は「虹をつかむ男 南国奮斗篇」の山田洋次と朝間義隆の共同。撮影を「釣りバカ日誌9」の花田三史が担当している。主演は「虹をつかむ男 南国奮斗篇」の西田敏行と「釣りバカ日誌9」の三國連太郎。ゲストとして「安藤組外伝 群狼の系譜」の金子賢、「プロゴルファー織部金次郎5 ─愛しのロストボール─」の宝生舞が出演している。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:おっさんずラブLOVEorDEAD
劇場版おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~の紹介:2019年8月23日公開の日本映画。中年男性たちの恋模様を描き、2018年新語・流行語大賞トップ10にも選ばれるなど、社会現象を巻き起こした人気TVドラマの初劇場版。TVシリーズの1年後を舞台に、田中圭演じる春田を中心とした新たな恋の騒動が描かれる。春田を兄のように慕う新入社員を志尊淳が演じるなど、新加入のキャラクターも大活躍する。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:笑う招き猫
笑う招き猫の紹介:山本幸久による同名小説を映画化した作品で、飯塚健が監督をつとめ2017年に公開された作品です。大学時代から友人同士だった女性漫才コンビにスポットを当てたコメディ作品で、若手漫才コンビ「アカコとヒトミ」のボケ担当、松井玲奈演じる本田アカコとツッコミ担当の清水富美加演じる高城ヒトミが、さまざまなことに巻き込まれながら漫才師として成長していく様子が描かれています。また映画の公開に合わせてドラマ作品も制作されています。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:スパイキッズ4D:ワールドタイム・ミッション
スパイキッズ4D:ワールドタイム・ミッションの紹介:2011年に公開されたアクション・コメディ映画。2003年に公開された作品『スパイキッズ3-D:ゲームオーバー』の続編にあたる作品であり、『スパイキッズ』シリーズ4作目である。監督・脚本・製作を務めたのは、アクション映画を得意とするメキシコ系アメリカ人のロバート・ロドリゲス。主演はローワン・ブランチャードとメイソン・クック。過去作の主人公姉弟を演じたアレクサ・ヴェガとダリル・サバラも出演している。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:スパイキッズ3-D:ゲームオーバー
スパイキッズ3-D:ゲームオーバーの紹介:2003年に公開されたアクション・コメディ映画。2002年に公開された作品『スパイキッズ2 失われた夢の島』の続編にあたる作品であり、『スパイキッズ』シリーズ3作目である。監督・脚本・製作を務めたのは、アクション映画を得意とするメキシコ系アメリカ人のロバート・ロドリゲス。主演はダリル・サバラ。今作はタイトルの通り3D作品として公開され、DVDにも3D版とリアルカラー版が存在する。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:スパイキッズ2 失われた夢の島
スパイキッズ2 失われた夢の島の紹介:2002年に公開されたアクション・コメディ映画。2001年に公開された作品『スパイキッズ』の続編にあたる作品であり、『スパイキッズ』シリーズ2作目である。監督・脚本・製作を務めたのは、アクション映画を得意とするメキシコ系アメリカ人のロバート・ロドリゲス。主演はアレクサ・ヴェガとダリル・サバラ。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:スパイキッズ
スパイキッズの紹介:2001年に公開されたアクション・コメディ映画。両親がスパイだったことを知った幼い姉弟が、自らもスパイとなって両親の救出に向かう物語。後にシリーズ化もされ、全4作の第一作目にあたる作品である。監督を務めたのは、アクション映画を得意とするメキシコ系アメリカ人のロバート・ロドリゲス。主演はアレクサ・ヴェガとダリル・サバラ。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:釣りバカ日誌9
釣りバカ日誌9の紹介:1997年公開の日本映画。『釣りバカ日誌』シリーズ第10作(レギュラーシリーズ第9作)。監督は「釣りバカ日誌8」の栗山富夫。脚本は「虹をつかむ男」の山田洋次と朝間義隆の共同。撮影を「スペインからの手紙 ベンポスタの子どもたち」の花田三史が担当している。主演は「虹をつかむ男」の西田敏行と「釣りバカ日誌8」の三國連太郎。ゲストとして「あぶない刑事リターンズ」の小林稔侍と「恋と花火と観覧車」の風吹ジュンが出演している。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:花のお江戸の釣りバカ日誌
花のお江戸の釣りバカ日誌の紹介:1998年公開の日本映画。釣りバカ日誌シリーズ第12作(特別編第2作)。現代の建設会社を描いたシリーズ本編とは違い、幕末の江戸と庄内藩を舞台として登場人物の先祖(ナレーションの説明では末裔)が物語を繰り広げ、終盤に現在の浜崎と鈴木のみ登場する。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:釣りバカ日誌スペシャル
釣りバカ日誌スペシャルの紹介:1994年公開の日本映画。釣りバカ日誌シリーズ第7作(特別編第1作)。今作品で石田えりのみち子役が終わり、次回からは浅田美代子に交代する。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:釣りバカ日誌8
釣りバカ日誌8の紹介:1996年公開の日本映画。『釣りバカ日誌』シリーズ第9作(レギュラーシリーズ第8作)。監督は「釣りバカ日誌S」以外の全作を手掛ける栗山富夫。主演はシリーズの顔・西田敏行と三國連太郎で、「Shall We ダンス?」の柄本明と、「居酒屋ゆうれい」の室井滋の個性派ふたりがゲストとして出演している。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:釣りバカ日誌7
釣りバカ日誌7の紹介:1994年公開の日本映画。おなじみ日本一の釣りバカコンビの活躍を描くシリーズ第8作(レギュラーシリーズ第7作)。やまさき十三・作、北見けんいち・画の同名漫画(「ビッグコミック・スペリオール」連載、小学館・刊)をもとに、栗山富夫が監督。脚本は山田洋次、高橋正圀、関根俊夫の共同、撮影は安田浩助が担当。本作からみち子役が石田えりから浅田美代子に変更。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:釣りバカ日誌6
釣りバカ日誌6の紹介:1993年公開の日本映画。「釣りバカ日誌」シリーズ六作目。講演会で岩手県・釜石にやってきた浜ちゃんが、社長に間違われ、珍騒動が持ち上がるというもの。マドンナ役は『キャッツ』などのミュージカルで活躍してきた舞台女優の久野綾希子。その娘役に喜多嶋舞が抜擢された。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:ラストインパクト
ラスト・インパクトの紹介:隕石が落下した街を舞台に繰り広げられるアクションコメディ。街が崩壊する緊急事態を前に、若者たちがドタバタ騒ぎを起こしながら立ち向かっていく姿を描く。2018年ロシア製作。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
×