コメディ映画のネタバレあらすじ一覧(60ページ目)

映画:イン・ザ・プール
イン・ザ・プールの紹介:2005年公開の日本映画。奥田英朗による短編小説で、精神科医・伊良部シリーズの第1作にあたる。奥田は同シリーズの第2作『空中ブランコ』で直木賞を受賞した。ハチャメチャな精神科医と患者との交流を描いた作品。 ネタバレを読む
映画:ミート・ザ・ペアレンツ3
ミート・ザ・ペアレンツ3の紹介:2010年公開のアメリカ映画(日本では上映公開せず)。『ミート・ザ・ペアレンツ』シリーズ完結編にあたる。家長の地位から引退することを決意したジャックが、グレッグを後継者に選んだことから巻き起こる騒動を描く ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:デンジャラス・ビューティー
デンジャラス・ビューティーの紹介:2001年制作のアメリカ映画。美人コンテストに出場するハメになった、男勝りの女性FBI捜査官の悪戦苦闘を描いた作品。2005年に続編『デンジャラス・ビューティー2』も制作された。 ネタバレを読む みんなの感想が2件届いてます
映画:ムーンライズ・キングダム
ムーンライズ・キングダムの紹介:2012年公開のアメリカ映画。ウェス・アンダーソン監督が、駆け落ちした12歳の男女と、彼らを心配する親や周囲の人々の滑稽な姿を描く。表題「ムーンライズ・キングダム」とは「月の昇る王国」という意味である。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:ミート・ザ・ペアレンツ2
ミート・ザ・ペアレンツ2の紹介:2004年公開のアメリカ・コメディ映画。男が恋人の両親に会いに行くという設定の『ミート・ザ・ペアレンツ』の続編で、今度は男の両親との顔合わせの模様が描かれている。『ミート・ザ・ペアレンツ3』も後年に作られた。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:真夜中の弥次さん喜多さん
真夜中の弥次さん喜多さんの紹介:2005年公開の日本コメディー映画。しりあがり寿の漫画を原作とし、脚本も手がけている俳優の宮藤官九郎が監督を務めた初映画作品である。リアルと幻想が入り混じったなんでもありの世界を描く。 ネタバレを読む
映画:ベイブ/都会へ行く
ベイブ/都会へ行くの紹介:1998年制作のオーストラリア映画。前作『ベイブ』で活躍したベイブが、今度は都会で騒動を巻き起こすというコメディ映画。前作同様、調教された動物の他にCGやアニマトロニクスを駆使して撮影された。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:ベイブ
ベイブの紹介:1995年制作のアメリカ映画。第68回アカデミー賞で作品賞、監督賞など7部門でノミネート。CGやアニマトロニクスなどの特殊効果が評価され、アカデミー視覚効果賞を受賞した。1998年に続編「ベイブ/都会へ行く」が製作された。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:アナライズ・ユー
アナライズ・ユーの紹介:2002年公開のアメリカ映画。『アナライズ・ミー』の続編にあたる。マフィアの大物ボスが精神病(パニック障害)を抱えるという設定で、精神科医との奇妙な交流を描いたコメディ映画である。 ネタバレを読む
映画:謝罪の王様
謝罪の王様の紹介:2013年公開の日本コメディ映画。脚本・宮藤官九郎、主演・阿部サダヲ、監督・水田伸生の『舞妓Haaaan!!!』『なくもんか』チームによる作品である。キャッチコピーは「謝るとき、人は誰でも主人公」。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:テルマエ・ロマエⅡ
テルマエ・ロマエⅡの紹介:2014年公開の日本コメディ映画。4月26日(よい風呂の日)に公開された。主要キャストは前作を概ね継承し、ブルガリアのオープン・セットのヌ・ボヤナ・フィルム・スタジオで大々的な撮影が行われ、琴欧洲も出演している。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:ベイビー・トーク3/ワンダフル・ファミリー
ベイビー・トーク3/ワンダフル・ファミリーの紹介:1993年のアメリカ映画。赤ちゃんの目線から描かれたコメディ作品の第3弾。赤ちゃんたちは言葉を発する年齢になったので、今度はペットとしてジェームズ一家に迎えられた犬が!? ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
×