映画:WASABI

「WASABI」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(3件)

コメディ映画

WASABIの紹介:2001年制作のフランス映画。ジャン・レノ&広末涼子という、日仏のスターが競演を果たした。リュック・ベッソン制作。コメディ調のアクションサスペンス映画。刑事の父と娘が、危険な犯罪に協力していどむ。

WASABIの主な出演者

ユベール・フィオレンティーニ(ジャン・レノ)、ユミ(広末涼子)、モーリス〔モモ〕(ミシェル・ミューラー)、ソフィア(キャロル・ブーケ)、石橋弁護士(平田晴彦)

WASABIのネタバレあらすじ

【起】– WASABIのあらすじ1

ユベール・フィオレは、短気ですぐ手が出てしまう刑事です。捜査中に署長の息子を殴り、停職処分を食らいました。

ちょうどその時、日本にいる弁護士から電話があります。19年前にユベールの前から忽然と姿を消した恋人・ミコの死を、ユベールはその弁護士から知らされました。

停職中ということもあり、ユベールはミコの遺品を受け取りに日本へ行きます。

空港にはかつてユベールが諜報部員をしていた頃の仲間の中年男・モモが迎えに来てくれました。

弁護士の元へ行ったユベールは、自分とミコとの間に19歳になる派手な娘・ユミがいることを知らされ、驚きます。弁護士には、ユミに洩らすなと口止めしました。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「WASABI」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ

×