「WASABI」のネタバレあらすじと結末の感想

WASABIの紹介:2001年制作のフランス映画。ジャン・レノ&広末涼子という、日仏のスターが競演を果たした。リュック・ベッソン制作。コメディ調のアクションサスペンス映画。刑事の父と娘が、危険な犯罪に協力していどむ。

WASABIの主な出演者

ユベール・フィオレンティーニ(ジャン・レノ)、ユミ(広末涼子)、モーリス〔モモ〕(ミシェル・ミューラー)、ソフィア(キャロル・ブーケ)、石橋弁護士(平田晴彦)

WASABIのネタバレあらすじ

【起】- WASABIのあらすじ1

ユベール・フィオレは、短気ですぐ手が出てしまう刑事です。捜査中に署長の息子を殴り、停職処分を食らいました。
ちょうどその時、日本にいる弁護士から電話があります。19年前にユベールの前から忽然と姿を消した恋人・ミコの死を、ユベールはその弁護士から知らされました。
停職中ということもあり、ユベールはミコの遺品を受け取りに日本へ行きます。
空港にはかつてユベールが諜報部員をしていた頃の仲間の中年男・モモが迎えに来てくれました。
弁護士の元へ行ったユベールは、自分とミコとの間に19歳になる派手な娘・ユミがいることを知らされ、驚きます。弁護士には、ユミに洩らすなと口止めしました。

【承】- WASABIのあらすじ2

ユベールはユミと一緒に、ミコの葬式に行きました。
ミコの遺体に残された残留物をモモに頼み、ユベールはミコの口座をチェックすると、2億ドルもの大金がありました。ユベールは犯罪の匂いを嗅ぎつけ、モモと共に独自に調査します。
ミコは青酸カリで殺されていました。
尾行するヤクザを倒したユベールがミコの事務所に行くと、荒らされていました。しかしユベールは、隠された手帳を見つけます。
ホテルに戻ったユベールに、ヤクザのボス・タカナワ、通称『ゼブラ』から電話がかかってきました。
ゼブラは金を返せと言います。ミコの2億ドルは、ヤクザから横領した金でした。

【転】- WASABIのあらすじ3

ユミがミコとユベールの娘だとばれます。ユミは最初ショックを受けますが、意外にもすぐに受け入れます。
ヤクザたちはユミを誘拐して逃げました。翌日がユミの20歳の誕生日で、自由に口座から金をおろせるようになるからです。ヤクザはユミを使って2億ドルを取り戻そうとしました。
ミコの爪の土が京都のものだと知ったユベールは、モモと共に京都へ行きます。
清水寺の絵馬に隠された手紙を見たユベールは、ミコが19年前に自分の前から姿を消した理由を知りました。ミコも潜入捜査員で、ヤクザの組織を壊滅させるために組織に入るので、ユベールと連絡を絶ったのです。

【結】- WASABIのあらすじ4

ユミを連れたヤクザたちを、銀行員の扮装をしたモモが応対し、金はユベールの口座に送金します。ユベールはゼブラ率いるヤクザを倒し、ユミを取り戻しました。
フランスに戻るユベールを、ユミとモモが見送ります。空港で、ユベールが入った居酒屋で気に入ったワサビを、モモは手土産にと渡しました。
ユベールはユミに、昔ミコにもらったペンをプレゼントします。ユベールはひと月後に日本に来ることを約束し、別れました。
…飛行機でひと息ついたユベールですが、モモがいたずらでユベールの荷物に入れてはならないものを持ちこませたようです。
(それが何かは明らかにされない)

みんなの感想

  • 匿名さんの感想

    リュック・ベッソンの映画では時に日本人を馬鹿にするような描写が見受けられますが、本作も日本文化を理解しようとしているようには見えませんでした。
    単なる勘違いやギャグを通り越してあまりに適当というか。
    広末涼子の熱演も映画が映画なだけに空回りしている印象が拭えません(気の毒ですが)。

  • Kumaさんの感想

    とっても楽しめる映画で、イタリア人の主人も大好きです。
    日本人を馬鹿にしてるとも思いませんしコメディーなのでこれで良いと思います。

  • spn45ze9さんの感想

    最初に言いますがタイトルのWASABIは話に全く関係ありません。言葉遊び的感覚でつけていると思います。この言葉が作中ででてきた時の衝撃は笑いを通り越し悲しくなりました。はっきり言って内容はメチャクチャですし、正直話はあんまりおもしろくありません。この作品唯一の見所は広末が若くてかわいいところだと思います。

映画の感想を投稿する

映画「WASABI」の商品はこちら