「WISHIWASHERE僕らのいる場所」のネタバレあらすじと結末の感想

コメディ映画

WISH I WAS HERE 僕らのいる場所の紹介:2014年公開のアメリカ映画。夢を追い続ける売れない俳優が、家族と共に成長していく姿を描いている。ザック・ブラフが監督・脚本・主演を務めたコメディドラマで、ケイト・ハドソンやジョシュ・ギャッドら豪華出演者で贈る作品。

予告動画

WISHIWASHERE僕らのいる場所の主な出演者

エイダン・ブルーム(ザック・ブラフ)、サラ・ブルーム(ケイト・ハドソン)、グレース・ブルーム(ジョーイ・キング)、タッカー・ブルーム(ピアース・ガニォン)、ゲイブ・ブルーム(マンディ・パティンキン)、ノア・ブルーム(ジョシュ・ギャッド)、ジャニーン(アシュリー・グリーン)、ポール(ジム・パーソンズ)、アンソニー(ドナルド・フェイソン)、ジェリー(マイケル・ウェストン)

WISHIWASHERE僕らのいる場所のネタバレあらすじ

【起】- WISHIWASHERE僕らのいる場所のあらすじ1

エイダンは子供の頃から、弟のノアとヒーローになることを夢見ていました。
35歳となったエイダンは、家庭を持ちましたが、俳優の夢を追い続けていました。フケのCMに出演して以来、エイダンは無職でした。
彼の妻のサラは、水道局でデータ入力をし、家族を支えています。
今日も朝から、エイダンは下品な言葉を使って、罰金を箱の中に入れることになります。
エイダンの父・ゲイブは、以前は微生物学の教授をしており、気難しい人でした。そんなゲイブの頼みから、エイダンの娘で長女のグレースと、彼女の弟で6歳のタッカーは、ユダヤ系の私立学校に通っています。
学費を払う約束でしたが、ゲイブが支払わなくて、サラは学長に呼ばれているのだと夫に伝えます。
その話しを聞いた後、エイダンは子供たちを学校に送ります。途中の車内で、グレースは髪を剃って、ウィッグにする話しをします。エイダンはどんな髪型にしても可愛いと答えます。
送りとどけた後、エイダンは呼び出しを今日のところは回避し、オーディション会場に行きます。会場は黒人の人ばかりでした。
今回はアフリカ系の役者の募集であり、エイダンは粘りますが、断られてしまいます。エイダンと同じで、白人のポールという男性もオーディションに来ていました。2人とも帰らざるを得なくなります。
ゲイブが家にやってきて、柵が壊れていること、プールがボロボロなことを追求してきます。エイダンはなぜ学費を払ってくれないのか問いかけます。
ゲイブは癌が再発し、かなり深刻なので、特殊な治療法を受けたいから払えないのだと言います。治療を受ける間、ゲイブはエイダンに愛犬を預けます。

【承】- WISHIWASHERE僕らのいる場所のあらすじ2

オーディションに子育てに忙しいエイダンは、ノアに愛犬の世話を頼みに行きます。しかしノアは、引きこもっており、ブログで忙しいから無理だと答えます。
子供たちが私立の学校に通えなくなるため、どうするか家族で話し合います。エイダンは公立の学校に行って、いじめられたこともあり、我が子を通わせたくありませんでした。
学長に慈悲を求めに行きますが駄目で、エイダンは妻の提案である、ホームスクールにします。
ゲイブは、昔医者から言われたことをエイダンに話します。子供の頃のノアが、医者から天才だと言われたことをです。いつか自分と働けるのではないかと、ゲイブは思ったのです。
仕事中のサラは、後ろの席のジェリーから、セクハラまがいの言葉を言われていました。迷惑している態度をだしますが、ジェリーは気にしていませんでした。
グレースは、家にやってきたジェシーと話します。来年からジェシーと同じ中学に通うことになります。
ジェシーは、今度プールパーティーするからおいでよと誘います。グレースは肌を隠さないといけないし、水着を持ってないからと断ります。まだ先なことから、ジェシーは気が変わったらと言います。
グレースとタッカーの勉強はエイダンが見ます。しかしエイダン先生は、賢いグレースに逆に教わったり、遊び好きなタッカーを抑えることが出来ませんでした。最終的に、エイダンは2人を椅子にテープで固定し、ビデオ授業で終わらせます。
帰ってきたサラは何事かと思い、エイダンと気晴らしにデートに行きます。デート中の子供の面倒はノアに任せます。
サラは先のことや目標を考える暇もなく、家族を支えるために働いていると言います。自分の夢を追うエイダンに、サラは支えるだけの存在なのかと聞きます。

【転】- WISHIWASHERE僕らのいる場所のあらすじ3

自宅に帰ってきたエイダンとサラに、ノアが取り乱しながら話しかけてきます。ノアとタッカーが遊んでいる間に、グレースが髪を剃ってしまったのです。怒られたノアは報酬をお預けにされます。
翌日、エイダンは罰金の箱を開けて、札束を封筒に詰めてテーブルの上に置いておきます。そして子供たちとキャンプに行きます。起きてきたサラは、封筒の中にこれでマッサージでもと書かれていて、笑顔になります。
ついにゲイブが倒れて、エイダンは病院に急ぎます。怪しい治療は終わりとなり、エイダンはチューブにつながれた父の姿を見ます。
エイダンは小銭の入った罰金の箱を持って、グレースに好きなウィッグを買えば良いと言います。グレースはピンク色のウィッグを装着します。
ゲイブの御見舞に行くので、エイダン一家はノアにも来るように伝えます。しかしノアは父のことが苦手で、御見舞に行こうとしませんでした。
御見舞に行ったエイダン一家でしたが、ゲイブは孫に向かって、役者にだけはなるなと言います。また、その夫を甘やかす妻もどうなのかと言います。
後日、サラは1人でお見舞いに行き、姉が死んだ時に、ゲイブの言葉で救われたことを話します。
エイダンは、グレースとタッカーと共に、柵とプールの修理をします。途中休憩することにしたエイダンは、帰ってきたサラと愛し合います。
ベッドの上で、サラはセクハラを受けていることを話します。怒るエイダンに対して、サラは自分で対処すると言います。

【結】- WISHIWASHERE僕らのいる場所のあらすじ4

弱っていくゲイブは、昔のことを思い出し、ノアに会って謝りたいとエイダンに言います。また、アイスクリームを買いに行った時、楽しかったことも話します。
次のオーディションに行ったエイダンは、またポールと再会します。ポールはエイダンにアドバイスされて、オーディションでその通りすることにします。
病院から連絡がきて、エイダンはノアを連れて行こうと電話します。ノアが応じないので、グレースが電話を代わります。
しかしグレースの説得にも応じず、ノアは優しかった母が死んだ時が辛すぎたのだと言って電話を切ります。
アイスクリームが欲しいと父に言われて、エイダンと子供たちは店に購入しに行きます。するとナンパしているジェリーがいました。
エイダンはこの変態やろうと怒ってやりますが、ジェリーに殴られて倒れます。
青タンができたエイダンでしたが、アイスクリームを買って、父の元に急ぎます。するとノアもやってきて、衣装コンテストで優勝したことを父に話すのでした。ゲイブは勝者となったノアを褒めて、目をつぶっていきます。
ポールはエイダンのおかげで、見事オーディションに受かります。喜ぶポールは、エイダンを大学生の演劇の講師にならないかと誘います。エイダンは応じることにし、連絡先を聞きます。
ジェリーは上司に呼び出され、サラの提案でセクハラの講習を受けるように言われます。会社はサラに1年分の給料を払うことにし、ジェリーをクビとします。
エイダンは、グレースとタッカーを連れて、知り合いのふりをして豪邸に入り込みます。プールで泳ぐことにし、エイダンはグレースに泳ぎを教えようとします。

みんなの感想

ライターの感想

この映画は芸術的な印象で、美しい映像と音楽に酔いしれることができます。コールドプレイらの曲など、豪華アーティストの音楽に、常に耳の中が潤います。
今作では、様々な言葉を組み合わせていたり、例えを用いた台詞が多くなっています。それがとても印象的で、会話の内容にこだわりを感じられます。
登場人物であるノアは、コスプレ大会に出場します。その場面では様々なコスプレをした人々が登場し、コスプレ好きにはたまらないシーンとなっています。
最後まで見終わり、音楽やストーリー、映像に台詞など、様々な角度から映画を良くしようとする想いが感じられました。

映画の感想を投稿する

映画「WISHIWASHERE僕らのいる場所」の商品はこちら