コメディ映画のネタバレあらすじ一覧(6ページ目)

この映画は実話です。 準大手ゼネコン・前田建設には本当にファンタジー営業部という組織が存在するのです。 この物語は、誰もが知っているロボットアニメ”マジンガーZ”の格納庫を自社の誇る最先端の技術を駆使して作ってしまおう!という熱い建設魂を持った社員たちの姿を描いています。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
2020年2月公開の日本映画です。 桃瀬成海はBLが大好きな(隠れ)腐女子。彼女が転職した会社にいたのは、幼馴染のゲーヲタ・二藤宏嵩だったのです。お互いの嗜好を知り尽くしながら、なかなか素直になれない二人。そんな前途多難な恋を描く和製LALALANDばりのミュージカル映画です。   ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
2015年製作の韓国映画。“家族の愛”にあふれるSFラブコメディ。独身敏腕弁護士のヨヌは、お金の為なら手段を選ばず、誰にも頼らずに生きてきた。ある日不慮の事故に遭い、死の淵に立つ彼女の前に現れたイ所長から「他人の人生を1カ月過ごせば、元の人生に戻れる」と提案されて…。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
2009年製作 アメリカ映画 将来を有望視された高校バスケ部のマイクは、恋人であるスカーレットの妊娠でバスケをあきらめる。そして20年たった。二人は結婚して2人の子供をもうけてはいたが離婚の危機に陥っていた。そんなマイクはひょんなことから20年前の自分に戻ってしまい、自分の子供たちが通う高校に通い始めるが・・・ ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
2012年に公開された内田けんじ監督によるコメディです。第36回日本アカデミー賞では最優秀脚本賞を受賞しました。ひょんなことから殺し屋と売れない役者の記憶が入れ替わり、お互いの人生を嗜むというストーリーです。主演を堺雅人さんと香川照之さんが務めました ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます

映画「花とアリス」のネタバレあらすじ結末

コメディ映画

片思いする先輩についた「一つの嘘」から広がる、花とアリスと宮本先輩の不思議な三角関係を描いた青春映画。キットカット付きの短編作品から、長編になり劇場上映されたという不思議な経緯もある。この時期にしか撮れない「女子」の贅沢な日々を切り取った、心くすぐられる一作。最後の花の告白と、アリスの即興バレエは必見。岩井俊二監督作品。2004年公開作品。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
嶽本野ばらによる小説を、中島哲也監督により映画化。2004年5月公開。当初は40館規模での公開予定だったが、評判が評判を呼び、最終的には156館で公開された。主演は、土屋アンナ、深田恭子のW主演。茨城県下妻市が舞台で行われる、ヤンキーとロリータ少女の友情物語。   ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
2006年製作、アメリカ。トニー賞で6部門を受賞した伝説のブロードウェイミュージカルの映画化。3人組コーラスガールの栄光と挫折、成長を華々しい楽曲やダンスとともに描く、エンターテインメント作。キャストにグラミー受賞のビヨンセや、本作で注目されたジェニファー・ハドソンは第79回アカデミー助演女優賞を獲得している。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます

映画「69 sixty nine」のネタバレあらすじ結末

コメディ映画

1969年、世界情勢は大荒れだった。ベトナム戦争が起こり、人々はラブ&ピースを掲げ反戦運動に興じ、ヒッピーが生まれ新たな音楽が生まれた。日本でも学生運動が激化し、新宿を中心として新たなサブカルチャーの夜明けを迎えようとしていた。そんな中、長崎の佐世保を舞台に、普通のモテたい高校生ケンを中心とした男性生徒達が学校をバリケード封鎖をして、フェスティバルを学校で起こすという、思想などない、ただ騒ぐだけの青春映画。意外と衝撃的な役柄で星野源、バリ封メンバーに柄本佑も出演している。村上龍原作、宮藤官九郎脚本、李相日監督。2004年公開作品。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます

映画「怪しい彼女」のネタバレあらすじ結末

コメディ映画

2014年製作、韓国の映画。“全ての母親に捧げる"、笑いあり、涙ありの傑作コメディ。70歳のオ・マンスンは、頑固で毒舌、女手一つで息子を大学教授にまで立派に育て上げた。我が強く強烈な性格に、嫁や周囲からも敬遠され、居場所がなくなる。ある日写真館を訪れ、写真を撮ると20歳の頃の若さに戻り…。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
今さら言えない小さな秘密の紹介:2018年のフランス制作のコメディ映画。人気作家ジャン=ジャック・サンペが手がけた絵本を基に、ある秘密を抱えた男の人生を温かくユーモラスなタッチで描く。脚本は「アメリ」で有名なギョーム・ロランが担当した。日本公開は2019年。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
2014年アメリカ合衆国の映画。監督は「ウエディング・シンガー」を撮ったフランク・コラチ。 シングルマザーのローレンとシングルファザーのジムは知り合いの紹介でブラインドデートをしたが、デートもお互いの印象も最悪。 二度と会うことはないと思っていたが、ひょんなことからお互いの子供達も一緒にアフリカに旅行するはめに。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
テルアビブ・オン・ファイアの紹介:2019年11月12日公開のルクセンブルク&フランス&イスラエル&ベルギー合作映画。イスラエルとパレスチナの問題をテーマに、民族間の板挟みになる男の騒動を映し出すコメディ。人気ドラマの言語指導を担当するパレスチナ人サラームは撮影所に通うため、毎日検問所を通っていたが、ある日、検問所のイスラエル軍司令官アッシに呼び止められる。出演は「パラダイス・ナウ」のカイス・ナシェフ、「灼熱の魂」のルブナ・アザバル、テレビを中心に活躍するヤニブ・ビトン。監督は、「歌声にのった少年」の脚本を手がけたサメフ・ゾアビ。第31回(2018年)東京国際映画祭コンペティション部門出品作。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:メランコリック
メランコリックの紹介:近所の寂れた銭湯で深夜あり得ない裏稼業が営まれていたら…それに巻き込まれた東大出のフリーターの気づきと成長を描いた2018年公開のサスペンス・コメディ。本作の発案者でありプロデューサーの皆川暢二が主演の和彦役を演じ、その同僚松本役を演じた磯崎義知はアクションシーンの構成/演出を担当した。監督/脚本/編集を担当した田中征爾の長編初監督作品であり、第31回東京国際映画祭日本映画スプラッシュ部門監督賞、第21回ウディネファーイースト映画祭新人監督作品賞など数々の賞を受賞している。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
×