「あの日のように抱きしめて」のネタバレあらすじと結末の感想

ヒューマンドラマ

あの日のように抱きしめての紹介:2014年製作のドイツのヒューマンドラマ。第二次世界大戦終戦直後のドイツを舞台にした作品で、愛する夫への思いを断ち切れないユダヤ人女性の苦悩と葛藤を描いていく。原案となったのは、フランス人小説家ユベール・モンテイエによるサスペンス小説「帰らざる肉体」。

予告動画

あの日のように抱きしめての主な出演者

ネリー(ニーナ・ホス)、ジョニー(ロナルト・ツェアフェルト)、レネ(ニーナ・クンツェンドルフ)

あの日のように抱きしめてのネタバレあらすじ

【起】- あの日のように抱きしめてのあらすじ1

舞台となるのは、第二次世界大戦直後のドイツ。
声楽家のネリーは収容所から奇跡的な生還を果たしたものの、その顔は激しく傷つけられ顔全体が包帯で覆われていました。
ネリーは家族すべてを戦争で失っていましたが、愛する夫でピアニストのジョニーとの再会を諦めていませんでした。そのため、ネリーは元の顔を取り戻すことにこだわっていました。

スイスでの整形手術を終え、ネリーは親友のレネとともにドイツの故郷を訪ねます。
しかし、そこは戦禍で廃墟と化しており、さらに道に落ちていたガラスの破片を見てネリーは大きなショックを受けます。ガラスに映った術後間もない自分の顔がまるで別人だったからです。
絶望するネリーを慰め、パレスチナに建国されるユダヤ人国家にともに移住しようと熱心に誘うレネ。しかし、ジョニーのことを諦められないネリーは、ある日の真夜中、ヴェールで顔を隠しながらジョニーを探すためにナイトクラブのフェニックスへと向かいました。
ネリーはそこでジョニーと呼ばれる男を見つけます。ところがその男はまったくの人違いで、ネリーは男からカバンを強奪されてしまうのでした。

【承】- あの日のように抱きしめてのあらすじ2

家に戻ると、ネリーはレネから危険な夜歩きを責められてしまいます。
さらに、レネは衝撃的な事実をネリーに告げます。ネリーがナチスに捕まったのは、ジョニーが密告したからだといいます。ジョニーはナチスに逮捕され、自由の身を得るために妻を売ったというのです。
そして、ジョニーは現在ネリーの財産を狙っているという情報をレネは掴んでいました。しかし、それでもネリーはジョニーとの再会を夢見ていました。

そして、ついにネリーはジョニーと再会を果たします。
ジョニーはフェニックスで給仕の仕事をしていました。ネリーはそんなジョニーに接近を図りますが、ジョニーはネリーがすでに死んでいると信じており、目の前にいる女性が自分の妻であることにまったく気づきません。それどころか、妻に似ているという理由でネリーを妻に仕立て上げ、ネリーの財産を奪う計画をジョニーは思いつく始末。
ネリーは深いショックを受けますが、愛するジョニーと時間を過ごせることに喜びを感じ、計画への協力を申し出てしまいます。

ジョニーの家に身を寄せるようになったネリーはエスターという偽名を名乗り、ジョニーを愛称ではなく本名のヨハネスと呼ぶようになりました。
ジョニーは妻の筆跡を練習するようネリーに言いつけますが、当然ながらネリーは筆跡を完璧に真似してみせました。ジョニーは筆跡の酷似に驚きますが、それでもネリーが自分の妻だと認めようとはしませんでした。ネリーはジョニーのこの反応にひどく傷つくのでした。

【転】- あの日のように抱きしめてのあらすじ3

翌朝、ジョニーはネリーに華やかな靴とドレスを用意しました。
それは、二人のパリ旅行の思い出の品でした。ネリーはジョニーに思い出を語らせようとしますが、ジョニーはネリーに歩き方の指導をするばかり。
ネリーはまたもやジョニーの仕打ちに傷つきますが、少しずつ語られるネリーとの思い出に胸を躍らせていました。

その一方で、ネリーは着飾った装いになることにためらいを感じていました。収容所帰りの人間には見えないというのがその理由でしたが、ジョニーはそれを意に介しません。
ネリーは涙ながらにありのままの収容所でのつらい日々を語り出しました。しかし、ネリーは話の最後に自分の実体験ではなく伝え聞いたことと付け加えてしまいます。
ジョニーはリアルな収容所の経験を話すネリーに好反応を示すのでした。

ジョニーの指示通りにネリーが華やかなドレスに身を包み、鮮やかな化粧を施すと、ジョニーはあまりにも妻に似ていることに言葉を失っていました。しかし、それでもジョニーはネリーの死を信じていました。
ネリーの強い希望で二人が街に出て行くと、ジョニーは戦中の出来事を静かに語り始めました。ナチスに疎外され、必死になって妻を隠したといいます。
ジョニーのこの言葉にネリーは喜びますが、ささいなことで二人は口論になり、さらにタイミング悪く人がその場を通りかかりました。
ジョニーは計画の失敗を恐れ、ネリーの顔が見られないようネリーと熱いキスを交わすのでした。

その夜、ネリーはレネの元に戻り、ジョニーとともに過ごし元の自分に戻れた喜びを打ち明けました。あくまでも夫を信用し続けるネリーに、レネは失望を隠せずにいました。

【結】- あの日のように抱きしめてのあらすじ4

ある日、ネリーはジョニーの指示でかつての隣人に会いに行きました。ネリー生還の演出を狙ってのジョニーの計らいでしたが、そこでネリーは隣人から当時の話を聞き驚愕します。
ネリー逮捕の背景にはやはりジョニーが関係していた可能性があったのです。ネリーは再び絶望の淵に立たされ、ジョニーが自分を裏切っていないという確証を求め始めました。
しかし、ジョニーは一向にネリーとの思い出話を語ろうとはしません。

そして、いよいよジョニーの計画は最終盤を迎えます。ジョニーの計画では、列車からネリーが降りたところを友人たちと感動の再会を果たし、その後生還手続きを行うことになっていました。
ネリーは計画実行の直前、レネを訪ねますがレネはすでにこの世にはいませんでした。自ら命を絶ったといいます。
ネリー宛の遺書には、ジョニーの裏切りに関する決定的な内容が記されていました。ジョニーはネリー逮捕の直前に離婚届を出していたのです。

ネリーがジョニーの元に戻ると、ジョニーは最後の仕上げとして収容所帰りを演出するために囚人番号をネリーに入れようとしていました。ネリーはこれを拒み、一人部屋にこもり離婚届と生前にレネからもらった拳銃を見つめるのでした。

いよいよ計画の当日、ネリーは列車から降りジョニーを含む古い友人から温かく迎えられました。
ところが、ネリーはそれに無言で応じるばかり。その後の食事会でもその態度は変わらず、困り果てたジョニーは友人の前でネリーに愛の言葉をささやきました。すると、ネリーはかつての二人のようにジョニーのピアノ伴奏で歌を歌いたいと言い出しました。困惑しながらもジョニーはピアノを弾き始めますが、間もなくネリーの歌声に平静を失ってしまいます。その歌声は、まさしく妻のものでした。そして、ピアノに添えられたネリーの腕に囚人番号があることにジョニーは気づきます。
ジョニーは演奏を続けることが困難になり、友人たちも二人の異様な雰囲気に言葉を失っていました。ネリーは歌を歌い終わると、陽光が射す庭へと一人出て行くのでした。

関連する映画

ヒューマンドラマ

みんなの感想

ライターの感想

主人公の術後間もない痛々しい顔、夫を信じ続けるけなげな表情、そして、終盤に見せる堂々とした立ち振る舞いと、話が展開するにつれ様々な表情を主人公は見せており、心情の変化がダイレクトに伝わってきます。原題は妻と夫が再会するクラブの名前の「Phoenix」で、その名が示す通り不死鳥のように夫婦愛が復活するのではないかと期待してしまいました。ですが、物語はあくまでもシビアな現実を描いており、鑑賞後は日本語タイトルの響きがとても悲しく感じられました。

映画の感想を投稿する

映画「あの日のように抱きしめて」の商品はこちら