コメディ映画のネタバレあらすじ一覧(4ページ目)

「フォーチュンクッキー」は2003年に制作されたアメリカの映画です。1979年のジョディー・ホスター主演の「フリーキー・フライデー」をリメイクした作品で、ひょんなことから母と娘の身体が入れ替わってしまうドタバタコメディーです。監督は「ミーン・ガールズ」のマーク・ウォーターズ、また同作品でもヒロインを演じたアメリカの人気アイドル、リンジー・ローハンと、「ハロウィン」や「ブギーマン」のジェイミー・リー・カーティスが主演を務めています。17歳のアンナと、母親のテスはいつもケンカばかり。ある日、レストランで貰ったおみくじクッキーを食べた2人の身体が入れ替わってしまい、元に戻るまでお互いの生活を送るのだが…。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:パーム・スプリングス
パーム・スプリングスの紹介:2021年4月9日公開のアメリカ映画。米カリフォルニアのリゾート地パーム・スプリングスが舞台の風変わりなラブコメディ。一度眠りに落ちると特定の日にリセットされる“タイムループ”に閉じ込められ、何度も同じ日を繰り返すことになる男女の姿を描く。『セレステ∞ジェシー』のアンディ・サムバーグが主演のほか製作にも名を連ね、『ウルフ・オブ・ウォールストリート』のクリスティン・ミリオティが共演。マックス・バーバコウの長編監督デビュー作。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
ベイブ都会へ行くの紹介:1998年製作のオーストラリア&アメリカ合作映画。世にも珍しい牧羊豚の成長物語「ベイブ」の続編。本作では豚のベイブが農場経営資金を捻出するために出稼ぎに出た都会で、路頭に迷う動物たちを救う大活躍。監督・製作・脚本は「ベイブ」(製作)「ロレンツォのオイル」のジョージ・ミラー。共同脚本はジュディ・モリス、マーク・ランプレル。製作総指揮は「ダーク・シティ」(共同製作)のバーバラ・ギブス。製作のダグ・ミッチェルとビル・ミラー、音楽のナイジェル・ウェストレイク、ー・フォード。編集のジェイ・フリードキンとマーガレット・シクセルは前作に続く参加。撮影は「ロングウェイ・ホーム」のアンドリュー・レスニー。美術は「ロングウェイ・ホーム」のロジャ。衣裳は「D.N.A.」のノーマ・モリソー。キャラクター制作はディック・キング=スミス。アニマトロニクスはニール・スキャンラン・スタジオ。アニマル・アクションはカール・ルイス・ミラー。出演は前作に続きナグダ・ズバンスキー、のジェームス・クロムウェル(「ディープ・インパクト」)ほか。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:ゾッキ

映画「ゾッキ」のネタバレあらすじ結末

コメディ映画

ゾッキの紹介:2021年4月2日公開の日本映画。『超能力研究部の3人』『音楽』などの原作で知られる漫画家・大橋裕之の初期短編集を実写映画化。それぞれに秘密を抱えた人々が織り成す人間模様を描く。俳優業以外にも多岐にわたって活動する竹中直人、山田孝之、齊藤工が共同監督、舞台演出家・劇作家の倉持裕が脚本、ミュージシャンのCharaが音楽監督を務めた。『見えない目撃者』などの吉岡里帆、『コドモ警察』などの鈴木福、『君が君で君だ』などの満島真之介をはじめ、石坂浩二、松田龍平、國村隼らが共演する。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
2012年のアメリカ映画。監督は「グランド・ブタペスト・ホテル」や「天才マックスの世界」などのウェス・アンダーソン。出演は、ブルース・ウィルス、ビル・マーレイ、エドワード・ノートン、ティルダ・スィントン他。 サムとスージーは独特の世界観を持つ二人。ある日日曜学校の劇で偶然であった二人は恋に落ち、熱烈な手紙のやりとりを経て、二人での逃避行を決行する。そのことに気づいたスージーの両親、シャープ警部、サムの所属しているカーキー・スカウトの面々を巻き込み、追跡が始まる。一度は捕まってしまう二人だが、二人の真剣な気持ちとサムの境遇に同情した隊員達の手引きにより再び逃避行が始まり、嵐による大雨の中教会へと追い込まれる。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
「恋におぼれて」は1997年に公開されたアメリカの映画です。監督は、俳優としても活躍するグリフィン・ダンが制作、キャストはロマコメ女王のメグ・ライアンと「ステップフォード・ワイフ」「プロデューサーズ」などに出演しているマシュー・ブロデリック。恋人を取られた2人の男女がお互いに協力して、斬新なアイデアで恋人を取り戻そうとするドタバタラブコメディです。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
「ウォーターボーイズ」「スウィングガールズ」などで知られる矢口博康監督の、劇場長編第二作目で、お金に目がない猪突猛進なヒロインを、本作が初主演作となる西田尚美が魅力たっぷりに演じています。ヒロインの相手役を、映画監督でもある利重剛が演じ、ヒロインと付かず離れずの微妙な関係になる役どころを好演しています。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
「ギララの逆襲 洞爺湖サミット危機一発」で、松竹映画唯一の怪獣・ギララをパロディリメイクして平成に蘇らせた河崎実監督が、今度は東宝の怪獣映画「ゲゾラガニメカメーバ 決戦 ! 南海の大怪獣」を令和の時代に復活させたと言える作品です。「グルメ」とタイトルにあるように、「孤独のグルメ」の原作者・久住昌之が監修を勤め、本人役で出演もしています。乃木坂46の吉田綾乃クリスティーをヒロインに起用し、主人公の敵役には近年の特撮モノに付きもののイケメン俳優を起用するなど、相変わらず配役の妙が効いた作品になっています。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
松尾スズキ監督、脚本を勤めた一作。金を取り扱う地味な銀行員が金アレルギーになり、金など必要ないと東北地方の寒村に転がり込み金を必要としない生活を送る金なし人生を描いた一作。松田龍平主演。一癖ある主人公に、村に住むもっと一癖ある人物が描くスラップスティック・コメディ。2015年劇場公開。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:ワン・モア・ライフ!
ワン・モア・ライフ!の紹介:2021年3月12日公開のイタリア映画。「ローマ法王になる日まで」のダニエーレ・ルケッティ監督によるコメディ。事故死したパオロが天国の入口で予想外に短い寿命について猛抗議したところ、計算ミスが発覚。92分間寿命が延長され、地上に戻ったパオロは残りの時間で家族の絆を取り戻そうとする。天国へ旅立つまでの92分を、リアルタイムで進行させ描写。地上に戻り人生の巻き返しを図るパオロを、「マフィアは夏にしか殺らない」など監督としても活動するピフことピエールフランチェスコ・ディリベルトが演じる。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:すくってごらん
すくってごらんの紹介:2021年3月12日公開の日本映画。大谷紀子による同名漫画を「ボクは坊さん。」の真壁幸紀監督が、歌舞伎俳優の尾上松也を主演に迎え実写化。エリート銀行員の道から外れ、荒んだ気持ちを抱えて左遷の地にやってきたネガティブな男・香芝誠は、金魚すくいの店を営む吉乃に一目ぼれしてしまい……。共演は「幕が上がる」など女優としても注目を浴びる、ももいろクローバーZの百田夏菜子、「明烏 あけがらす」の柿澤勇人。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
「ピッチ・パーフェクト ラストステージ」は2017年公開のアメリカ制作の「ピッチ・パーフェクト」「ピッチ・パーフェクト2」の続編にあたる作品です。キャストはアナ・ケンドリック、レベル・ウィルソンなど前作と変わらないメンバーが顔をそろえ、ゲストとして本人役でDJキャレドが出演しています。大学を卒業し、それぞれの道を歩んでいた「ベラーズ」、しかし同窓会をきっかけに軍隊の慰問ツアーに参加することになります。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
2020年公開のアメリカ映画。セガゲームズ開発のゲーム「ソニックシリーズ」が原作。監督はジェフ・ファウラー、主演のソニックの声をベン・シュワルツ、共演に「X-MEN」シリーズのジェームズ・マースデン、「マスク」などのジム・キャリー他。 地球とは異なる星で暮らしていたソニックは、自分の力をナックルズ族に狙われ、リングポートを使って星を出て地球へと逃げてくる。グリーンヒルズはいい町でお気に入りのドーナツ卿(トーマス)夫婦や、クレイジーカールを眺めて暮らしていたが、自分の存在を明かせないことに孤独を感じていた。ある日野球場で自分のパワーを放出してしまったことで、ドクター・ロボトニックに追われる羽目になる。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
×